水やりには土の乾燥を防ぐという非常に重要かつ基本的な役割がありますが、実は水を与えるということは保湿するという意味以外にも大事な役割があります。この記事では初心者には特に知っていただきたい、水やりの役割をご紹介いたします。

基本を知る人からは常識である水やり

しっかりと本や経験者から学んでいる方からすればこんな基本的なこと・・・と思われるかもしれませんが、もちろん知らない方だって大勢いらっしゃるほど認知されていない事実です。知らなくたって恥ずかしいことはありませんが、知っていて損もありませんので、是非ここで水やりについて知っていただけたらと思います。
ではまずは水やりの基本についてご説明いたします。水は朝のうちにまいておくとよく言われていますが、季節や時期によって温度が大きく異なる場合もありますし、植物によって水やりの頻度も変わることも多いため、その際は育てる植物によって一日何回、または数日に一回かを調べてから育てましょう。特に夏はすぐに土が乾燥してしまいますが、この時一日一回の水やりが推奨される植物に対し、日が落ちて土が乾燥している場合にどうしたら良いのでしょうか。それは植物に我慢させず、かなり乾いてしまっていると思ったらしっかり水を与えましょう。そして日中には気温が熱すぎて根が煮えてしまう場合がありますので、適度に打ち水することも大切です。
冬の水やりは少し悩んでしまいますが、気温が上がり始める午前中までに済ますとよいでしょう。夕方になってしまうと一気に冷え込み、水分の温度も大きく低下してしまいますので植物自体が凍って死んでしまう可能性もあります。

水やりの仕方を考える

人によって水やりの方法は変わると思いますが、基本はゆっくりと土に注ぎ、受け皿に溜まるほど一度にたっぷりあげます。よく小まめに水やりする方も多いのですが、あれは実はNGです。何度も水やりすることで土の表面が固くなってもっと水がしみこみにくくなり、全体に行き渡らずに流れ出るだけになってしまいます。そしてさらに重要なことで、水やりには酸素を根に行き渡らせ呼吸を助けるという役割もあります。少量ずつの水やりではその酸素が根に十分に行き渡らず呼吸ができないため、元気がなくなってしまいます。水やりは一度にたっぷり与えることを心がけましょう。
そして水やりのもう一つの役割で、葉についた汚れを洗い流す点があげられます。これは葉についた泥はもちろんほこりなどもしっかり流れるため月に1~2回は葉の上から水やりをしましょう。しかし泥が葉に目立つほど付着しているのであれば、すぐに落とす必要があります。植物が病気にかかる大きな原因として、水やりの際に飛び散った泥が付着してそこから悪くなるというパターンが非常に多いですので気を付けましょう。

一度自分の給水スタイルを見直してみる

自分に合った水やり法など人によって大きく異なるかもしれませんが、それによって植物を弱らせていたら水やりの意味が全くありません。もし間違った方法を取っているのであれば直していくことも植物を元気に育てる上では大切です。少しでも当てはまると思ったら一度自分のガーデニングスタイルを見直してみましょう。逆に、現在植物が元気に育ってくれないのであればそれが原因かもしれません。基本の作業だからこそもともとある知識だけで行動してしまい、見逃している場合もあります。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 日本安全食料料理協会口コミ評判について

    日本安全食料料理協会口コミ評判について

    日本安全食料協会とは?今や本格的なコーヒーをコンビニで手軽に飲むことができる時代となりました。街…

    日本安全食料料理協会口コミ評判について
  2. オフィスに置きたい大きめな観葉植物の選び方

    オフィスに置きたい大きめな観葉植物の選び方

    仕事中の限られた癒しと自分のデスクに小さい観葉植物を置く方は多くいらっしゃいますが、大きな会社である…

    オフィスに置きたい大きめな観葉植物の選び方
  3. 中級者に育てていただきたい葉菜類4選

    中級者に育てていただきたい葉菜類4選

    葉菜類には葉の他にも茎や花の部分を食す野菜も分類され、サラダの主役であるレタスなども葉菜類の一つです…

    中級者に育てていただきたい葉菜類4選
  4. 日本デザインプランナー協会口コミ評判について

    日本デザインプランナー協会口コミ評判について

    日本デザインプランナー協会とは何をしてくれるところか?日本デザインプランナー協会は、デザインに関…

    日本デザインプランナー協会口コミ評判について
  5. 日本生活環境支援協会口コミ評判について

    日本生活環境支援協会口コミ評判について

    日本生活環境支援協会とは?日本生活環境支援協会は、収納、ハウスクリーニング、ガーデニングといった…

    日本生活環境支援協会口コミ評判について
  6. プランターで三つ葉の育て方

    プランターで三つ葉の育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターで三つ葉の育て方
  7. プランターでルッコラの育て方

    プランターでルッコラの育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターでルッコラの育て方
  8. プランターでおかのりの育て方

    プランターでおかのりの育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターでおかのりの育て方
  9. プランターでナスを育てよう!種まきから定植までのポイント

    プランターでナスを育てよう!種まきから定植までのポイント

    ナスの栽培スケジュールナスはもともと熱帯性の植物で、高温を好む夏野菜です。28~30℃くらいで最…

    プランターでナスを育てよう!種まきから定植までのポイント

プランター栽培の最近の記事

  1. じゃがいも育て方
  2. 落花生育て方
  3. ベランダ菜園
  4. ベランダ菜園の道具
  5. 野菜の育て方
  6. ベランダ菜園
  7. 野菜の育て方
  8. 育ちやすい野菜
  9. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP