トウモロコシの水やり

トウモロコシは乾燥には弱いため、土の表面が乾くようであれば欠かさずに水をやるようにしましょう。

特に開花時期、実が肥大する時期は十分な水分を必要とします。

トウモロコシの追肥

トウモロコシは「肥料食い」としても知られる野菜で、しっかりと追肥をあげることがポイントになります。

プランターに直まきした場合は、本葉が2枚になった頃から追肥をスタートさせます。ポットで育苗して植え付ける場合には本葉が6枚になった頃から追肥をスタートします。追肥は2週間おきに、1株あたり10グラムの化成肥料を与えるようにします。株元から10~20センチ離したあたりに肥料を散らして、軽く表土にまぜこむようにして与えましょう。

トウモロコシの支柱立て

本葉が6枚前後になったら、支柱を立てます。支柱は2メートル程度のものを選びましょう。

トウモロコシは根が真下に向かって伸びるため、横風にあおられると倒伏してしまうリスクが大きい作物です。畑で密植ぎみに栽培している場合なら株どうしが支えあうことができますが、ベランダ菜園では株数が少ないため、支柱で支えてあげる必要があります。

株に寄り添うように支柱を立て、麻紐で数ヶ所留めておきましょう。

トウモロコシの人工受粉

トウモロコシは自家受粉の確率が低く、他の株との間で受粉させるのが確実です。まず先におしべが出、その数日後にめしべが出てきます。おしべは株の先端にある穂のような部分で、めしべは実の先端、いわゆる「ひげ」にあたる、無数の絹糸のような部分です。

めしべが出たら、咲いているおしべを根元で切り取り、めしべのすぐそばで軽くゆするように動かせば人工授粉が完了します。

また、トウモロコシは通常2~3段目まで実がなりますが、最も大きく味の良い実がなる1段目だけを育て、2段目より下の実は育てずにヤングコーンとして若どりしてしまうのがプランター栽培では一般的です。

トウモロコシの収穫

トウモロコシは収穫適期が短く、早ければ実入りが十分でないですし、遅ければ甘みが落ちてしあみます。

およそ、受粉から25日前後で収穫適期を迎えます。この頃になるとめしべの絹糸はこげ茶色に変色し、枯れたように縮れてきます。先端の方から皮をすこしだけめくり、実入りを確認しながら収穫します。

実をしっかりとつかみ、思い切りもぎとるようにして収穫しましょう。

トウモロコシの害虫対策

トウモロコシ栽培の最大の敵は害虫による食害です。

特にアワノメイガによる被害が最も深刻です。おしべが抽出すると、においに誘われておしべにもぐりこんで食害し、根元からおしべを枯らしてしまいます。数日後、めしべが出てくると今度は実を標的にします皮の内側にもぐりこみ、肥大した実を次々に食害してしまいます。

人工授粉後に実を防虫ネットで覆うことで薬剤を使わずに対策できますが、確実に防除したければ、おしべが抽出した頃からトレボン粉剤DLを10日間隔で散布して予防しましょう。

その他、アブラムシによる吸汁被害も発生しやすいです。初発の段階なら粘着テープなどで捕殺して対応すれば十分ですが、大量に発生してしまった場合には粘着くん液剤を散布して対応します。

トウモロコシの病害対策

トウモロコシは比較的病害に強く、育てやすい作物です。ただし、アブラムシが媒介するウイルスにおかされてモザイク病を発症する場合があります。葉にモザイク状の濃淡模様が発生し、株の先端から萎縮するような病態が観察されたらモザイク病です。薬剤による発症後の治療はできないため、株を抜き取るほかありません。

モザイク病はアブラムシによってもたらされますから、アブラムシの防除をしっかりと行うことがモザイク病の予防になります。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ベランダでフルーツの育て方メロン・パイナップルとラディッシュの育て方

    ベランダでフルーツの育て方メロン・パイナップルとラディッシュの育て方

    ベランダで手軽に野菜を育ててみたいけど、同じ育てるならフルーツを作ってみたいなあと思っている方もおら…

    ベランダでフルーツの育て方メロン・パイナップルとラディッシュの育て方
  2. ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】

    ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】

    ピーマンの水やりピーマンにはたっぷりと水をあげましょう。水分不足が生育の停滞に直結する植物ですの…

    ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】
  3. プランターでゴーヤの育て方とウンベラータ栽培方法

    プランターでゴーヤの育て方とウンベラータ栽培方法

    ゴーヤは別名にがうりとしても知られ、グリーンカーテンとしても活用されている植物です。ベランダ…

    プランターでゴーヤの育て方とウンベラータ栽培方法
  4. オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間…

    オクラの栽培スケジュールオクラは発芽に最適な温度が25~30℃と比較的高く、あまり早い時期の育苗…

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】
  5. 初心者でも育てやすい野菜8選

    初心者でも育てやすい野菜8選

    枯れてなくみずみずしくポットの下の穴から根っこが見えるような苗を選べばさほど難しくはなく初心者にむい…

    初心者でも育てやすい野菜8選
  6. トマトの育て方【水やりやわき芽・間引き方法・病気・害虫の予防と対策】

    トマトの育て方【水やりやわき芽・間引き方法・病気・害虫の予防と対策】

    トマトを種から育てる場合トマトを種から育てる場合、まずはポットで育苗を行います。2~4月に種まき…

    トマトの育て方【水やりやわき芽・間引き方法・病気・害虫の予防と対策】
  7. ズッキーニの育て方・おすすめ品種・植え方・スケジュール

    ズッキーニの育て方・おすすめ品種・植え方・スケジュール

    ズッキーニの栽培スケジュールズッキーニは比較的暖かい気温を好む作物なので、関東など中間地では4月…

    ズッキーニの育て方・おすすめ品種・植え方・スケジュール
  8. ブルーベリーのベランダでの育て方【おすすめの品種】

    ブルーベリーのベランダでの育て方【おすすめの品種】

    ブルーベリーの栽培スケジュールブルーベリーの植え付けは3月ごろが一般的ですが、11月に植え付ける…

    ブルーベリーのベランダでの育て方【おすすめの品種】
  9. 夏に人気のベランダ菜園の野菜ランキングと多肉植物の育て方

    夏に人気のベランダ菜園の野菜ランキングと多肉植物の育て方

    ウリ科の野菜の栽培の特徴ウリ科の野菜は、夏に旬を迎えるものが多くあります。カリウムと水分を豊富に…

    夏に人気のベランダ菜園の野菜ランキングと多肉植物の育て方

プランター栽培の最近の記事

  1. じゃがいも育て方
  2. 落花生育て方
  3. ベランダ菜園
  4. ベランダ菜園の道具
  5. 野菜の育て方
  6. ベランダ菜園
  7. 野菜の育て方
  8. 育ちやすい野菜
  9. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP