プランターや植木鉢は、初めて家庭菜園やガーデニングを始める時に購入すると思います。雑貨屋さんやホームセンター、100円ショップなどで売っている植木鉢は様々な素材、大きさのものがあり、シンプルなものからデザイン残ったものまで多く見てて飽きないです。選ぶ際に、現在育てたい植物に適した植木鉢についてはすぐにわからないと思います。この記事では実際に植木鉢を購入する際に知っていただきたい、植物の種類ごとに異なる植木鉢の適したサイズについてご紹介いたします。

植木鉢の号数について

植木鉢のサイズの単位は「号」が使われます。これは他にケーキなど円の直径を示す単位としてよく使われるため耳にしたことはあるはずです。1号が3cmという意味になりますので、5号の植木鉢と言ったら直径が15cmのものを指した意味となります。参考までに、これは淵の厚みも含まれます。四角い鉢植えやプランターならば長さ・奥行・高さが記載されていることもあり、円型の鉢と同じく外形が測られています。
入る土の量ももちろん鉢植えのサイズが変わると比例して多くなりますが、これは計算式が決まっており、その鉢植えに必要な土の量を計算することができます。通常の鉢植えならば「植木鉢の半径×半径×3.14×高さ」で出すことができ、四角の鉢やプランターならば「縦×横×高さ」で計算すると必要な土の量がわかりますので、お持ちの植木鉢で試してみてください。これに則ると、5号の鉢ならば1Lの土で、10号の鉢ならば8.4Lの土が必要です。

植木鉢の高さ

植木鉢には大きく分けて3種類の深さがあり、スタンダード・深型・浅型に分類されます。「通常の植木鉢」というとほとんどの場合はスタンダードなものを指しているでしょう。どんな植物にでも対応しているため使いやすいのが特徴です。鉢の高さが円の直径以上あるものが深型に分類され、根を地面に向けて伸ばすような植物にむいています。高く伸びる観葉植物や野菜などによく使われます。そして浅型は寄せ植えや根を浅く張り葉が下に這うような形で伸びる植物に適しています。

植物によってサイズ変更

植物自体の大きさだけでなく、植える植物の種類によって適しているサイズというのは変わってきます。ほとんどの場合は苗よりも一回り大きめの鉢に植えるのが良いですが、目安としてご紹介いたします。

観葉植物:5~9号
多肉植物:3~5号
花などの苗:4~6号
寄せ植え:10号~
野菜や果物:8号~(深型)

種類とサイズについてはこちらが目安ですが、その中でもまた育てる品種によっては適しているものも変わってきますので、あくまで一つの目安としてお考え下さい。

長く使うから植木鉢だからこそお気に入りを探す

植木鉢やプランターは植物を育てる際に欠かせないものですので、だからこそ自分の気に入った物を購入しましょう。そうすれば毎日進んで植物の様子を見に行くようになり、園芸自体を更に楽しむことができます。しかしいくら気に入ったからといって見た目だけで選ばず、その植物とある程度相性の合ったものでなければ育てる際の難易度が上がってしまいます。もしまだ何を育てるか決まってない場合は、先に気に入った植木鉢を購入し、その鉢で育てやすい植物を考えるのも一つの選び方です。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 保温効果アップ!トンネルを作って野菜を守ろう

    保温効果アップ!トンネルを作って野菜を守ろう

    野菜を種から育てる時は、芽が出たばかりの頃は苗も弱くてちょっとしたことで枯れてしまいます。風や雨、寒…

    保温効果アップ!トンネルを作って野菜を守ろう
  2. 意外と知られていない、鉢底石の役割について

    意外と知られていない、鉢底石の役割について

    プランターや鉢植えに苗を植え付ける際には鉢底石と言われる軽い石を土の前に敷き詰めると思いますが、この…

    意外と知られていない、鉢底石の役割について
  3. 観葉植物を育てる際の必需品、霧吹きの選び方

    観葉植物を育てる際の必需品、霧吹きの選び方

    観葉植物や多肉植物には出来るだけ毎日「葉水」という葉に直接水を掛けなければなりません。これには葉のツ…

    観葉植物を育てる際の必需品、霧吹きの選び方
  4. 野菜を害虫から守る!虫駆除の対策

    野菜を害虫から守る!虫駆除の対策

    ベランダ菜園をしていると、青虫や毛虫、テントウムシが集まってきてせっかく作った野菜が穴だらけになって…

    野菜を害虫から守る!虫駆除の対策
  5. 寒冷紗や遮光ネットの正しい使い方と異なる点

    寒冷紗や遮光ネットの正しい使い方と異なる点

    「遮光ネット」「寒冷紗」など、これらの言葉は園芸コーナーに行けば必ずと言っていいほど置いてありますが…

    寒冷紗や遮光ネットの正しい使い方と異なる点
  6. 苗や土を購入する前に、はじめに用意しておきたいガーデニンググッズ

    苗や土を購入する前に、はじめに用意しておきたいガーデニンググッズ

    必要最小限のグッズを揃えようホームセンターや園芸店に行くと、ガーデニンググッズが数多く売られてい…

    苗や土を購入する前に、はじめに用意しておきたいガーデニンググッズ
  7. どんな植物にも使える、剪定ばさみの選び方

    どんな植物にも使える、剪定ばさみの選び方

    ガーデニングや観葉植物を楽しむ際には剪定ばさみを一本所持していると非常に役に立ちます。普通の100円…

    どんな植物にも使える、剪定ばさみの選び方
  8. 永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    ガーデニングや観葉植物を育てるというのは不安で、世話や手間が面倒だけれど部屋に植物を置きたいという方…

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット
  9. 広い庭のお手入れには欠かせない、芝刈り機の選び方

    広い庭のお手入れには欠かせない、芝刈り機の選び方

    広い庭のあるご家庭では植物を育てなくても雑草が勝手に生えて見栄えが悪くなります。もし庭で小さなお子様…

    広い庭のお手入れには欠かせない、芝刈り機の選び方

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP