ベランダに向いている人気の高い夏野菜は、ナスとトマトの2種です。ナスとトマトは、ベランダにあるプランターや植木鉢を使って育てた方が向いている品種もあるので、ベランダ菜園にはおすすめの夏野菜です。

ベランダ菜園に向いているナスの育て方

ナスは、連絡を嫌う野菜なので、プランターや植木鉢を使って育てるベランダ菜園には向いている野菜です。また、ナスの種類は豊富にありますが、それそれの大きさや味も異なるので、自分の好みや使う料理に合った品種を選ぶことが大事です。

ベランダ菜園に向いているおすすめのナスの品種は、千両2号、黒陽、太郎早生の3種です。千両2号は、この3品種の中でベランダ菜園に一番向いている品種です。黒陽は夏ナスの品種の中でも大型の品種なので、焼いたり煮たりする料理に向いています。太郎早生は病気に強く育てやすい長ナスです。また、一般的な長ナスは細長いですが、肉質が綿密なので、漬物や煮物に適しています。

長ナスより短い中長ナスと呼ばれている品種は皮の部分が薄いので、調理がしやすく使い勝手が良いです。ベランダ菜園で初めてナスを育てる場合は、この中長ナスの品種がおすすめです。また、一般的に育てられている小ナスと呼ばれている品種は、大きさも取り扱い易いサイズなので、ベランダ菜園のプランター栽培には向いている品種です。

ナスは栄養素があまり含まれていないと思われている野菜ですが、ビタミンや食物繊維も多く含まれています。また、それらの栄養素がバランス良く含まれているので、ベランダ菜園で育てるおすすめの夏野菜です。

ベランダ菜園に向いているトマトの育て方

トマトはナスには似ていないですが、同じナス科の緑黄色野菜です。トマトは、キュウリやナスと並んで人気ある夏野菜ですが日本には、約200種類の品種が登録されていると言われていますが、ベランダ菜園に向いているトマトの品種は、酸味が少なく甘い「桃太郎」、寒さや病気に強い「瑞秀」、早生の「大宮163号」の3つの品種です。これらの3品種は乾燥や低温に強いだけでなく病気にも強いので、ベランダ菜園で育てやすいおすすめの品種です。

トマトの原産地は、南米にあるアンデス山脈にある高原地帯です。この高原地帯の原住民が最初にトマトを栽培され、やがて近隣のメキシコにトマトの栽培が渡来して、世界各地にトマトの存在が知られるようになったと言われています。日本には、明治9年に大藤松五郎によって米国から伝えられました。

トマトは健康野菜として注目をされている野菜です。トマトはカロリーが低いですが、栄養成分は豊富に含まれています。特にがん予防や老化を防いでくれる抗酸化作用ののあるビタミンEや美肌効果のあるビタミンCなどが豊富に含まれています。また、豊富な食物繊維も含まれているので、腸内環境を整える働きをしてくれます。

また、トマトは大きいサイズからミニサイズ、そしてフルーツタイプのトマトまで品種は豊富にあります。ベランダ菜園では、トマトの成長に合わせて支柱を立てたりする必要がありまりますが、他の夏野菜に比べて育てやすいのでおすすめです。ベランダ菜園でトマトを育てていると、必要な時に必要な分量の新鮮なトマトを収穫することができるので、食べるだけでなく収穫をする楽しみも味合うことができます。

ナスは苗を植えてから約一カ月、トマトは約二カ月で収穫をすることができます。ナスとトマトをベランダ菜園でプランターや植木鉢で育てると、簡単に移動することができるため夜露や雨も防ぐことができます。そのためナスとトマトはベランダ菜園に向いている育てやすい夏野菜です。

ベランダ菜園でプランターや空いている植木鉢などを使って育てやすいおすすめの夏野菜は、ズッキーニとキュウリの2種です。ズッキーニとキュウリはお互いに間違えられやすい夏野菜ですが、両方とも夏バテには効果的な栄養素を多く含んでいるおすすめの夏野菜です。

ベランダ菜園のプランターでも育てやすいズッキーニ

ズッキーニはペポカボチャの仲間で別名「つるなしカボチャ」とも呼ばれています。また、ズッキーニはカボチャのようにツルが伸びないためプランターも深さが30センチ以上のものであれば育てられるので、ベランダ菜園のプランターで育てやすいおすすめの夏野菜です。

ズッキーニは、南フランス料理のラタトゥユやイタリア料理のカポナータに欠かすことができない野菜です。ズッキーニは、カボチャのように実が熟すまで待って収穫をするのではなく、早めに収穫をします。また、収穫後のズッキーニは、カボチャのように追熟はしないので乾燥に弱く鮮度が落ちやすいため、早めに調理をして食べる野菜です。

また、ズッキーニは、キュウリのようにツルにぶら下がるようにして実がなるのではなく、株元から出ている太い主軸のところから突き出た部分に実が付きます。さたにズッキーニはキュウリより栄養価が高く、βカロテン、ビタミンBやCなどを豊富に含んでいます。ズッキーニはナスのような食感がありますが、多少苦味もあります。

ズッキーニの主な国内生産地は、ハウス栽培中心の宮崎県や露地栽培中心の長野県です。ズッキーニの果皮は、キュウリのような濃い緑色や薄緑色、そして黄色をしている品種があります。ズッキーニの育てやすい品種には、ミニタイプの品種である「バンビーノ」、「オーラム」、「グリーンシトカ」などがあります。また、ズッキーニの品種には、キュウリのようなスティック型や丸い形をしている品種やミニタイプがあるので、ベランダ菜園のプランター栽培にはおすすめです。

ベランダ菜園のプランターでも育てやすいキュウリ

キュウリは、トマトやナスと並んで初心者でもベランダ菜園のプランターでも育てやすい夏野菜の代表です。また、キュウリはツル性野菜なので生長してくるとツルが伸びてきますが、ベランダ菜園のプランター栽培では支柱やネットを使うと簡単に育てることができるので、夏のベランダのグリーンカーテンとしても活用することができます。

キュウリには、夏の暑さから体を冷やしてくれるカリウムが沢山含まれているので、熱中症予防にもなる野菜です。また、体を温めてくれるナトリウム、鉄、たんぱく質などの成分はキュウリに少ないので、正に夏の暑さから体を守ってくれる野菜です。キュウリは、ビタミンCやβカロテンも豊富なのでお漬物やサラダなどの生野菜として、使うことができます。

キュウリは、一年中入手することができる野菜なのでどれも同じ種類のように思われてしまいますが、市場に出回っている主な品種には「南極1号」、「リクエスト」、「北星」、「ステータス」などがあり、キュウリの品種は豊富です。ベランダ菜園で育てやすいキュウリの品種は、「節なり性親つる型」の種類がおすすめです。「味」が良い品種は、「夏さんご」、「さちなり」がおすすめです。また、「食感」が良い品種は、「さちなり」、「近成四葉」、「四川」、「夏さんご」、「夏すずみ」などがおすすめです。夏だけなく秋にかけても育てたい場合は、「夏秋節成」や「奥路」などの品種がおすすめです。

ズッキーニとキュウリは外見が似ている野菜ですが、食材としての調理の仕方や栄養成分も異なる夏野菜です。また、両方ともベランダ菜園でプランターを使って簡単に育てることができます。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. レモンの育て方【収穫方法と病気・害虫対策】

    レモンの育て方【収穫方法と病気・害虫対策】

    レモンの収穫方法摘果・摘蕾摘果・摘蕾を行う目的は大きく分けて2つです。1つは、株全体…

    レモンの育て方【収穫方法と病気・害虫対策】
  2. きゅうりの育て方【プランターで水やり・追肥・収穫・栽培スケジュール】

    きゅうりの育て方【プランターで水やり・追肥・収穫・栽培スケジュール】

    きゅうりの水やりきゅうりは水を好むため、毎日の水やりは欠かせません。日中に水をあげるのは負担が大…

    きゅうりの育て方【プランターで水やり・追肥・収穫・栽培スケジュール】
  3. 人気だけれど栽培の難易度が高めであるイチゴの育て方

    人気だけれど栽培の難易度が高めであるイチゴの育て方

    イチゴは果菜類の一種でこの中でも栽培が難しいといわれています。他にはスイカなども難易度が高いと言われ…

    人気だけれど栽培の難易度が高めであるイチゴの育て方
  4. トマトの育て方で2回間引きする方法

    トマトの育て方で2回間引きする方法

    トマトは間引きせずに1本立てで栽培すると、2メートルを超える丈にまで成長することもある植物です。あま…

    トマトの育て方で2回間引きする方法
  5. ベランダでフルーツの育て方メロン・パイナップルとラディッシュの育て方

    ベランダでフルーツの育て方メロン・パイナップルとラディッシュの育て方

    ベランダで手軽に野菜を育ててみたいけど、同じ育てるならフルーツを作ってみたいなあと思っている方もおら…

    ベランダでフルーツの育て方メロン・パイナップルとラディッシュの育て方
  6. ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】

    ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】

    ゴーヤは別名にがうりとしても知られ、グリーンカーテンとしても活用されている植物です。ベランダ…

    ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】
  7. ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】

    ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】

    ピーマンの水やりピーマンにはたっぷりと水をあげましょう。水分不足が生育の停滞に直結する植物ですの…

    ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】
  8. ブルーベリーのベランダでの育て方【おすすめの品種】

    ブルーベリーのベランダでの育て方【おすすめの品種】

    ブルーベリーの栽培スケジュールブルーベリーの植え付けは3月ごろが一般的ですが、11月に植え付ける…

    ブルーベリーのベランダでの育て方【おすすめの品種】
  9. ぶどうの栽培【庭でプランターでの育て方】

    ぶどうの栽培【庭でプランターでの育て方】

    ぶどうの栽培スケジュールぶどうを単年で収穫までもっていくのは難しく、プランター栽培でも最短2年、…

    ぶどうの栽培【庭でプランターでの育て方】

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP