別の記事で初心者向けの果菜類を3種類ご紹介いたしましたが、この記事では少し手入れが必要になってくるガーデニング中級者に是非
育てていただきたい果菜類を厳選して4つご紹介いたします。

ピーマンの育て方

ピーマンはナス科の果菜類で栄養豊富で家庭菜園でよく作られている野菜の一つです。種まきから育てるか苗を買って育てるかに分かれますが、初心者の方ならば苗からの方が手間も掛からず簡単で育てやすいのでおすすめです。簡単なものだけではなく少し手間がかかっても最初から育てたいという方は種を購入しましょう。植え付けは5月から6月上旬の間に行い7月から10月上旬ほどまでに収穫することができます。ピーマンは高温には強いですが低温には弱い野菜ですので、早植えには注意してください。そして湿気にも弱い野菜ですので、水はけをよくするためにメッシュのプランターか発泡スチロールを底に敷き詰めて栽培することをおすすめします。

マクワウリの育て方

名前だけ聞けばハテナマークが浮かぶかもしれませんが、これはノーネット種と呼ばれる網目が無いメロンを指します。これも果菜類の一つで、普通のメロンよりは栽培難易度は低めで、意外なことにプランターでも育てることができます。マクワウリは一つのプランターに必ず一株で育ててください。育てるには行灯型の支柱が必要で、早めに立てないとツルが下を這ってしまうので気を付けましょう。畑に植える場合はホットキャップやビニールをかぶせることを推奨します。初めてマクワウリを育てる場合は接ぎ木苗を購入した方が失敗が少ないのでおすすめです。

カボチャの育て方

カボチャはもともとの生産地が砂漠のような土地のため、土を選ばず栽培できますがツルが伸びて大きく広がるためプランターで育てることはできません。一つの株から5~6個栽培することができます。一般的に3月の下旬から種をまいて7月から8月の間で収穫できます。ツルが伸びる方向に藁を敷きますが、これにはカビの侵入やダンゴムシなどの害虫が皮を食い破ってしまうのを防ぐ効果があります。カボチャの首の部分が茶色く変色したら収穫の時期です。皮に爪が食い込まないくらいの方さになったらハサミで切りましょう。

イチゴの育て方

イチゴは老若男女から親しまれる野菜で非常に人気が高いのですが、自家栽培となると少し難易度が高いです。栽培期間が長いため、病気の対策や害虫対策が大変ですが、少し難しい野菜も作ってみたいという方にはおすすめで、綺麗になった時の感動はひとしおです。しかし種上から始めると収穫まで一年はかかるので、苗を購入することを推奨します。この苗選びも重要で、良い苗を選べば大きく成長するでしょう。イチゴは低温に強いですが乾燥に弱い野菜なので、冬の間もしっかり水やりすることが重要です。そして低温に強いと言っても寒波による凍結には適いませんので、そちらも対策が必要です。

難易度が高い野菜だからこそ挑戦

ガーデニングで野菜を作っている人も最初はミニトマトやエダマメなど簡単に育てられるものから始めたという方が多いと思います。上記で紹介した4つは初心者がいきなり挑むのは難しいかもしれませんが、手順を間違えなかったり温度管理をしっかりしていれば育てられる野菜です。初心者向けと呼ばれる野菜は上手く育てられたという方は、是非少し難易度の高い野菜に挑戦してみてください。

アスパラは実は植えたその年に収穫するのは推奨されていません。一度植えると5~10年は収穫できると言われている野菜は、すぐにでも食べたいという方には向きませんが、定期的にアスパラが食べたくなってしまう方にはかなり長い間で収穫できるためおすすめです。この記事ではアスパラガスの育て方についてご紹介いたします。

アスパラガスとは

アスパラは実は市場に出回っている品種が「グリーン・ミニ・ホワイト・パープル」の4種類と少ないです。それぞれ名前の通り色や時に特徴がありますので好きなものを選びましょう。葉や茎、花の部分を食べるため、これは葉菜類に分類されます。一般的に3月に種をまき次の年の5月ごとから収穫が始まります。これから長期的に育てることを見通し、植えたその年は株を大きく育てるために収穫しません。一番沢山取れる時期は4~5年目だと言われていますので、気長に育てましょう。
根を深く張る野菜ですのでプランターで育てる場合はサイズは小さめで問題ありませんが、深型のものを使いましょう。そして年単位で栽培するため100円ショップのものではなく、ホームセンターなどで丈夫なプランターを購入してください。湿気が多いと元気がなくなってしまうため、プランターの底に赤玉土を敷き詰めておくと尚良いです。土は市販の培養土を使うと楽でよいでしょう。自家製アスパラをすぐにでも食べたいという方は、既に大きく育った大苗というものも販売されていますので、そちらを買って植え付けましょう。これならばその年に食べられます。

アスパラガスの育て方

アスパラが大きく育つためには20~25℃の温度が必要のため、種から育てる場合、苗を買ってくるどちらの場合でも植え付けるのは霜の心配などが無い5月ごろが良いでしょう。株間は30~40cmほど開けて植え付けてください。苗がその土地に根付くように、最初の水やりはたっぷりとあげましょう。夏の暑い時期でも4~7日程度で水やりして、こまめに様子を見てください。
やっと次の年になり収穫できるようになったらそこから追肥が必要になります。一株につき5g程度の肥料を収穫が終わった後に1回、新芽が出るであろう8~9月あたりにもう1回与えます。収穫に適したアスパラの長さは20cmといわれていますので、4~6月になりそのくらいの長さになったら刃物を使って根元に近い部分から収穫してください。大きいものですと1m以上の背丈があるものも多く出てくると思いますが、必要に合わせて支柱を立てたりして倒れないようにしましょう。長く伸びたアスパラももちろん美味しくいただけます。
そして寒いと育たなくなるアスパラは、冬に何もせず放置すると凍結したり病気にかかってしまいます。しっかり何かで表面を覆ったりなど対策をして冬の風や雪から守り、無事冬を越しましょう。

肥料食いの野菜アスパラガス

アスパラを長く多く栽培する方法は、収穫の際に若い芽を残して次の年に持ち越すか、追肥をしっかり行うかにかかってきます。たくさん収穫しても乾燥しないようにラップで包んだり冷凍保存も可能なため便利ですが、そこで欲張らずに来年を沢山取れるように願って見越しましょう。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. トウモロコシの育て方【プランターで水やり・追肥・支柱立ても!】

    トウモロコシの育て方【プランターで水やり・追肥・支柱立ても!】

    トウモロコシの水やりトウモロコシは乾燥には弱いため、土の表面が乾くようであれば欠かさずに水をやる…

    トウモロコシの育て方【プランターで水やり・追肥・支柱立ても!】
  2. 意外と簡単に育てられる、トウモロコシの基本的な育て方

    意外と簡単に育てられる、トウモロコシの基本的な育て方

    トウモロコシといえば北海道で作られて全国に出荷されるというイメージが強いですが、実は家庭菜園初心者の…

    意外と簡単に育てられる、トウモロコシの基本的な育て方
  3. トウモロコシやなすの育て方【人気の品種・種まき・植え方】

    トウモロコシやなすの育て方【人気の品種・種まき・植え方】

    甘さがたまらないトウモロコシは、実は手間が少なく、プランターでも栽培しやすい野菜です。トウモロコ…

    トウモロコシやなすの育て方【人気の品種・種まき・植え方】
  4. トマトの育て方【水やりやわき芽・間引き方法・病気・害虫の予防と対策】

    トマトの育て方【水やりやわき芽・間引き方法・病気・害虫の予防と対策】

    トマトを種から育てる場合トマトを種から育てる場合、まずはポットで育苗を行います。2~4月に種まき…

    トマトの育て方【水やりやわき芽・間引き方法・病気・害虫の予防と対策】
  5. ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】

    ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】

    ゴーヤは別名にがうりとしても知られ、グリーンカーテンとしても活用されている植物です。ベランダ…

    ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】
  6. 枝豆の育て方【栽培スケジュール・おすすめ品種・植え方】

    枝豆の育て方【栽培スケジュール・おすすめ品種・植え方】

    枝豆の栽培スケジュール枝豆は、ダイズが完熟する前の若い子実のことを言います。種から育てることもで…

    枝豆の育て方【栽培スケジュール・おすすめ品種・植え方】
  7. トマトの育て方で2回間引きする方法

    トマトの育て方で2回間引きする方法

    トマトは間引きせずに1本立てで栽培すると、2メートルを超える丈にまで成長することもある植物です。あま…

    トマトの育て方で2回間引きする方法
  8. 人気だけれど栽培の難易度が高めであるイチゴの育て方

    人気だけれど栽培の難易度が高めであるイチゴの育て方

    イチゴは果菜類の一種でこの中でも栽培が難しいといわれています。他にはスイカなども難易度が高いと言われ…

    人気だけれど栽培の難易度が高めであるイチゴの育て方
  9. オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間…

    オクラの栽培スケジュールオクラは発芽に最適な温度が25~30℃と比較的高く、あまり早い時期の育苗…

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. ベランダ菜園の道具
  4. トマトの育て方
  5. 育て方
  6. ミント育て方ベランダ
  7. 育て方
  8. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP