ベランダで野菜や花を作っているけど、最近なんだか元気がないような気がする。なんとかよみがえらせるにはどうすればいいのか、と悩んでいる方もおられるでしょう。しかし、肥料も種類がいっぱいあるし、栄養剤というものもあるけどいったいどれを使ったら良いのかわからないですよね。そこで肥料と栄養剤について解説したいと思います。

肥料と栄養剤は違う

肥料には有機肥料、いわゆる堆肥のような自然と微生物の力で栄養満点になったものと、化学肥料という人工的に作られたものとあります。有機野菜と呼ばれるものは、この化学肥料を一切使わずに作られたものを指します。どちらにしろ、肥料はチッ素やリン酸、カリウムなど植物が元気に育つ成分が含まれていて、撒くことによってゆっくりと土にしみこんで野菜が大きく美味しく育つ手助けをしてくれます。一方、アンプル剤で「活力剤」あるいは「栄養剤」と販売されているものは、正確には栄養補助剤ということになります。主に花の鉢に差し込むように使うものが多いですが、植物が元気になる栄養素は含まれてはいますが、それは花の色を鮮やかにするぐらいで、野菜の果実を大きくするだけの力はありません。人間でいうと、肥料は肉や魚や野菜などの成長に欠かせない食事が肥料ということで、栄養剤はサプリメントやドリンク剤といったところでしょうか?

野菜を大きく丈夫にするなら固形肥料

野菜を育てる場合、やはり大きく成長してくれないことには話が始まりません。苗を購入した場合でも種から育てる場合でも、しっかりと根を張り葉も大きくなければ栄養が行き届かず、途中で枯れてしまう可能性もあります。成長途中で追肥として、粒状の肥料を撒くだけでも驚くほどぐんぐん大きくなりますよ。

肥料を撒くときの注意点

肥料は効果的な手段ですが、たくさん撒けばよいというものではありません。50~70cmほどの幅のプランターなら、片手に一握り弱程度の肥料で十分です。土に混ぜ込むのではなく表面にパラパラと撒いて水をかければ、自然と溶けて土の中に浸透していきますよ。茎が細くて葉がしなびている場合は、水のやりすぎ、あるいは直射日光が強すぎて弱っているなどの原因が考えられますので、日よけ対策や水はけのよいプランターに移し替えるなど対策を打ってから、ほんの少し肥料をやって様子を見ましょう。花を色鮮やかに咲かせたいのであれば、植木鉢に差し込むだけのアンプル栄養剤や液状肥料がおすすめです。液状肥料は即効性があるのですが効果が長続きしません。ある程度成長した後、花のつぼみが出始めたころに使うときれいな花が咲きますよ。

肥料と栄養剤 上手に使い分けよう

肥料と栄養剤はそれぞれメリットとデメリットがあります。どちらもある程度植物が成長して安定してきたころに使うものですが、トマトやキュウリなど果実をつけ収穫までに時間がかかるものは、粒状肥料でゆっくりと栄養を与えるようにしてください。即効性のある栄養剤は、ホウレン草や小松菜など菜っ葉類に使うと有効です。また有機肥料を使う場合は、ジャガイモや大根など根菜類に使うと病気が出る場合もありますので、使い方に注意してくださいね。肥料と栄養剤を上手に使い分けて美味しい野菜を作りましょうね。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 頭を保護する大切な道具、園芸用帽子の選び方

    頭を保護する大切な道具、園芸用帽子の選び方

    室内ならばほとんど関係ありませんが、ガーデニングを嗜むのならばほとんどの場合は外で作業することになる…

    頭を保護する大切な道具、園芸用帽子の選び方
  2. 野菜栽培のプランターを選ぶ3つのコツ【初心者でも安心♪】

    野菜栽培のプランターを選ぶ3つのコツ【初心者でも安心♪】

    栽培する野菜からプランターを選ぶコツプランターの種類はとても多いです。浅かったり、深かったり…

    野菜栽培のプランターを選ぶ3つのコツ【初心者でも安心♪】
  3. 物はしっかり整理したいという方に、園芸用の収納ボックスをご紹介

    物はしっかり整理したいという方に、園芸用の収納ボックスをご紹介

    ガーデニングは最初のうちは揃えるものも少なくて良いですが、本格的に始めるとどんどん必要なものが増えて…

    物はしっかり整理したいという方に、園芸用の収納ボックスをご紹介
  4. 植物の種類によって使い分けたい植木鉢のサイズ

    植物の種類によって使い分けたい植木鉢のサイズ

    プランターや植木鉢は、初めて家庭菜園やガーデニングを始める時に購入すると思います。雑貨屋さんやホーム…

    植物の種類によって使い分けたい植木鉢のサイズ
  5. 一度使うと手放せない、電動芝刈り機のおすすめ商品

    一度使うと手放せない、電動芝刈り機のおすすめ商品

    とても広い庭をお持ちの方は日々のメンテナンスはもちろんですが、芝刈りも億劫になってしまうと思います。…

    一度使うと手放せない、電動芝刈り機のおすすめ商品
  6. 保温効果アップ!トンネルを作って野菜を守ろう

    保温効果アップ!トンネルを作って野菜を守ろう

    野菜を種から育てる時は、芽が出たばかりの頃は苗も弱くてちょっとしたことで枯れてしまいます。風や雨、寒…

    保温効果アップ!トンネルを作って野菜を守ろう
  7. ベランダ菜園でもあると便利!ネットの種類

    ベランダ菜園でもあると便利!ネットの種類

    ベランダで野菜作りを楽しむためには、プランターや植木鉢と土さえあれば作れないこともないですが、農園芸…

    ベランダ菜園でもあると便利!ネットの種類
  8. ガーデニングの必需品、スコップを購入する際に気にする点

    ガーデニングの必需品、スコップを購入する際に気にする点

    スコップ(シャベル)にも様々な大きさや形・素材の違いがあり、だいたいの用途別で適している物が決まって…

    ガーデニングの必需品、スコップを購入する際に気にする点
  9. 100円ショップのアイテムだけで育てられるオシャレなリース

    100円ショップのアイテムだけで育てられるオシャレなリース

    ちょっとした壁掛けインテリアとして使えるリースは玄関などを彩りたいときのワンポイントとして最適です。…

    100円ショップのアイテムだけで育てられるオシャレなリース

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP