枝豆の栽培スケジュール

枝豆は、ダイズが完熟する前の若い子実のことを言います。種から育てることもできますし、苗の状態で購入して育てることもできます。低温に弱い植物なので、気温がある程度高くなってから栽培をスタートさせる必要があります。暖地なら4月種まき、6月中旬から収穫というスケジュールで栽培できますが、中間地なら5月種まき、7月収穫、冷涼地では6月種まき、8月中旬以降収穫というスケジュールになります。

品種特性により差があるものの、種まき後75日~90日程度で収穫適期を迎えます。

枝豆は鳥害に遭いやすく、適切な対策をとらなければ発芽の段階で大半が食われてしまうこともあります。ホームセンター等で苗を購入して栽培すれば、安全で、楽に栽培を行うことができます。

また、枝豆として収穫せず、完熟するまで栽培すれば大豆が収穫できます。品種によっては黒豆になるものもあります。数株を枝豆として収穫せずに残し、煮豆用に大豆として完熟するまで栽培するという楽しみ方もあります。

枝豆のおすすめの品種

プランター栽培の場合、早生~中生の品種の方が育てやすいです。

奥原早生(極早生)
湯あがり娘(中早生)
濃姫(中早生、黒豆)

枝豆の枝豆の植え方

枝豆の植え付けに必要なもの

枝豆の種子
プランター(深さが20センチ程度あるもの)
鉢底網、鉢底石(プランターがすのこ付でない場合)
野菜用培養土
防鳥ネットとポール、もしくは空のペットボトル

枝豆を種子から育てる場合
すのこ付きプランターならそのまま、すのこ付きでないプランターならあらかじめ鉢底網の上に鉢底石を敷き詰めて、野菜用培養土を入れていきます。プランターのふちから下3センチ程度まで土を入れ、ウォータースペースを確保するようにしましょう。元肥入りの培養土の場合、肥料は特に必要ありません。枝豆は根に根粒菌がつくことで、空気中の窒素を栄養として取り込めるようになりますが、生育初期にチッソが過剰だと根粒菌の付きが悪くなりその後の生育に影響するため、花が咲くまでの期間、肥料は必要ありません。

培養土を入れたら、まずはまき穴を作りましょう。深さ1~2センチ、直径5センチ程度のまき穴を、20センチ間隔で作っていきます。栄養ドリンクの空き瓶を土に押しつけて穴をつくると、深さが均等でちょうどいい大きさのまき穴を作れます。

まき穴にそれぞれ4~5粒ずつ種子が重ならないように種まきしたら土をかぶせ、たっぷりと水を与えます。

このままの状態では鳥に種子をほり出され食べられてしまうおそれがあるため、対策が必要です。防鳥ネットですっぽりとプランターを覆う場合、ポールを半円状に曲げて挿し、トンネル状に防鳥ネットを張ります。簡易的には、空のペットボトルでも対策できます。ペットボトルの底を切り、株がすっぽりと中に入るように土にペットボトルを突き刺せば完成です。

種まき後は毎日水をあげていれば、1週間程度で発芽が始まります。
枝豆を苗から育てる場合
枝豆の苗を購入して育てれば、発芽時に鳥害を受けるリスクを避けることができます。定植の時期は、遅霜のリスクが少ない4月下旬~5月中旬が目処です。

まずは双葉が残っていて、茎が太く、節間の詰まっていて、葉の緑が濃い、健康な苗を選んで購入しましょう。定植前日のうちに苗に水を与えておくと、定植時に苗をポットから取り出しやすくできます。

種子から育てる時と同じ要領でプランターと土を準備したら、苗のポットと同じ大きさの植え穴を20センチ間隔で作ります。植え穴を掘ったら、苗の株元を人差し指と中指で挟むようにして持ちながら苗をひっくり返し、ポットから抜きましょう。苗の根はほぐさず、そのまま植え穴に入れて、2~3センチ土を盛ったら鉢底からしたたるくらいたっぷりと水をあげて、定植完了です。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】

    ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】

    ゴーヤは別名にがうりとしても知られ、グリーンカーテンとしても活用されている植物です。ベランダ…

    ゴーヤの育て方【品種・種まき・栽培方法・水やり・追肥・間引き・収穫】
  2. ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】

    ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】

    ピーマンの水やりピーマンにはたっぷりと水をあげましょう。水分不足が生育の停滞に直結する植物ですの…

    ピーマンの育て方【水やり・追肥・剪定・害虫や病気対策】
  3. 人気だけれど栽培の難易度が高めであるイチゴの育て方

    人気だけれど栽培の難易度が高めであるイチゴの育て方

    イチゴは果菜類の一種でこの中でも栽培が難しいといわれています。他にはスイカなども難易度が高いと言われ…

    人気だけれど栽培の難易度が高めであるイチゴの育て方
  4. オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間…

    オクラの栽培スケジュールオクラは発芽に最適な温度が25~30℃と比較的高く、あまり早い時期の育苗…

    オクラの育て方【おすすめ品種・種まき・植え付け・水やり・追肥・収穫・間引き】
  5. 種無しぶどうの作り方【プランターで種から栽培】

    種無しぶどうの作り方【プランターで種から栽培】

    種無しぶどうにするためにベランダで育てているぶどうも、ある処理を行うことによって種なしぶどうにす…

    種無しぶどうの作り方【プランターで種から栽培】
  6. つるなしインゲンの育て方【水やり・追肥・収穫・害虫や病気対策】

    つるなしインゲンの育て方【水やり・追肥・収穫・害虫や病気対策】

    つるなしインゲンの水やり乾燥には弱いため、土の表面を触って、乾燥しているようであれば水をあげまし…

    つるなしインゲンの育て方【水やり・追肥・収穫・害虫や病気対策】
  7. トウモロコシやなすの育て方【人気の品種・種まき・植え方】

    トウモロコシやなすの育て方【人気の品種・種まき・植え方】

    甘さがたまらないトウモロコシは、実は手間が少なく、プランターでも栽培しやすい野菜です。トウモロコ…

    トウモロコシやなすの育て方【人気の品種・種まき・植え方】
  8. トマトの育て方【水やりやわき芽・間引き方法・病気・害虫の予防と対策】

    トマトの育て方【水やりやわき芽・間引き方法・病気・害虫の予防と対策】

    トマトを種から育てる場合トマトを種から育てる場合、まずはポットで育苗を行います。2~4月に種まき…

    トマトの育て方【水やりやわき芽・間引き方法・病気・害虫の予防と対策】
  9. レモンのベランダでの育て方・苗の選び方・おすすめ品種

    レモンのベランダでの育て方・苗の選び方・おすすめ品種

    レモンの苗の選び方とコツレモンを新しく植えつけるなら、3~4月に植え付けを行います。その後、5~…

    レモンのベランダでの育て方・苗の選び方・おすすめ品種

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP