さつまいもの育て方で準備するもの

以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!
プランター

60cm以上の深型プランター。

出来るだけ大きくて深いプランターを準備しましょう。

プランター栽培の場合は野菜用園芸土(培養土)が手軽でお勧めです。元肥が入っている培養土を選ぶようにしましょう。
さつまいものさし苗

さつまいもは他の芋類のように種芋から育てずに「さし苗」という苗から育てます。さし苗は園芸店やホームセンター等で販売されています。

茎が太くて色がよく本葉が8枚以上ある物を選びます。さつまいもは節からたくさん芋になるので、葉の枯れが少ない節が多い物がよいでしょう。

さつまいもは品種も豊富なのでお好みのさし苗を選びましょう。
鉢底石
プランターの底が隠れるぐらい準備しておきましょう。

さつまいもの育て方

培養土を準備します。
プランターの底全体に、鉢底石を敷き詰めます。ウォータースペースを残してプランターの7割ぐらいまで土を入れます。
さつまいもの苗を植え付けます。

さし苗は植え付ける2~3日前は乾燥させておきます。植え付ける当日になったら日陰でバケツなどに水をはって2時間以上浸して吸水させます。

「水平植え」「斜め植え」「船底植え」「直立植え」など色々な植え付け方がありますが、プランターで栽培する時は水平植えか斜め植えがお勧めです。3~4cmの溝を作って2~3節程地上に出して植え付けていきます。土をかぶせてしっかりと押さえつけます。苗の間は30cmほどあけるようにします。植え付けた後はたっぷりと水を与えます。

さつまいもの水やり

さし苗を植え付けてから、しっかりと根付くまではたっぷりと水を与えます。根付いてからは乾燥気味に育てます。土の表面が乾いてから水を与えるようにします。水のやりすぎは病気をおこす原因となるので、必要最低限の水やりで十分です。

さつまいもの追肥と増し土

さつまいもは基本的に追肥の必要ありません。葉の色が黄色くなったり、生育が悪い時には水で薄めた液肥を与えるようにします。葉の成長が進んできたら増し土をします。根付いている部分に土を足していきます。生育の状態をみて2回ほど増し土を行いましょう。
さつまいもの蔓
さつまいもの蔓が伸びてプランターからはみ出るようになったら途中で蔓を切っても問題ありません。行灯支柱を立てて蔓を絡ませるのもいいでしょう。切った蔓は料理に使用できます。
さつまいもと害虫
さつまいもはヨトウムシなどガの幼虫がつきやすい野菜です。葉を食い荒らされるので見つけたらすぐに駆除するようにします。

さつまいもの収穫

植え付けてから3~4ヶ月ぐらいで収穫が出来るようになります。茎や葉が黄色くなり枯れてきたら収穫時期です。雨が続いた後などに収穫すると腐りやすくなってしまうので、晴れた日が続いた時に収穫をします。

土から出ている茎を刈り取ってからブルーシートなどを広げてプランターをひっくり返せば、さつまいもを傷つける事無く収穫できます。

さつまいもとは

さつまいもは世界に3000~4000もの品種がありますが、日本で栽培されているのはそのうちの数十種類ぐらいだそうです。世界中で生産されているさつまいもの約9割がアジアで作られているそうです。果肉の色も様々で、一般的なさつまいもの他にもオレンジ色・白色・紫色などがあります。

さつまいもにはビタミンCが含まれていますが、さつまいものビタミンCは加熱に強いので効率よく摂取できます。食物繊維が豊富に含まれているので、整腸作用や便秘予防に効果が期待できます。

サトイモの育て方で準備するもの

以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!

プランター

60cm以上の深型プランターを準備します。

出来るだけ大きくて深さは30cm以上のプランターを準備しましょう。

プランター栽培の場合は野菜用園芸土(培養土)が手軽でお勧めです。元肥がしっかり入っている培養土を選びましょう。
サトイモの種芋

園芸店やホームセンター等で色々な種類の種芋が販売されています。

小さい種芋は生育がよくないので、出来るだけ大きな種芋を選ぶようにします。ふっくらとしてずっしりと重い物で、傷が無く害虫の被害にあっていない種芋がいい種芋です。
鉢底石
プランターの底が隠れるぐらい準備しておきましょう。

サトイモの育て方

培養土を準備します。
プランターの底全体に、鉢底石を敷き詰めます。

プランターの6割ぐらいまで土を入れます。
サトイモの種芋を植え付けます。
本来サトイモは発芽率をあげるため芽出しをした種芋を植え付けますが、慣れないうちは芽出しをしてから植え付けるのは手間がかかるので、同じプランターで芽出しをしながら植替えなしで育てるようにします。

間隔を30cmあけて種芋の丸いお尻の方を上にむけて立てて土に入れます。全体が隠れるぐらい土をかぶせます。あまり多くかぶせると芽が出てきません。

種芋を植えた後はたっぷりと水を与えます。芽が出るまでは、保温のために透明のビニールなどをかぶせて管理をします。

芽が出たらビニール等を外し、プランター全体に5cmぐらい土をかぶせます。発芽するまでは土の表面が乾かないように水分管理をしっかりしましょう。

サトイモの水やり

サトイモは乾燥に弱いので、たっぷりと水を与えるようにします。

発芽してからは、土の表面が乾燥したらたっぷりと水をあげてください。
サトイモの増し土と追肥

草丈が10~15cm程になったら、プランター全体に5cmぐらい土を足します。この時に1回目の追肥も行います。根元の周りに1株あたり5g程度の化成肥料を撒き土と混ぜ合わせて株元によせ土をしっかり押さえてと苗を安定させます。

2週間ほどしたらもう一度増し土をして根元に土寄せをします。

サトイモは乾燥を嫌うので、この時に藁などを根元に敷いてあげるのもいいでしょう。

サトイモと害虫

サトイモはアブラムシ・コガネムシ等の害虫がつきやすい野菜です。

毎日葉の表裏に害虫がついていないか確認をします。ついていたらすぐに駆除をするようにします。

また雑草が生えると害虫も発生しやすくなります。こまめに除草も行うようにしましょう。

サトイモの収穫

種芋を植えてから5~6ヶ月ぐらいから収穫出来るようになります。

葉が黄色く小さくなってきた時が収穫時期です。天気がいい日が続いた時に収穫をします。

少し試し掘りをして、しっかりしたサトイモが出来ているか確認します。出来ていたら、土から出ている茎を包丁などで切り落として、ビニールシート等を広げたところにプランターをひっくり返せば、サトイモを傷つける事無く収穫できます。

サトイモとは

サトイモは土の中で育つために根と思いがちですが、サトイモとして食べている部分は茎が大きく育ったもので、地下茎と呼ばれています。

サトイモは親芋を中心として子芋、孫芋が成長していきます。そのため子孫繁栄のしるしとしてお節料理やおめでたい席に欠かせない野菜です。

サトイモのねっとりした食感は粘り成分によるもので、サトイモには「ムチン」・「ガラクタン」・「マンナン」の粘り成分があります。それぞれ胃腸の粘膜を保護したり、コレステロールの吸収を抑えたり、便秘を予防したりと効果を発揮します。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. タマネギの育て方【室内やベランダで栽培】

    タマネギの育て方【室内やベランダで栽培】

    タマネギの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター…

    タマネギの育て方【室内やベランダで栽培】
  2. ゴボウとシソの育て方【何回も収穫できる!初心者でも簡単】

    ゴボウとシソの育て方【何回も収穫できる!初心者でも簡単】

    ゴボウは根も葉も食べられる上に食物繊維をはじめとするミネラルなど栄養価が非常に高い野菜です。他の根菜…

    ゴボウとシソの育て方【何回も収穫できる!初心者でも簡単】
  3. 自家製ジュースだって育てられる、ニンジンの育て方

    自家製ジュースだって育てられる、ニンジンの育て方

    ニンジンは単体で食べることが比較的少ない野菜ですが、それでもサラダに混ぜて生で食べたりグラッセにした…

    自家製ジュースだって育てられる、ニンジンの育て方
  4. ジャガイモとミニトマトの簡単な育て方【基本が分かる!】

    ジャガイモとミニトマトの簡単な育て方【基本が分かる!】

    じゃがいもはナス科の根菜類に分類される野菜で、ご存知の通り一度の収穫量がとても多いです。各種ビタミン…

    ジャガイモとミニトマトの簡単な育て方【基本が分かる!】
  5. 初心者に人気のじゃがいもやさつまいもやピーマンやパプリカの育て方

    初心者に人気のじゃがいもやさつまいもやピーマンやパプリカの育て方

    ジャガイモやサツマイモは水を切らさなければ土の材質を選ばないので初心者でも育てやすい野菜です。ジャガ…

    初心者に人気のじゃがいもやさつまいもやピーマンやパプリカの育て方
  6. テーブルビートの育て方【室内やベランダで簡単栽培】

    テーブルビートの育て方【室内やベランダで簡単栽培】

    テーブルビートの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプラ…

    テーブルビートの育て方【室内やベランダで簡単栽培】
  7. 中級者に育てていただきたい根菜類4選

    中級者に育てていただきたい根菜類4選

    根菜類に分類される野菜は、ダイコンやニンジンなど根や茎などの部位食べるものが当てはまります。他にも果…

    中級者に育てていただきたい根菜類4選
  8. ラディッシュの育て方【室内やベランダでプランター栽培】

    ラディッシュの育て方【室内やベランダでプランター栽培】

    ラディッシュの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプラン…

    ラディッシュの育て方【室内やベランダでプランター栽培】
  9. らっきょうとラディッシュの育て方【プランターで室内やベランダ栽培】

    らっきょうとラディッシュの育て方【プランターで室内やベランダ栽培】

    らっきょうの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランタ…

    らっきょうとラディッシュの育て方【プランターで室内やベランダ栽培】

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP