バジルで準備するもの

以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!
プランター

横幅60cmぐらいの標準プランターを準備します。

プランター栽培の場合は野菜用園芸土(培養土)が手軽でお勧めです。
バジルの種

バジルといえばスィートバジルが有名ですが、お好みのバジルを育てましょう。

園芸店やホームセンター等で購入できます。通信販売でも購入が出来ます。
鉢底石
プランターの底が隠れるぐらい準備しておきましょう。

バジルの種蒔き

培養土を準備します。
プランターの底全体に、鉢底石を敷き詰めます。

ウォータースペースを2cmほど残して、プランターの8割ぐらいまで培養土を入れます。

培養土は種蒔きをする2週間前ぐらいまでに準備して、なじませておくのがお勧めです。
バジルの種を蒔きます。
バジルの種を蒔く時は、点蒔きか条蒔きにします。点蒔きの場合は1ヵ所に3~5粒くらいを20cm間隔で蒔いていきます。

条蒔きの場合は、1cm間隔で種を蒔いていきます。

バジルの種は好光性種子ですので、浅めに土をかぶせます。土をかぶせた後は種がなじむように軽く押さえ、たっぷりと水を与えます。種が流れないように優しく水を与えるようにしましょう。

バジルの生育中の注意点

水やり
発芽してからは、土の表面が乾燥したらたっぷりと水をあげてください。こまめに水をあげるよりは、1回の水の量を多くして土の表面が乾燥してからまたたっぷりとあげるようにします。

水の与えすぎは根腐れをしますので注意が必要です。
バジルの間引き(1回目)

バジルは発芽が揃ったころに点蒔き条蒔きとも間引きを行います。葉が重なった部分を間引いていきます。点蒔きの場合は1回目で2本残し2回目で1本立てにします。条蒔きの場合は、成長が悪い物から何回か間引き最終的に15cmぐらいの間隔が取れるように間引いていきます。
バジルの追肥

市販の培養土に元肥が含まれていても、バジルは栽培期間が長いので追肥が必要です。

2回目の間引きの後1回目の追肥を行います。水に液肥を混ぜて与えます。その後は2週間に1度ほど、同じように液肥を与えます。
バジルの摘芯

バジルは生育のために摘芯が必要です。草丈が20cmぐらいになったら摘芯をしてわき芽の生育を促進します。3~4回摘芯をするとたくさんの収穫がたのしめます。摘芯した芽ももちろん美味しくいただけます。
バジルと害虫
バジルはアブラムシ類やバッタ類などの害虫がつきやすい野菜です。

防虫ネット等を使用して、害虫がつかないようにしましょう。

防虫ネットも完全に防ぐことが出来るというわけではありませんので、防虫ネットをしていても、いなくても、毎日葉に害虫がついていないか確認をします。ついていたらすぐに駆除をするようにします。

バジルの収穫

バジルは葉だけを摘むのではなく枝ごと摘むようにします。そうすることでわき芽が育ち長い間収穫がたのしめます。バジルは生育がいいのでたくさんの収穫ができますが、一度に使い切るのは大変ですので、ジェノベーゼソースなどにして保存するのがお勧めです。

バジルとは

清々しい香りが楽しめるバジルはイタリア料理をはじめとして、現在では様々な料理に利用されています。代表的なジェノベーゼソースは、パスタには欠かせないソースですが、魚介類との相性もとてもよく、風味を際立たせてくれます。

定番のカプレーゼのようにトマトやモッツアレラ、オリーブオイルとの頂き方も抜群ですが、バジルはしその仲間なので、しそと同じように利用できます。お刺身など鮮魚と一緒に頂くと新しい美味しさが発見できます。

ほうれん草の準備するもの

以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!
プランター

60cm程度の標準タイプ

プランター栽培の場合は野菜用園芸土(培養土)が手軽でお勧めです。成分を確認して元肥が入っている物を準備するといいでしょう。
ほうれん草の種

ほうれん草はどの品種でも良く育ちますが、プランター栽培には「アクセラ」や「ミラージュ」等がお勧めです。
鉢底石
プランターの底が隠れるぐらい準備しておきましょう。

ほうれん草の種蒔き

培養土を準備します。
プランターの底全体に、鉢底石を敷き詰めます。

2~3cmぐらいのウォータースペースを残して培養土を入れます。種蒔きの2週間ぐらい前までに準備をして土をなじませておきましょう。
ほうれん草の種を蒔きます。
深さ1cm程度の蒔き溝を作ります。1cm程の間隔をあけて種を蒔いていきます。ほうれん草は間引きをしながら栽培しますが、間引いた芽はベビーリーフとして美味しくいただけるので、少し多めに種を蒔いても問題ありません。条間(蒔き溝と蒔き溝の間)は10~15cm程あけると栽培がしやすいです。

種を蒔いた後は溝が埋まるぐらい土をかぶせ軽く土の表面を押さえます。その後たっぷりの水を与えます。

ほうれん草の生育中の注意点

水やり

発芽するまでは表面の土が乾燥しないように水を与えます。発芽後は土の表面が乾燥したらたっぷりと水をあげてください。

水をやりすぎると根腐れをおこしてしまいますので、水のやりすぎには気を付けてください。
ほうれん草の間引き

本葉が2~3枚になったら1回目の間引きを行います。2~3cm間隔ぐらいで間引いていきます。

虫がついた物や、形が悪い物、生育が悪い物を間引いていきます。ほうれん草は生育がいい野菜ですので、あまり生育が悪い苗はありませんから、苗と苗の間を見ながら間引いていきます。

本葉が4~5枚になったら2回目の間引きを行います。7cm間隔になるように間引いていきます。見た目ではベビーリーフぐらいに生育したころが間引きのタイミングです。
ほうれん草の追肥
市販の培養土に元肥が含まれていますので追肥は必要ありませんが、生育が悪い時には苗を植え付けてから1週間おきぐらいに液肥をプランター全体に与えるようにして下さい。
ほうれん草と害虫
ほうれん草はアブラナ科野菜ほどではありませんが、アブラムシ類害虫がつきやすいです。

防虫ネット等を使用して、害虫がつかないようにしましょう。

防虫ネットも完全に防ぐことが出来るというわけではありませんので、防虫ネットをしていても、いなくても、毎日葉に害虫がついていないか確認をします。ついていたらすぐに駆除をするようにします。
べと病に注意
病気になりにくい品種の種を選ぶようにしましょう。また多湿になりすぎないように注意が必要です。排水をよくする工夫をして病気の発生を防ぐようにします。

ほうれん草の収穫

草丈が20~25cmぐらいになったころが収穫時期です。ベビーリーフとして楽しむのであれば、草丈が10cmぐらいの時に収穫します。株をあまり大きくすると葉が固くなったり、アクが強くなったりするので、収穫時期を間違えないように注意しましょう。

ほうれん草とは

ほうれん草は葉に切れ込みが入った東洋種と葉が丸い西洋種がありますが、現在はこの2つのいいところ取りをした交配種がメインとなっています。

通年出回っているほうれん草は、11月~2月頃が旬の時期です。この時期のほうれん草は栄養価も高く甘みや旨みも増して美味しくなります。

抗酸化作用があるβカロテンを豊富に含み、ビタミンC・カルシウム・カリウム・鉄・葉酸などもバランスよく含んでいる優秀な葉野菜です。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. プランターでパセリの育て方

    プランターでパセリの育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターでパセリの育て方
  2. 日本生活環境支援協会口コミ評判について

    日本生活環境支援協会口コミ評判について

    日本生活環境支援協会とは?日本生活環境支援協会は、収納、ハウスクリーニング、ガーデニングといった…

    日本生活環境支援協会口コミ評判について
  3. ベランダ菜園で栽培しやすい果菜類ベスト5【初心者でも簡単♪】

    ベランダ菜園で栽培しやすい果菜類ベスト5【初心者でも簡単♪】

    近年、ベランダで野菜を栽培する方が多くなってきています。中々畑を借る場所がなかったり、ベランダの方が…

    ベランダ菜園で栽培しやすい果菜類ベスト5【初心者でも簡単♪】
  4. SARAスクール口コミ評判について

    SARAスクール口コミ評判について

    女性に人気のSARAスクールとはSARAスクールJAPANは、「すべての女性は輝ける。女性の綺麗…

    SARAスクール口コミ評判について
  5. 独特な風味が特徴的なセロリの基本的な育て方

    独特な風味が特徴的なセロリの基本的な育て方

    セロリはあの独特な味と香りが苦手という人も多いのですが、好きな人にはたまらないといった野菜です。家庭…

    独特な風味が特徴的なセロリの基本的な育て方
  6. プランターでレタスの育て方とプランターで栽培できるカラフルな野菜3選

    プランターでレタスの育て方とプランターで栽培できるカラフルな野菜3選

    レタスの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽…

    プランターでレタスの育て方とプランターで栽培できるカラフルな野菜3選
  7. プランターでナスを育てよう!種まきから定植までのポイント

    プランターでナスを育てよう!種まきから定植までのポイント

    ナスの栽培スケジュールナスはもともと熱帯性の植物で、高温を好む夏野菜です。28~30℃くらいで最…

    プランターでナスを育てよう!種まきから定植までのポイント
  8. プランターでスイスチャードの育て方

    プランターでスイスチャードの育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターでスイスチャードの育て方
  9. プランターで空芯菜の育て方

    プランターで空芯菜の育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターで空芯菜の育て方

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP