枯れてなくみずみずしくポットの下の穴から根っこが見えるような苗を選べばさほど難しくはなく初心者にむいています。畑がなくてもプランターで育てられるので手軽に始められるのですお勧めです。肥料を忘れそうな場合は最初から肥料が入っている土が売っていますのでホームセンターなどで購入して使いましょう。

レタス

石灰と牛糞をよく混ぜ、馴染ませるために半日置いてから苗を植えます。苗の下には化成肥料は入れないで下さい。肥料やけをおこしてしまい枯れてしまいます。苗の横に穴をほり化成肥料を埋めます。レタスは水を好むので水を切らすと枯れてしまいます。水は切らさないようにしてください。ナメクジと鳥に葉を食べられてしまう危険性があるので、ネットをかけた予防しましょう。レタスは収穫の時に根っこを抜かないようにすれば、またレタスの葉が再生してきますので再度収穫が可能です。

ピーマン

ピーマンは花が咲いている苗を買うのが収穫への近道です。石灰と牛糞を土とよく混ぜ苗を植えつけます。肥料は植えた後と花が咲いた後に化成肥料を与えます。日当たりのいい場所に植えつけ、水を切らさないように気をつけましょう。収穫の時に少しでも甘くしたい場合は一週間ぐらい収穫を遅くすることで緑から赤に熟し甘みがまします。

なす

なすもピーマン同様花の咲いている苗を選ぶ事で早期収穫が可能です。ナスは水はけが悪いと根腐れをおこして枯れてしまいます。少しでも水はけをよくするために30cmほどの畝を作り植え付けしてください。

きゅうり

キュウリは連作(同じ場所に同じ種類のもの植える事。3年~5年は同じ所には植えない)障害を受けやすいので注意が必要です(病気になりやすい)キュウリは水を好むので常に土が湿っている状態を保つように水を撒きましょう。葉が多くなり風通しが悪くなってしまうとカビが生えてしまい成長が遅くなるため、葉が多くなってきたら葉を切り風通しの良い状態を保ちましょう。

ししとう(獅子唐辛子)

ししとうは病気や虫に強く丈夫な野菜です。種から育てると苗になるまでが長いので初心者は苗の購入をお勧めします。土は市販の培養土を使うか、自分で土から育てる場合は赤玉土・腐葉土・バーミキュライトを6:3:1の割合で混ぜて作り、用土10リットル辺りに石灰10g・化成肥料10~30gを混ぜましょう。ししとうは乾燥に弱いので植え付け後は水をたっぷりあげてください。夏場は朝・夕の2回あげるといいでしょう。

キャベツ

キャベツも連作をすると病気になりやすくなるため、連作はさけましょう。種から育てる事も出来ますが、初心者には害虫の心配が少ない苗から育てることをお勧めします。土は培養土を利用するのが簡単ですが、自分で育てる場合は赤玉土・腐葉土・バーミキュライトを7:2:1の割合で混ぜ、10リットル辺りに石灰10g化成肥料を10~20g混ぜて作ります。苗を植えつけてから根付くまでは水をたっぷりあげてください。根付いた後は土が乾いたら水遣りをするようにしましょう。病害虫予防のためネットをかけると効果的です。

高の爪(とうがらし)

鷹の爪も連作障害がでやすい野菜です。ナス科の植物を3年間育てていない場所を選んで植えつけてください。酸性の土壌を嫌うため石灰を混ぜて土を作ります。30cmほどの畝を作り、マルチを張りましょう。40~50cm間隔でマルチに穴をあけ苗を植えます。植え付け後はたっぷり水をあげ、支柱を立て固定します。水をきらさない様に注意してください。病害虫に強く育てやすい野菜です。

モロヘイヤ

種からでも育てる事が出来ますが、初心者は苗を購入した方が育てやすいです。植え付けの1週間前に苦土石灰を肥料と一緒に撒きます。化成肥料と油かす・牛糞などを混ぜ合わせて土にいれ、70~80cm間隔で植えつけます。草丈が高くなりますので、周りの野菜などの日当たりを考慮して植えましょう。土が乾いているようなら水をあげてください。夏場でも面白いように成長し沢山とることができます。種子は有毒なので口に入れないように注意が必要です。

育てやすい野菜まとめ

これから植え付けの時期になる野菜を紹介しました。ここで紹介したものは初めての方でも育てやすいものばかりです。水遣りや連作などの注意点を押さえて野菜作りを楽しみましょう。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. たくさん収穫できる!初心者におすすめのマメ科の野菜3選

    たくさん収穫できる!初心者におすすめのマメ科の野菜3選

    初心者におすすめのマメ科の野菜エダマメエダマメは、大豆の未熟な種子です。大豆よりもカロリーが低く…

    たくさん収穫できる!初心者におすすめのマメ科の野菜3選
  2. ぶどうの栽培【庭でプランターでの育て方】

    ぶどうの栽培【庭でプランターでの育て方】

    ぶどうの栽培スケジュールぶどうを単年で収穫までもっていくのは難しく、プランター栽培でも最短2年、…

    ぶどうの栽培【庭でプランターでの育て方】
  3. オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間…

    オクラの栽培スケジュールオクラは発芽に最適な温度が25~30℃と比較的高く、あまり早い時期の育苗…

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】
  4. 種無しぶどうの作り方【プランターで種から栽培】

    種無しぶどうの作り方【プランターで種から栽培】

    種無しぶどうにするためにベランダで育てているぶどうも、ある処理を行うことによって種なしぶどうにす…

    種無しぶどうの作り方【プランターで種から栽培】
  5. 長期間収穫するためのお手入れ方法

    長期間収穫するためのお手入れ方法

    ベランダで野菜作りを始めてみたものの、一回収穫しただけで終了、また土づくりから始めるということになる…

    長期間収穫するためのお手入れ方法
  6. プランターで水菜の栽培方法とナスの育て方

    プランターで水菜の栽培方法とナスの育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう…

    プランターで水菜の栽培方法とナスの育て方
  7. 枝豆の育て方【栽培スケジュール・おすすめ品種・植え方】

    枝豆の育て方【栽培スケジュール・おすすめ品種・植え方】

    枝豆の栽培スケジュール枝豆は、ダイズが完熟する前の若い子実のことを言います。種から育てることもで…

    枝豆の育て方【栽培スケジュール・おすすめ品種・植え方】
  8. ブルーベリーのベランダでの育て方【おすすめの品種】

    ブルーベリーのベランダでの育て方【おすすめの品種】

    ブルーベリーの栽培スケジュールブルーベリーの植え付けは3月ごろが一般的ですが、11月に植え付ける…

    ブルーベリーのベランダでの育て方【おすすめの品種】
  9. レモンの育て方【収穫方法と病気・害虫対策】

    レモンの育て方【収穫方法と病気・害虫対策】

    レモンの収穫方法摘果・摘蕾摘果・摘蕾を行う目的は大きく分けて2つです。1つは、株全体…

    レモンの育て方【収穫方法と病気・害虫対策】

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP