植え替えについて様々な情報を見ていると「ジフィーポット」「ピートモスポット」という言葉を目にします。これらには一体どのような意味があるのでしょうか。この記事では「ジフィーポット」などの園芸用品について詳しくご紹介いたします。

ピートモスポットとは

ピートモスポットというのはその名の通りピートモスで作られているポットなのですが、ではピートモスが何かと言うとこれは苔の仲間で、泥炭を乾燥させ砕いたものを指します。ピートモスそのものでも園芸用度として使われるほか、土壌改良材として使われることもあり自然に優しい素材です。ピートモスポットはこれにより作られたポットで、通常のポットと違い苗として育てたら取り出す必要なくそのまま植え付けができるというのが最大の特徴です。似た商品でペーパーポットというものもあり、どちらも地中で分解するため使い捨てにはなりますが苗を傷つけることなく植え付けできます。

ジフィーポットとの違い

ピートモスポットを探していたらジフィーポットが出てきて、この違いについてわからないという方もいると思います。ジフィーポットというのは商品名で、ノルウェーのジフィー社が作ったピートモスポットの事を指した言葉ですので、意味合いは全く同じです。このジフィーポットが一番流通しており多くの家庭で使われているためジフィーポット=ピートモスポットという認識が生まれました。ノルウェーから日本に輸入されたのは1962年前後で、実は昔から使われていたポットなのです。他にもジフィー社は園芸用品やジフィーポットと合わせて使える便利な道具も販売しています。

ピートモスポットのメリット

やはりピートモスポットの最大のメリットはそのまま植えて地中で分解されるため、茎や根を傷つけること無く植えられるため元気な苗に育つという事です。植え替え作業が原因で傷がついてしまい、そこから菌が浸入して植物が弱ってしまったりと慎重な作業が必要になりますので、それをサッと植えるだけで終わらせられるのは余計な心配もしないで集中できますので時間の短縮にもなります。しかしどうしても使い捨てになってしまうため、何度も使いたいという方は通常のポットが良いかもしれません。価格についても特別高いものでなく、まとめて購入すると1個10円単位まで安くなる場合もありますので、種から植物を育てるという方は是非一度お試しください。

ピートモスポットの使用方法

ピートモスポットを使う前に知っていただきたいのはちょっと変わった使用法です。まず土を入れる前にポット全体に水をかけて湿らせてから優しく入れていきます。土を入れたらもう一度水をかけ、半乾きになってから種を蒔きます。ここからは通常のポットと同じで乾きすぎず湿らせすぎず水を与えます。最初に湿らすというのがポイントで、これは活発で強い根を伸ばすために必要な水分となります。
植物は植え付け作業が栽培の半分を占めていると言われるほど重要な作業で、ここでもし根を傷つけたり水やり方法を誤ると成長が著しく遅く不安定になってしまい、最悪の場合枯れてしまうかもしれません。その原因を少しでも減らす数少ない方法ですので、ピートモスポットはガーデニング初心者には特におすすめです。最初に種から育てた植物が全滅してしまったなんて悲しい思い出を作らないように、不安な方はこのような道具を使い対策することも大事です。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. もっともナチュラルな植木鉢、素焼き鉢とは

    もっともナチュラルな植木鉢、素焼き鉢とは

    植木鉢と聞いてまず思い浮かべるイメージと言ったら、オレンジや茶色っぽい固い素材でできたものが思い浮か…

    もっともナチュラルな植木鉢、素焼き鉢とは
  2. 100円ショップのアイテムだけで育てられるオシャレなリース

    100円ショップのアイテムだけで育てられるオシャレなリース

    ちょっとした壁掛けインテリアとして使えるリースは玄関などを彩りたいときのワンポイントとして最適です。…

    100円ショップのアイテムだけで育てられるオシャレなリース
  3. 100円ショップで集められるガーデニンググッズ

    100円ショップで集められるガーデニンググッズ

    ガーデニングを初めてするというと、最初の道具などはどこで揃えるのが良いのでしょう。ガーデニング用品は…

    100円ショップで集められるガーデニンググッズ
  4. ガーデニングに便利なアイテム、スコップ・シャベルの選び方

    ガーデニングに便利なアイテム、スコップ・シャベルの選び方

    広い庭を使ってのびのびとしたガーデニングでも、ベランダ菜園のプランターを使った家庭菜園でも、スコップ…

    ガーデニングに便利なアイテム、スコップ・シャベルの選び方
  5. 保温効果アップ!トンネルを作って野菜を守ろう

    保温効果アップ!トンネルを作って野菜を守ろう

    野菜を種から育てる時は、芽が出たばかりの頃は苗も弱くてちょっとしたことで枯れてしまいます。風や雨、寒…

    保温効果アップ!トンネルを作って野菜を守ろう
  6. ベランダ菜園の味方、遮熱カーテンについて

    ベランダ菜園の味方、遮熱カーテンについて

    庭で育てている植物はなかなか雨や風の対策がしづらいのですが、プランターや植木鉢に植えている植物と違い…

    ベランダ菜園の味方、遮熱カーテンについて
  7. ガーデニングに必要な道具一覧

    ガーデニングに必要な道具一覧

    ガーデニングや家庭菜園を行うには日常生活では使わない道具を多く使用します。この記事ではベランダ菜園に…

    ガーデニングに必要な道具一覧
  8. 野菜作りの素朴な疑問 培養土と堆肥

    野菜作りの素朴な疑問 培養土と堆肥

    初めてベランダで野菜を作ってみようかなと思っている方が、最初にすることは道具をそろえることですよね。…

    野菜作りの素朴な疑問 培養土と堆肥
  9. 永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    ガーデニングや観葉植物を育てるというのは不安で、世話や手間が面倒だけれど部屋に植物を置きたいという方…

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP