ベランダ菜園をしていると、青虫や毛虫、テントウムシが集まってきてせっかく作った野菜が穴だらけになって困っちゃったという方もおられるでしょう。集合住宅の上の方の階でも害虫はどこからともなくやってきて大事な野菜に害を及ぼします。少し穴が開いている程度ならまだいいのですが、葉っぱや茎について枯らしてしまったりして生育にも影響が出ますよね。害虫は発見次第すぐに駆除するようにしないと、野菜が弱ってしまって全滅という事態になるかもしれません。そこでおすすめの害虫駆除方法をご紹介します。

とにかく手で取る

アブラムシ類、コナジラミ類など小さな虫はとにかく指でつぶしてしまいましょう。集団でいる毛虫類は、枝や葉ごと切り落として処分しましょう。毛虫の毛には毒がある場合がありますので素手では触らないでください。青虫芋虫は割りばしや手で取りのぞきます。葉裏に発生するハダニ類はシャワーの水を勢いよくかけて水圧で吹き飛ばします。悪臭のするカメムシ類はガムテープで捕獲してテープごと処分します。簡単なことですが害虫が発生したばかりなら大丈夫です。

農薬散布の注意点

家庭菜園では農薬には抵抗のある方もおられるかもしれませんが、害虫が大量に発生した場合、手作業ではとても駆除しきれません。被害を早めに食い止めないとせっかく作った野菜が台無しになってしまいます。市販されている農薬はそれほどきついものではないので、散布後すぐに食べなければ残留農薬の心配はそれほどありません。使用する時は、薄める倍率をきちんと守りましょう。薬だからと言って濃度の濃いものを使用すると野菜が薬害を起こしてしまいます。長袖、長ズボンを着用して帽子をかぶり、手袋とマスクとゴーグルも付けてください。散布後は、手をきちんと洗いできればシャワーを浴びましょう。農薬散布後はすぐに収穫せず、少なくとも3~4日は置いてから採りましょう。調理前にきれいな水で洗うことをお忘れなく。

害虫を誘い出して捕獲

フェロモンや色で害虫を誘引して捕獲する方法です。害虫の好む黄色や青色の粘着テープを野菜の近くにぶら下げることによって、アブラムシ類やコナジラミ類を引き寄せることができます。またメスのフェロモンを取り付けた脱出不可能な容器にオスを誘い込むフェロモントラップもあります。害虫が好む波長の光を放つ誘殺灯や緑色、あるいは黄色の蛍光灯で夜行性の害虫の活動を鈍らせ被害を抑える効果のあるものもあります。しかしこれらは、主に羽根があり空中を飛び回るものにしか効果は期待できません。

生活用品を利用する

古くなったレースのカーテンを寒冷紗の代わりにして、野菜にかぶせて害虫の侵入を防いでもいいでしょう。あるいはアブラムシ類は光るものを嫌うので、栽培しているプランターの周りに支柱を立て不要なCDを吊るしてみたり、アルミホイルを野菜の周辺の土部分にかぶせておくのもおすすめです。

バンカーブランツのススメ

バンカーブランツとは、野菜の近くに昆虫が寄生する植物を植えて、害虫の天敵を増やしたり温存したりすることで農作物に害虫が発生した時に天敵がやってきて害虫を捕獲し害虫被害を抑える効果があります。カラスノエンドウやハコベ、クローバーがおすすめです。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ベランダ菜園での肥料と栄養剤

    ベランダ菜園での肥料と栄養剤

    ベランダで野菜や花を作っているけど、最近なんだか元気がないような気がする。なんとかよみがえらせるには…

    ベランダ菜園での肥料と栄養剤
  2. 園芸では欠かせない剪定ばさみのメーカー別おすすめ商品

    園芸では欠かせない剪定ばさみのメーカー別おすすめ商品

    剪定ばさみは育てる植物の大きさ関係なしに、園芸を嗜む方なら一本は持っていただきたい道具です。定期的な…

    園芸では欠かせない剪定ばさみのメーカー別おすすめ商品
  3. ジョウロの有名ブランド「Haws」について

    ジョウロの有名ブランド「Haws」について

    ガーデニングに興味のない方は不思議に思うかもしれませんが、ジョウロや水差しのようなガーデニング用品に…

    ジョウロの有名ブランド「Haws」について
  4. ガーデニングで使う剪定ばさみの使い方やお手入れについて

    ガーデニングで使う剪定ばさみの使い方やお手入れについて

    ガーデニングや家庭菜園の際には欠かせないアイテムの一つ、剪定ばさみですが、やはりハサミという身近な道…

    ガーデニングで使う剪定ばさみの使い方やお手入れについて
  5. 頭を保護する大切な道具、園芸用帽子の選び方

    頭を保護する大切な道具、園芸用帽子の選び方

    室内ならばほとんど関係ありませんが、ガーデニングを嗜むのならばほとんどの場合は外で作業することになる…

    頭を保護する大切な道具、園芸用帽子の選び方
  6. 100円ショップのアイテムだけで育てられるオシャレなリース

    100円ショップのアイテムだけで育てられるオシャレなリース

    ちょっとした壁掛けインテリアとして使えるリースは玄関などを彩りたいときのワンポイントとして最適です。…

    100円ショップのアイテムだけで育てられるオシャレなリース
  7. どんなシーンでも使える、アートフラワーのレンタルとは

    どんなシーンでも使える、アートフラワーのレンタルとは

    なんと造花(アートフラワー)のレンタルも存在するようです。通常の観葉植物とはひと味違うアートフラワー…

    どんなシーンでも使える、アートフラワーのレンタルとは
  8. 広い庭のお手入れには欠かせない、芝刈り機の選び方

    広い庭のお手入れには欠かせない、芝刈り機の選び方

    広い庭のあるご家庭では植物を育てなくても雑草が勝手に生えて見栄えが悪くなります。もし庭で小さなお子様…

    広い庭のお手入れには欠かせない、芝刈り機の選び方
  9. 永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    ガーデニングや観葉植物を育てるというのは不安で、世話や手間が面倒だけれど部屋に植物を置きたいという方…

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP