東ヨーロッパや西アジア原産のタラゴンはキッチンハーブとして人気が高く、利用価値は全ハーブ中随一でしょう。とがった葉先の鮮やかなグリーンの葉が龍の牙に似ていることから「小さなドラゴン」という呼び名が付きました。

タラゴンの品種

おもに流通しているのはフレンチタラゴンという品種です。香りが高く草丈は60センチぐらいになります。ロシアンタラゴンという品種は草丈はさらに大きく1メートルぐらいにまで成長します。種は流通していますが風味は抑え目です。種ならロシアン種、苗ならフレンチ種と覚えておくと良いでしょう。

タラゴンの栽培時期

植え付けは年に2回で3月から5月と9月から11月中旬頃です。株分けや挿し芽も同じ時期が良いでしょう。

開花は5月から8月ぐらいで黄色や白の小さな花が咲きます。

肥料は3月から10月ぐらいまでで真夏の暑い時期は必要ありません。

タラゴンのプランターと用土

プランターの大きさはあまりこだわらなくても構いません。ある程度の収穫を見込むなら60センチぐらいのものが適当です。

用土水はけが良ければあまり土質を選びません。市販の培養土で十分育ちます。配合するなら赤玉土7:腐葉土3ぐらいで混ぜておきましょう。

タラゴンの植え付け

ロシアン種の種蒔きなら、用土に人差し指で5ミリぐらいの深さの穴をあけて点蒔きします。上から薄く土をかぶせて乾かさないように水やりを続けると発芽します。双葉が出そろってから間引きを開始です。葉の色や形の悪いものを間引きながら重なり合わないようにします。
苗の植え付けなら株の間は20センチぐらい開けたほうが良いでしょう。用土を入れる時にはプランターのふちから4センチぐらいのウォータースペースを取ります。

タラゴンの置き場所

日当たりが良く風が良く通る場所が適しています。プランターの下に水がたまる場所は避けます。耐暑性が少し弱いので真夏は半日陰に移動しましょう。過湿を嫌うので風通しの良いところという点も大切です。真夏以外は日向が良いのですが、西日は温度が上がってしまうので避けられる場所が良いでしょう。

耐寒性が高く、少々の寒さではひるまないのがタラゴンの良いところです。ただ、地面が凍ってしまうようなところならば少しだけ腐葉土をかぶせたりして寒さをしのげるようにしてあげましょう。でも、寒いからと言って屋内に取り込むのはNGです。ここは重要で、寒さに当てないと元気な株にならないのです。冬は地上部が枯れますが根は生きている宿根草です。寒いめをみなかったタラゴンは、翌年芽が出ない可能性もあります・・・

タラゴンの増やし方

タラゴンは挿し芽で増やせます。しかも定着率が良いのが特徴です。枝を10センチほど切り取り1時間ほど水揚げして下葉を取ります。あとは用土に挿して乾かないように管理するだけです。20日もすると根が出てくるのでプランターに植え替えましょう。置き場が確保できるならば、植える予定のプランターに直接挿し芽することも可能です。

タラゴンの水やりと肥料

水やりはメリハリを付けましょう。やや乾燥した土を好むので、用土が乾いてしまってからたっぷりの水をやります。やり過ぎると株が弱るので注意しましょう。冬場はもっと乾燥させた方が良いです。土が乾いてから3日ほどで水やりすると良いのですが、だからといって水やりを忘れると地中の根が死んでしまいます。大体週に1回ぐらいが目安です。
肥料は真夏と冬は必要ありません。6月中旬の梅雨入り前あたりまで、週に1回液体肥料を与えると良いでしょう。冬は生育が止まるので肥料はいりません。

タラゴンの手入れ

梅雨明けごろを狙って切り戻しをして株の勢いを取り戻します。目安は株の高さの半分ぐらいです。真夏の過湿対策にもなりますし、収穫も兼ねられるので一石二鳥です。

過湿にならないように梅雨時や秋の長雨の前には枝を少し刈り取って透かしてあげましょう。枝の刈り取りは混み合い具合を見ながら随時した方が株が弱らずに済みます。

タラゴンの病害虫対策

ほとんど心配いりませんが、乾燥しすぎるとハダニがつくこともあります。

タラゴンの育て方やポイント

乾燥気味の環境を好みます。水のやりすぎには注意しましょう。
耐暑性が弱めなので、西日や真夏の日差しを避けられる場所に置きます。
耐寒性がとても強く、その寒さがなければタラゴンは成長しません。しっかりと寒さに当てて翌年の芽を充実させましょう。室内に取り込んではいけません。
枝が込み合わないように適宜刈り取りをします。梅雨明けごろに切り戻しをすると勢いが良くなります。

タラゴンの活用法

葉と茎を刈り取ったら生のままでもドライにしても利用できます。

効能:食欲増進・健胃・消化不良・鼓脹
葉を煎じて飲む:痛風・リウマチ・関節炎など

効能も多いですが利用範囲も広いのがタラゴンです。ハーブバターやビネガー・オイルなどは漬け込んだり混ぜたりするだけの手軽さです。ペッパーに似た香りが食欲増進効果がありますね。ピクルス液に野菜と一緒に漬け込んだりドライを刻んでドレッシングに混ぜたり、アレンジ次第でいろいろなものに活用できます。香りがとても強いハーブなので、お好みの量を探してみてください。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ハーブの育て方5選

    ハーブの育て方5選

    植物を育てるうえで害虫や病気には常に注意しなければなりません。特に屋外で野菜などを育てていると少なか…

    ハーブの育て方5選
  2. ナスタチウムの育て方【種からプランター栽培!挿し木のやり方も】

    ナスタチウムの育て方【種からプランター栽培!挿し木のやり方も】

    南米の草花でオレンジや黄色の蝶のような花弁を付けるナスタチウムは、日本では江戸時代から栽培されていま…

    ナスタチウムの育て方【種からプランター栽培!挿し木のやり方も】
  3. チャービルの育て方【室内やプランターで栽培!アブラムシ対策も分かる】

    チャービルの育て方【室内やプランターで栽培!アブラムシ対策も分かる】

    ショーケースのケーキやタルトの上に飾られている若葉色の葉っぱがチャービルです。意外とおなじみなハーブ…

    チャービルの育て方【室内やプランターで栽培!アブラムシ対策も分かる】
  4. セージやセントジョンズワートの育て方【プランターで挿し木での増やし方も分かる!】

    セージやセントジョンズワートの育て方【プランターで挿し木での増やし方も…

    大きいものでは草丈が1メートルを超すセージはシソ科の多年草です。常緑低木にも分類され、大鉢で育てると…

    セージやセントジョンズワートの育て方【プランターで挿し木での増やし方も分かる!】
  5. タンジーの育て方【猫よけ効果あり!室内やプランターで栽培】

    タンジーの育て方【猫よけ効果あり!室内やプランターで栽培】

    ヨーロッパ原産でユーラシア大陸からアメリカ大陸まで広く自生しているタンジー。キク科の常緑多年草で和名…

    タンジーの育て方【猫よけ効果あり!室内やプランターで栽培】
  6. 自家製ハーブでお茶を楽しむ。ハーブティーに合うハーブ5選

    自家製ハーブでお茶を楽しむ。ハーブティーに合うハーブ5選

    ハーブを栽培している方は、ハーブティーとして飲む使い方をする人も多くいらっしゃると思います。もちろん…

    自家製ハーブでお茶を楽しむ。ハーブティーに合うハーブ5選
  7. 本格的な料理のために。料理に使えるハーブ5選

    本格的な料理のために。料理に使えるハーブ5選

    よく料理のレシピを見て出てくるハーブたちですが、あれらを使用しなければ本当に作れないのかと考えてしま…

    本格的な料理のために。料理に使えるハーブ5選
  8. カレープラントの育て方・プランター栽培・挿し木方法・使い方

    カレープラントの育て方・プランター栽培・挿し木方法・使い方

    カレープラントはキク科の多年草で、触るとびっくりするほどカレーの香りがします。植物なのにこんなにおい…

    カレープラントの育て方・プランター栽培・挿し木方法・使い方
  9. カレンデュラやローズマリーの育て方【品種・栽培時期・土づくりも分かる!】

    カレンデュラやローズマリーの育て方【品種・栽培時期・土づくりも分かる!…

    日本ではキンセンカの呼び名で切り花や花壇に人気のカレンデュラは、色のない真冬にも鮮やかなオレンジ色の…

    カレンデュラやローズマリーの育て方【品種・栽培時期・土づくりも分かる!】

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP