きゅうりの水やり

きゅうりは水を好むため、毎日の水やりは欠かせません。日中に水をあげるのは負担が大きいため、朝のうちか夕方、土の温度が高くない時間帯を選んでたっぷりと水をあげましょう。夏場、高温になる時期は特に多くの水分を必要とするため、1日1回の水やりでは不足することがあります。水やりの半日後、すでに土が乾いているようであれば水やりのサインです。朝と夕方、1日2回水やりをするようにしましょう。

きゅうりは根が浅い植物ですから、1度に与える水の量も大切です。つる先をよく観察すると、水分の状態がわかります。らせんを描くようにつるが巻いていたら水不足のサインですから、1回に与える水の量を増やしてあげましょう。

きゅうりの追肥

きゅうりはつるをどんどん伸ばすと多収を狙えます。そのためには肥切れを起こさないように、適切な追肥が欠かせません。2週間に1度のペースを目安として、1株あたり10グラムの化成肥料を土の表面に散らすようにして与えましょう。

きゅうりの間引き

きゅうりはつるを伸ばしながら花実をつけるタイプの植物で、株としての成長と子実の成長を両立させなくてはいけません。特に株が若いうちは株としての成長に重点をおくようにすることで、結果的に収量が得られます。

そのため、株が30センチを超えるまでの子づると雌花は早め早めに除去し、親づるの成長に栄養をどんどん使える環境を整えてあげましょう。

親づるは大人の背丈程度まで育てるのが一般的です。大人の目線の高さ~大人の背丈程度まで成長したら、親づるを間引きして丈を制限します。親づるを間引きすると、今度は子づるがよく伸びるようになるため、子づるも適宜間引きが必要になります。

腰の高さより低い子づるは1節で間引き、それより高い高さの子づるは2節で間引きするようにします。孫づるは太く健康なつるを3~4本選んで、伸ばすつるを選定します。残すつるを少数精鋭で育てるイメージで、それ以外のつるは2節で間引きするようにします。

きゅうりの収穫

定植から1ヶ月もすれば、1番果がなり始めます。とはいえ、この時期はまだまだ株としても未熟な時期にあたるため、今後のことを考えるならば、最終的にたくさんの実をつけられるように株としての成長を大事にしておきたい時期です。そのため、1番果と2番果は若いうちに収穫し、実の充実に栄養を使いすぎないように制限してあげることが重要です。

1番果と2番果だけは8~10センチを目安として、早めに収穫してしまいましょう。

3番果以降は15センチ~20センチになるまで育ててから収穫するようにします。あまり大きく育てすぎるとかえって食味が悪くなってしまいますので注意しましょう。

株が大きくなってくると葉が茂ってきて、葉を維持するための栄養がたくさん必要になり、株に負担をかけてしまうことがあります。そのような状況では、花が落ちてしまったり、実の生育が十分でなくなったりします。株の勢いを見て、弱ってきたと感じたら間引きを行うようにします。

1度に大量の葉を落としてしまうと株に負担がかかりますから、1日あたりの間引き枚数は3枚までにしておきましょう。古い葉、枯れかけの葉、病害虫にやられている葉から順に落としていくことで、株への負担を減らし、子実を充実させることができます。

きゅうりの害虫対策

きゅうりの代表的な害虫はアブラムシ、ウリハムシです。アブラムシは初発のうちは粘着テープによる捕殺を行い、多発する場合には粘着くん液剤を散布するようにします。

ウリハムシは葉だけでなく、孵化した幼虫が根にも食害するため、特に成虫が発生する時期に注意が必要です。発生した場合にはマラソン乳剤を散布して対応します。

きゅうりの病害対策

きゅうりでよく発生するのはべと病、うどんこ病です。

べと病が発生すると、葉脈に囲まれた範囲に黄色い斑点状の模様が発生します。斑点部分の葉裏を観察して、すす状にかびが付着していればべと病になります。アリエッティ水和剤やビスダイセン水和剤を散布して対応しましょう。

葉にうどんこを散らしたような白い斑点が発生し、その後斑点のついた部分から黄変して枯れてきたらうどんこ病です。病変のあった葉を摘み取り、株全体にカリグリーンを散布しましょう。

きゅうりの栽培スケジュール

きゅうりは夏野菜の中でもとりわけ収穫までの期間が短く、初心者も気軽に気軽にチャレンジできる野菜です。

種から育てるなら種まきは4月中ごろ~6月、約1ヶ月の育苗期間を経て定植、およそ40日後にあたる6月下旬~9月にかけて収穫時期を迎えます。苗から育てる場合は5月中旬~6月に定植し、6月下旬~9月にかけて収穫時期というスケジュールになります。

1~2株も植えれば、食用にするには十分な量の収穫が得られます。あまり大量に育てすぎると食べ切れない量になってしまうため注意しましょう。

きゅうりのおすすめ品種

つばさ
北進
南進
夏すずみ

きゅうりの植え方

きゅうりの植え付けに必要なもの

プランター(容量の大きいもの。深さ30センチ、幅は株数×30センチが理想)
野菜用培養土
支柱
鉢底網
鉢底石
ひも(誘引用)
12cmポット(種子から育てる場合)
きゅうりの苗

種子から育てる場合
きゅうりを種子から育てる場合、まずは12cmポットを使って苗を立てます。ポットに野菜用培養土を入れ、ポット1つあたり2粒の種をまきます。種を土に落としたら、1センチ程度、土をまんべんなくかぶせたら種まき完了です。最終的に1株を育てるならポット2~3個、2株を育てるならポット3~4個を用意しておけば十分です。

種まき後は土が乾燥しないように毎日水をあげつつ、週に1度は500倍になるように液体肥料を水にとかしこみ、肥料分を補います。発芽して本葉が展開したら、生育がよい方の株を残して、もう一方の株を間引きましょう。

本葉が3枚~4枚になるまで育ったたら移植適期です。プランターに植え替えましょう。
プランターへの苗の植え替え
種から苗を立てた場合はその苗を、苗から育てる場合は購入した苗を用意します。植え替え前日のうちに一度水をあげておくと、翌日ポットから苗を取り出しやすくなります。

まずはプランターを用意しましょう。きゅうりは根量が多く、大量の水分を必要とするため、底が浅い、あるいは幅が不十分なプランターでは収量が低下してしまう恐れがあります。必ず深さと幅が十分にあるものを用意するようにしましょう。

すのこ付きのプランターならすのこをセットし、すのこがないプランターなら、鉢底網を敷いた上に鉢底石を敷き詰め、水はけを良くしておきます。次に元肥入りの野菜用培養土をプランターに入れていきますが、土は鉢のふちから下3センチ程度のところまでにして、ウォータースペースを確保しましょう。

土が入ったら、ポットの大きさと同じくらいの植え穴を掘ります。人差し指と中指で苗の株元をはさみこむように持ち、ポットごとひっくり返して苗を取り出したら、植え穴にそっと入れましょう。周囲の土とかるくなじませたら、プランターの底からしたたるくらいたっぷりの水をあげます。

最後に支柱を立てておきます。きゅうりはつる性の植物ですので、巻きつくことのできる支柱を初期の段階で立てておく必要があります。

きゅうりを1株だけ栽培する場合は、正方形の頂点になるように支柱を4本立て、高い所で4つを束ねるタワー仕立てで育てると楽です。角型のプランターで2株以上育てる場合には支柱を格子状に仕立てるか、両端に支柱を立てて、支柱の間にネットを張るようにします。

支柱を立てたら、植え付けた苗のつるを支柱に誘引しておきます。ひもを使って軽く結びとめておくだけで、あとは自然とつるが支柱に絡まります。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 意外と簡単に育てられる、トウモロコシの基本的な育て方

    意外と簡単に育てられる、トウモロコシの基本的な育て方

    トウモロコシといえば北海道で作られて全国に出荷されるというイメージが強いですが、実は家庭菜園初心者の…

    意外と簡単に育てられる、トウモロコシの基本的な育て方
  2. 種無しぶどうの作り方【プランターで種から栽培】

    種無しぶどうの作り方【プランターで種から栽培】

    種無しぶどうにするためにベランダで育てているぶどうも、ある処理を行うことによって種なしぶどうにす…

    種無しぶどうの作り方【プランターで種から栽培】
  3. オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間…

    オクラの栽培スケジュールオクラは発芽に最適な温度が25~30℃と比較的高く、あまり早い時期の育苗…

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】
  4. カボチャの育て方【プランターで水やり・支柱立て・間引きをしよう!】

    カボチャの育て方【プランターで水やり・支柱立て・間引きをしよう!】

    かぼちゃの水やりカボチャは比較的乾燥に強く、多湿を嫌います。土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげ…

    カボチャの育て方【プランターで水やり・支柱立て・間引きをしよう!】
  5. ぶどうの栽培【庭でプランターでの育て方】

    ぶどうの栽培【庭でプランターでの育て方】

    ぶどうの栽培スケジュールぶどうを単年で収穫までもっていくのは難しく、プランター栽培でも最短2年、…

    ぶどうの栽培【庭でプランターでの育て方】
  6. ぶどうの育て方【種から鉢植え・剪定のポイント】

    ぶどうの育て方【種から鉢植え・剪定のポイント】

    ぶどうの育て方プランターの置き場所ぶどうは強い過湿状態を嫌います。そのため、梅雨時期をはじめ…

    ぶどうの育て方【種から鉢植え・剪定のポイント】
  7. ガーデニング中級者向けの家庭菜園に人気の野菜の育て方6選

    ガーデニング中級者向けの家庭菜園に人気の野菜の育て方6選

    別の記事で初心者向けの果菜類を3種類ご紹介いたしましたが、この記事では少し手入れが必要になってくるガ…

    ガーデニング中級者向けの家庭菜園に人気の野菜の育て方6選
  8. イチゴの育て方【プランターで種から栽培・ランナー・株分け】

    イチゴの育て方【プランターで種から栽培・ランナー・株分け】

    イチゴの栽培スケジュールイチゴは2つの異なる栽培スケジュールがあります。越冬させる秋植え…

    イチゴの育て方【プランターで種から栽培・ランナー・株分け】
  9. たくさん収穫できる!初心者におすすめのマメ科の野菜3選

    たくさん収穫できる!初心者におすすめのマメ科の野菜3選

    初心者におすすめのマメ科の野菜エダマメエダマメは、大豆の未熟な種子です。大豆よりもカロリーが低く…

    たくさん収穫できる!初心者におすすめのマメ科の野菜3選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP