スイカの育て方で準備するもの

以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!
プランター

横幅60~90cmぐらいの深型プランター。1苗につきプランターは1個準備します。

プランターの代わりに大型の植木鉢でも栽培可能です。
支柱(空中栽培用)

行灯支柱がお手軽です。通常の支柱なら150cm程の物を4本以上がよいです。

スイカは成長すると重くなるので、しっかり固定できるように麻ひもや固定用具があるとさらにいいでしょう。

プランターから外へ蔓を伸ばすスペースが確保できる場合は、必要ありません。

プランター栽培の場合は野菜用園芸土(培養土)が手軽でお勧めです。
スイカの苗

種からの植え付けは難しいので、ホームセンター等で売っているポットに入った苗をプランターで育てるのが無難です。「接ぎ木苗」を選んだ方が病気や害虫にも強いようです。

双葉が元気に残っていて、根がしっかりはり、葉や茎がきれいな緑で元気のもので、本場が5~6枚ほどついている苗がお勧めです。
鉢底石
プランターの底が隠れるぐらい準備しておきましょう。

スイカの植え付け

①培養土を準備します。
プランターの底全体に、鉢底石を敷き詰めます。ウォータースペースを残して、縁から2~3cmぐらいまでその上に培養土を入れます。

培養土は植え付けの2週間前ぐらいまでに準備して、なじませておくのがお勧めです。
②苗を植え付けします。
スイカの苗を植え付ける時は、天気が良く、気温と土の温度が上がっている時間帯に行います。プランターの中央に根鉢より少し大きめの穴を掘ります。

ポットからスイカの苗を取り出す時は、根を痛めないように慎重に取り出します。根を痛めてしまうと成育に影響が出てしまいます。

子葉が埋まらないように浅めに植え付けます。接ぎ木苗の場合は、接ぎ目に土が埋まらないようにします。
③苗を植え付けたらプランターの底から水が出てくるぐらい、たっぷりと水を与えます。
苗を植え付けた後はホットキャップ等を被せて温度を保つようにします。無い場合は、支柱を立てて、ビニール袋等を被せて代用してもいいでしょう。5月中旬ぐらいになり暑い日が続くようになったら、ホットキャップを外します。

スイカの生育中の注意

①支柱立て
暑くなるとスイカは急激に生育していきます。ホットキャップを外す頃には支柱を立てます。行灯支柱がお手軽です。子蔓を支柱の方に誘引します。通常の支柱の場合は、支柱と支柱の間をひもで縛って、蔓が伸びやすいようにします。

どちらの場合も、スイカは成長すると重くなるので、麻ひもや固定具などでしっかりと固定して倒れないようにします。
②水やり
土の表面が乾いたら、プランターの底から水があふれるぐらいたっぷりと水やりをします。表面が乾いていない場合は、水やりをする必要はありません。

生育が進んで気温も上昇してくると、たくさん水を吸い上げるので、気を付けて下さい。収穫の10日程前になったら水やりを少し控えます。スイカの水分量が減の甘みが増して美味しいスイカになります。
③摘芯
親蔓の本葉が5~8枚ぐらいになったら、先を切り落として摘芯をします。子蔓が出て来たら、元気で生育のいい蔓を1~3本ほど残して、他は摘みます。

子蔓から孫蔓も出てきます。プランター栽培の場合は、全て摘み取った方がいいでしょう。

スイカの花が咲いた時にすること

受粉
スイカを確実に着果させるために、人工授粉をします。雄花を摘んで、雌花の柱頭に花粉をこすりつけるように付けます。

お天気の良い日を選んで下さい。

出来れば、午前9時ごろまでに遅くとも10時ぐらいまでには受粉させましょう。着果しやすくなります。

スイカの実がなった時にすること

①摘果

着果させる数は1つの蔓に1個が目安です。多く着果させるとスイカが大きく育たず、栄養もいきわたりません。元気で大きめの実を選んで、他の実は摘果します。
②実をネットでつるす。

空中栽培の場合スイカの落果を防ぐために、スイカの実がソフトボールぐらいの大きさになったらネットなどに入れて支柱等にしっかり固定します。
③追肥
同じころに追肥を行います。市販の化成肥料を10g程度スイカの株元に撒いて、周りの土と混ぜなじませます。
④玉直し
日光が当たっていない場所は白くなってしまうので、スイカの向きを変えて色むらが出来ないように、まんべんなく日光に当たるようにします。
⑤収穫
受粉をしてから35~50日ぐらいが収穫の目安です。収穫日は品種にもよりますので、スイカの状態を確認しながら、収穫します。実がついている蔓が茶色く枯れてきた頃、スイカを叩いてみて鈍い音がするようになった頃が収穫時です。

スイカとは

暑い夏に冷たく冷やして食べると特に美味しいスイカは、シャキシャキとした食感もよく、熱中症対策としての水分補給にはうってつけの果物です。

スイカは約90%が水分ですが、糖類も含んでいて、中でも果糖が多く含まれています。果糖はエネルギーに変わりやすい性質があるので、暑さで疲れた体を早く回復させてくれる効果が期待されます。

スイカは、大玉スイカ・小玉スイカのような一般的な物から、中の実が黄色やオレンジ色のスイカ、でんすけスイカが代表的な皮が黒いスイカ、皮が黄色く実が赤いスイカ、楕円形のスイカなど種類も様々です。

ズッキーニの育て方

水やり
ズッキーニは過湿を嫌います。そのため、水やりは土の表面が乾いた時にたっぷりと与えれば大丈夫です。

株元に水が溜まるとよくありませんので、株元の土は周囲よりも1センチ程度高くしておくとよいでしょう。
低温対策
植え付け後、気温が23℃前後あればズッキーニはすくすくと成長します。もし気温が低いようであれば、植え付け後しばらくは寒冷紗をかけて温度を確保するようにしましょう。

植え付け後の株はアブラムシによる被害に遭いやすいため、寒冷紗をかけることでアブラムシ対策も兼ねることができます。

気温が十分であれば、寒冷紗ではなく防虫ネットをかけるとよいでしょう。
プランターの置き場所
ズッキーニは特に日光を必要とする作物です。そのため、ベランダで栽培する場合には最も日当たりがよい場所にプランターを置くようにします。壁や手すりが光をさえぎってしまう場合は、しっかりした土台の上にプランターを置くようにして高さを稼ぎます。

すりガラス越しの光や、1日のうち直接日光が当たるのはごくわずかな時間しかないような環境では大きく育ちませんので、注意が必要です。最も光量を確保できるのは屋上です。屋上での栽培が可能なら、屋上を利用しましょう。
追肥
ズッキーニは2週間に1度を目安に追肥します。土1リットルにつき化成肥料1グラムが目安となるため、プランターの大きさにもよりますが、30グラム程度を与えることになります。

ただし、株の状態を見て、肥料が切れていなければ追肥はもう少し見送るようにします。葉の緑が十分に濃いようであれば肥料は切れていません。逆に、葉の色が急速に淡くなってきた場合は肥料が切れています。化成肥料の追肥を行うと共に、即効性のある液体肥料を与えるのが効果的です。

また、開花期以降は特に栄養を必要とする時期ですから、肥料切れには特に注意を払いましょう。
支柱立て
ズッキーニはつるのないウリ科作物のため、本支柱は必要ありません。
間引き・剪定
ズッキーニは特に間引き・剪定を必要としませんが、古い葉を取り去ることで下部全体の負担を軽減できるほか、風通しを良くすることで病害虫対策にもなります。花実のついているところから数えて3節までの葉は残しましょう。下葉については、状態の悪いものから順に取り去って構いません。
人工受粉
ズッキーニはミツバチなどに受粉を手伝ってもらう虫媒花です。ベランダ栽培の場合は虫による受粉が行われない可能性がありますから、人工受粉を行うのが確実です。

雌花が咲いたら人工受粉を行います。雄花を付け根から切り取り、花びらをすべて外し、露出させたおしべを柱頭にこすりつけるようにして受粉を行います。

人工受粉は朝のうちに行うようにしましょう。なお、雄花と雌花は花の根元に子房があるかどうかで見分けます。雄花には子房がありませんが、雌花には将来的に果実になる小さなふくらみがあります。
収穫
受粉が成功したら、ズッキーニの子房はぐんぐん膨らみます。受粉後5日程度で長さおよそ20センチにまで育ち、収穫適期を迎えます。大きく育てすぎると株への負担が大きく実付き・花付きに影響してしまうため、取り遅れのないように注意しましょう。

収穫適期を迎えた実は根元から清潔なハサミで切り取って収穫します。

ズッキーニの病気対策

害虫対策
ズッキーニで最も注意しなければならないのは、アブラムシとウリハムシによる被害です。アブラムシは吸汁被害をもたらすだけでなく、ウイルス病を媒介するため油断できません。特に植え付け直後につきやすいため、植え付け後、当面は寒冷紗などをかぶせることで対策できます。

捕殺で対応できなくなってきたら、アブラムシにはオレート液剤、ウリハムシにはマラソン乳剤を散布するようにします。
病害対策
ズッキーニではうどんこ病に特に注意が必要です。過湿や風通しの悪い環境はうどんこ病のリスクを高めます。状態の悪い下葉を取り去るだけでもうどんこ病対策になります。

葉に白い斑点上の模様が現れ、斑点の出たところから黄色く枯れてきたらうどんこ病です。病変の発生した葉は取り去って、株全体にカリグリーンを散布して対応しましょう。また、水滴を介して飛散するため、高い所からの水やりは控えるようにしましょう。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ベランダでフルーツの育て方メロン・パイナップルとラディッシュの育て方

    ベランダでフルーツの育て方メロン・パイナップルとラディッシュの育て方

    ベランダで手軽に野菜を育ててみたいけど、同じ育てるならフルーツを作ってみたいなあと思っている方もおら…

    ベランダでフルーツの育て方メロン・パイナップルとラディッシュの育て方
  2. レモンのベランダでの育て方・苗の選び方・おすすめ品種

    レモンのベランダでの育て方・苗の選び方・おすすめ品種

    レモンの苗の選び方とコツレモンを新しく植えつけるなら、3~4月に植え付けを行います。その後、5~…

    レモンのベランダでの育て方・苗の選び方・おすすめ品種
  3. 長期間収穫するためのお手入れ方法

    長期間収穫するためのお手入れ方法

    ベランダで野菜作りを始めてみたものの、一回収穫しただけで終了、また土づくりから始めるということになる…

    長期間収穫するためのお手入れ方法
  4. ぶどうの育て方【種から鉢植え・剪定のポイント】

    ぶどうの育て方【種から鉢植え・剪定のポイント】

    ぶどうの育て方プランターの置き場所ぶどうは強い過湿状態を嫌います。そのため、梅雨時期をはじめ…

    ぶどうの育て方【種から鉢植え・剪定のポイント】
  5. イチゴの育て方【プランターで種から栽培・ランナー・株分け】

    イチゴの育て方【プランターで種から栽培・ランナー・株分け】

    イチゴの栽培スケジュールイチゴは2つの異なる栽培スケジュールがあります。越冬させる秋植え…

    イチゴの育て方【プランターで種から栽培・ランナー・株分け】
  6. トウモロコシの育て方【プランターで水やり・追肥・支柱立ても!】

    トウモロコシの育て方【プランターで水やり・追肥・支柱立ても!】

    トウモロコシの水やりトウモロコシは乾燥には弱いため、土の表面が乾くようであれば欠かさずに水をやる…

    トウモロコシの育て方【プランターで水やり・追肥・支柱立ても!】
  7. ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】

    ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】

    ピーマンの水やりピーマンにはたっぷりと水をあげましょう。水分不足が生育の停滞に直結する植物ですの…

    ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】
  8. ベランダで健康野菜を育てよう!おすすめの茄子4選

    ベランダで健康野菜を育てよう!おすすめの茄子4選

    茄子は、実はビタミンやミネラル、食物繊維がバランスよく含まれている健康野菜です。揚げ物、煮物、炒め物…

    ベランダで健康野菜を育てよう!おすすめの茄子4選
  9. ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】

    ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】

    ゴーヤは別名にがうりとしても知られ、グリーンカーテンとしても活用されている植物です。ベランダ…

    ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. ベランダ菜園の道具
  4. トマトの育て方
  5. 育て方
  6. ミント育て方ベランダ
  7. 育て方
  8. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP