じゃがいもはナス科の根菜類に分類される野菜で、ご存知の通り一度の収穫量がとても多いです。各種ビタミンや食物繊維が豊富に含まれているため初めての家庭菜園にはおすすめの野菜です。この記事ではジャガイモの育て方をご紹介いたします。

ジャガイモの基礎的な情報

ジャガイモに含まれるビタミンCは熱に強く効率的に摂取できると言われており、美容効果も期待できる健康野菜です。小さい時に芋ほり体験などしたことがある方は多いのではないでしょうか。一度にたくさん育てられるためお子さまがいる家庭では喜んでもらえるためおすすめです。
育てやすいと言われている品種は、スーパーでもおなじみ「きたあかり」や「男爵」「メークィーン」などが挙げられます。日光が好きで涼しい気候を好む野菜ですので、春植えと秋植えがありますが秋植えの場合は一般的に8月下旬から9月上旬に種イモを植えることが多いです。30℃以上の気温になってしまうとじゃがいもは形になりません。植え付けてから収穫まで3ヶ月程度なので短い期間で収穫できるのも初心者向けといわれる所以だと思います。
そして根菜類のじゃがいもですが、深型のものであればプランターでも育てることができます。土は市販の培養土を使うと手軽で便利です。
じゃがいもを育てるためには種イモが必要になり、スーパーで売ってるじゃがいもでも良いのですがホームセンターには種イモそのものが商品として販売されていますので、そちらの方が病気に罹っている確率も低くおすすめです。種イモは植える一カ月前から日光に当て若芽を伸ばす必要があります。

ジャガイモの育て方

プランターで育てる場合は、プランターの半分ほどまで土を入れ、20cm~30cmの感覚で種イモ植え付けていきましょう。近すぎると隣同士の音が混ざり合ってしまい育ちづらくなります。種イモを植えたらその間に肥料を加えていきます。植え付けた後はしっかりと水をあげましょう。しかしじゃがいもは最初の水やり以外に水の世話をしなくても元気に育つこともあり、よく雨が降る地域ではそれだけで十分です。栽培している間は乾燥気味に育てるようにしてください。そして育てていくとどんどん新しい芽が伸びると思いますが、この芽かきがじゃがいもを大きく育てるポイントになります。丈夫そうな芽を残して他の芽は取ってしまいましょう。
じゃがいもにも追肥は必要で、2回施す場合が多いです。1株当たり10g程度の肥料を1回目は植え付けてから1ヶ月ほどたった頃に、2回目はツボミが付き始めたころに行います。その際はたっぷりとまし土することで水はけがよくなりじゃがいもが腐る確率が格段に下がります。
根菜類は目に見えない部分が多く収穫のタイミングが難しいのですが、じゃがいもの場合は花が咲き終わって葉や茎が黄色く変色しだした頃がちょうどいい時期といわれています。収穫が遅れてしまうといもが腐ってしまったり痛んだりしてしまうので適切な収穫時期を見極めるのもポイントです。

出来たジャガイモはおやつにも使える

じゃがいもはサラダやふかしいもなど加熱料理と何でも使える食材ですが、薄くスライスしてポテトチップにすることもできます。お子さまもきっと喜ぶと思いますので、是非作ってみて市販の物と比べていただきたいです。

プチトマトとも呼ばれサラダから加熱する料理など幅広く使えるミニトマトは、実は栽培方法がそれほど難しくないためガーデニングや家庭菜園未経験の方でも作りやすい野菜です。この記事ではミニトマトの育て方や注意点などをご紹介いたします。

ミニトマトの基礎情報

ミニトマトは種から育てるのがとても大変な野菜で、大きなミニトマト農家でも苗を買って育てる場合が非常に多いです。初めての方はホームセンターで販売している接ぎ木苗などを購入して育てることをおすすめします。育てやすい品種というのがあまりなく、どれを選んでもミニトマトはしっかり育ってくれますが、害虫や病気に強いと謳っている品種の方が心強いでしょう。葉のツヤがよくて節に厚みのある苗を選ぶと強く育ってくれるはずです。日光と乾燥が大好きですので日当たりの良い場所に置いて水やりも適度なもので十分です。
植え付け時期は4月から6月と育てる地域によって変わりますが、暖かい地域ですと早い方が良いかもしれません。25℃前後が生育の適温で、収穫を秋まで持ち越してしまうと実が割れてしまう事もありますが、味や品質には問題ありません。

ミニトマトの育て方

まずは土づくりから取り組みましょう。上記の通りミニトマトは乾燥を好む野菜ですので、排水性のある土を使うのがポイントです。ミニトマト栽培に適した土も販売していますが、自分で育てるのであれば「赤玉土6.5・腐葉土2.5・バーミキュライト1」の割合で配合してください。植え付けの一週間ほど前には元肥として肥料を土10Lに対して10~30g入れましょう。
植え付けの時期は、苗に一つ目の花が咲いたあたりが適切な時期です。株間は40cmは離して植えて、植えた後は少し土を寄せておきましょう。こうすることで水やり時の排水性が高まるために元気に育ちます。植えたミニトマトはどんどん大きくなってゆくため支柱が必要です。この時期が定植してからおよそ2~3週間になります。蕾の反対側に支柱を立てひもで結んでください。
そしてミニトマトを育てる場合は風通しが良いという条件が必要です。育っていくと根や脇芽などが伸びてしまうので小まめに取り除いてください。これが病気や害虫を防ぐ対策にもなり、無駄な部分に栄養を摂られないため実が大きく育っていきます。
ミニトマトの収穫は非常にわかりやすく、ヘタの周りまでしっかり赤くなって美味しそうに見えたらそれが食べごろです。ヘタを取らないように一つずつ収穫していきましょう。手で節の反対方向へ曲げればポキッと小気味良く取れるはずです。

小さくて手軽に食べられる野菜

ミニトマトは果菜類の中でも栽培の難易度も低く、もしかしたら小学校などで育てた事のあるという方も多いかもしれません。栄養価も高くビタミンやカロテンが豊富に含まれているため、お子さんにも積極的に食べていただきたい野菜です。トマトスパゲッティなどに調理すれば美味しくいただけると思います。実が成ってからは、一日経つと色が赤く変わったりと、見た目で育っていることがわかりやすい野菜ですのでお子さんがいる家庭で家庭菜園にチャレンジしてみたいと思っている方は、ミニトマトならば失敗せず楽しく育てられるためおすすめです。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ベランダで育てるおすすめのジャガイモの品種6選

    ベランダで育てるおすすめのジャガイモの品種6選

    芋類はボリュームがあっていろんな料理に使えますし、長期保存もできる優れものですよね。この芋類は家庭菜…

    ベランダで育てるおすすめのジャガイモの品種6選
  2. らっきょうとラディッシュの育て方【プランターで室内やベランダ栽培】

    らっきょうとラディッシュの育て方【プランターで室内やベランダ栽培】

    らっきょうの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランタ…

    らっきょうとラディッシュの育て方【プランターで室内やベランダ栽培】
  3. テーブルビートの育て方【室内やベランダで簡単栽培】

    テーブルビートの育て方【室内やベランダで簡単栽培】

    テーブルビートの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプラ…

    テーブルビートの育て方【室内やベランダで簡単栽培】
  4. かぶやかぼちゃの育て方【室内やベランダで簡単栽培】

    かぶやかぼちゃの育て方【室内やベランダで簡単栽培】

    種類が豊富なかぶですが、プランターでは小かぶが栽培しやすいので、今回は小かぶの育て方を紹介させていた…

    かぶやかぼちゃの育て方【室内やベランダで簡単栽培】
  5. タマネギの育て方【室内やベランダで栽培】

    タマネギの育て方【室内やベランダで栽培】

    タマネギの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター…

    タマネギの育て方【室内やベランダで栽培】
  6. 初心者でも育てやすい根菜類の野菜3選

    初心者でも育てやすい根菜類の野菜3選

    ガーデニングによって栽培できる野菜には果菜類・葉菜類・根菜類に分けられます。この記事ではその中から初…

    初心者でも育てやすい根菜類の野菜3選
  7. 自家製ジュースだって育てられる、ニンジンの育て方

    自家製ジュースだって育てられる、ニンジンの育て方

    ニンジンは単体で食べることが比較的少ない野菜ですが、それでもサラダに混ぜて生で食べたりグラッセにした…

    自家製ジュースだって育てられる、ニンジンの育て方
  8. ニンジンの育て方【室内やベランダでプランター栽培】

    ニンジンの育て方【室内やベランダでプランター栽培】

    ニンジンの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター…

    ニンジンの育て方【室内やベランダでプランター栽培】
  9. ラディッシュの育て方【室内やベランダでプランター栽培】

    ラディッシュの育て方【室内やベランダでプランター栽培】

    ラディッシュの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプラン…

    ラディッシュの育て方【室内やベランダでプランター栽培】

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP