土づくりや種まき、苗の植え付けなどガーデニングを楽しんでいると土と触れ合うことも多々あります。少しならば気にしないかもしれませんが、長い時間素手で土を触っているとすぐに爪の間に土が入ったり汚れてしまいます。ガーデニングのプロでも手袋は必需品というくらい大事なもので、汚れを防ぐほか手を保護する役割もある便利なアイテムです。この記事ではガーデニングを始めてから一番最初に買うべき手袋についてご紹介いたします。

園芸専用として作られた手袋

ガーデニング手袋というのは普通の手袋とは素材なども大きく異なり、名の通り園芸関係の作業をよりやりやすくするために作られた道具です。商品の中には手のひら部分には滑り止めが付いていたり、袖が長く腕の日焼け止め効果にも役立ったりと様々な特徴がありますので、色んな手袋を比較して自分がありがたいと思える要素を持つ手袋を選ぶのが一番です。手首の部分がゴムなどできつく締まるものなどは土が入りにくいため非常に便利です。色や柄も現在は非常に多く展開されているため好きなカラーを選びましょう。
育てる植物によっては手袋にも向き不向きがあります。例えば、室内で観葉植物やサボテン、多肉植物を育てるのに腕まで袖のある長い手袋は必要ないと思います。逆にバラなどトゲのある植物を育てるのに、手首までしかない手袋でしたら非常に危険です。その植物に合った手袋を選ぶのも大切です。

本格的な手袋と使い捨て手袋

上記でも触れましたがトゲのある植物を育てる際にはある程度の耐久性があり丈夫な手袋が一番ですが、通常の植物を育てる際には使い捨てのゴム手袋と一つを長く使うタイプの手袋、どちらの方が優れているのでしょうか。頑丈で長く使えるのは当然ですが通常の園芸手袋です。通気性に優れている物、ハサミでひっかいても傷のつかない物など園芸に使う上で大事な要素が詰め込まれています。

しかし個人的におすすめしたいのは使い捨てのゴム手袋です。こちらは100枚入りで600円前後で購入できるため、値段だけ見ると通常の手袋1セット=使い捨てゴム手袋50回分と考えられます。そして手軽に土づくりや苗の植え替えを行ったり、プランター菜園で手袋を使った大きな作業がないのならば、とても薄いゴム手袋の方が植物を触れる感覚もあり作業しやすいです。やはりゴム手袋は薄い方が手に馴染み使いやすいという点で考えると勝っています。植物を触るくらいでは破けませんし良いのですが、それなりのデメリットもあり、通気性は最悪です。汗が全く外に出ないため、熱い場所で長く作業していると手袋を取った際に手を振ると汗が滴るほどに水分がたまります。そしてゴムアレルギーを発症する可能性もあります。これはあくまで薄いゴム手袋をした場合のみ発症するためもしゴム手袋によりアレルギーが出るようになっても輪ゴムなど他のゴムを触って蕁麻疹が出るようなことはありません。(あくまで個人の経験です)もしかしたらすべてのゴム製品にアレルギーが出る可能性も微小ながらあるかもしれませんので、全面的におすすめはできません。しかし園芸のプロも多く使っているのは確かです。

これらを踏まえて、自分に合った手袋を探してください。最初はポピュラーなメーカーから選んだ方が品質も高く1000円以下の安価で購入できるためおすすめです。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 庭のお手入れが楽しくなる、立ったまま雑草を刈り取れる道具

    庭のお手入れが楽しくなる、立ったまま雑草を刈り取れる道具

    庭があるご家庭の方は特別ガーデニングを嗜んでいなくても、雑草の有無は気になると思います。何週間も放っ…

    庭のお手入れが楽しくなる、立ったまま雑草を刈り取れる道具
  2. ガーデニングに必要な道具一覧

    ガーデニングに必要な道具一覧

    ガーデニングや家庭菜園を行うには日常生活では使わない道具を多く使用します。この記事ではベランダ菜園に…

    ガーデニングに必要な道具一覧
  3. 広い庭のお手入れには欠かせない、芝刈り機の選び方

    広い庭のお手入れには欠かせない、芝刈り機の選び方

    広い庭のあるご家庭では植物を育てなくても雑草が勝手に生えて見栄えが悪くなります。もし庭で小さなお子様…

    広い庭のお手入れには欠かせない、芝刈り機の選び方
  4. ベランダ菜園でもあると便利!ネットの種類

    ベランダ菜園でもあると便利!ネットの種類

    ベランダで野菜作りを楽しむためには、プランターや植木鉢と土さえあれば作れないこともないですが、農園芸…

    ベランダ菜園でもあると便利!ネットの種類
  5. もっともナチュラルな植木鉢、素焼き鉢とは

    もっともナチュラルな植木鉢、素焼き鉢とは

    植木鉢と聞いてまず思い浮かべるイメージと言ったら、オレンジや茶色っぽい固い素材でできたものが思い浮か…

    もっともナチュラルな植木鉢、素焼き鉢とは
  6. 育てる植物ごとに変えたい、肥料の目的別選び方

    育てる植物ごとに変えたい、肥料の目的別選び方

    植物を育てるうえで肥料は非常に重要な要素を担っています。肥料を必要としない植物も多く存在しますが、ガ…

    育てる植物ごとに変えたい、肥料の目的別選び方
  7. 意外と知られていない、鉢底石の役割について

    意外と知られていない、鉢底石の役割について

    プランターや鉢植えに苗を植え付ける際には鉢底石と言われる軽い石を土の前に敷き詰めると思いますが、この…

    意外と知られていない、鉢底石の役割について
  8. 永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    ガーデニングや観葉植物を育てるというのは不安で、世話や手間が面倒だけれど部屋に植物を置きたいという方…

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット
  9. 100円ショップで集められるガーデニンググッズ

    100円ショップで集められるガーデニンググッズ

    ガーデニングを初めてするというと、最初の道具などはどこで揃えるのが良いのでしょう。ガーデニング用品は…

    100円ショップで集められるガーデニンググッズ

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP