ベランダ菜園で育てやすいおすすめの外来野菜は、セロリとクレソンの2種です。この2種類の野菜は日本の食生活の中で認知度も高く、身近に取り入れることができる外来野菜です。

戦後に広まった外来野菜のセロリ

セロリは、セリ科オランダミツバ属の外来野菜です。セロリの栽培は16世紀のイタリアで始まったと伝えられていますが、日本に渡来してきたのは江戸時代です。セロリは加藤清正によって江戸時代に持ち込まれたので、当時は「清正人参」とも呼ばれていたと伝えられています。

欧米では、古くからセロリを肉などの「臭み消し野菜」、あるいはスープや煮込みの「煮込み野菜」として使われてきましたが戦前の日本ではセロリの独特の臭いがあまり受け入れられなかったので、戦前はあまり普及しなかった野菜です。しかし、第2次世界大戦後の日本では欧米の食文化が盛んに入ってくるようになり、次第にセロリも料理の食材として使われるようになり、国内需要も高まっていきたので、本格的にセロリが栽培されるようになりました。

スーパーマーケットや八百屋さんで売れられているセロリは、複数の品種のものが販売されています。一般的に市場で販売されているセロリは、コーネル系と呼ばれている品種です。この品種は、茎に厚みがあり、葉の色は薄黄緑色をしています。グリーンセロリ系の品種にはセロリ独特の香りがあり、茎が緑色をしているミニタイプのセロリがあります。ホワイトセロリ系の品種の中には、水耕栽培によって作られた「ホワイトミニセロリ」と呼ばれる名前で販売されてい品種もあります。セロリは、欧米だけでなく中国で生産されている「スープセロリ」や「芹菜」と呼ばれている品種もあります。

セロリは独特の香りとシャキシャキとした食感があるため、生でサラダに使ったり、煮込み料理などでも使ったりすることができます。また、一株のセロリをベランダ菜園で育てると、料理の脇役としても使えるので重宝する野菜です。また、セロリは、豊富なビタミンやミネラルが含まれているので、健康に良い野菜です。特に葉の部分に含まれているβカロテンは、茎より2倍も多く含まれています。セロリの独特の香りは苦手な人も多いですが、「アピイン」や「セネリン」と呼ばれているストレス緩和に効果が期待されている成分が含まれています。

ベランダ菜園でおすすめのセロリの品種は、「トップセラー」、「コーネル619」、「スープセロリ」などです。セロリの香りが苦手な人は、香りが少ないコーネル系の品種がおすすめです。また、ベランダ菜園でスペースをあまり必要としない品種はミニタイプの「ミニホワイト」です。

明治時代頃から広まった外来野菜のクレソン

クレソンはヨーロッパ原産の外来野菜ですが、別名「オランダ水がらし」とも呼ばれ、日本には明治時代に渡来してきました。また、日本でクレソンは、主に河川敷や里山に流れている小川の川べりなどに自生しています。

クレソンは繁殖職が強いので、水につけておくだけで茎の部分から新しい根が出てきます、スーパーなどで販売されているクレソンは自生しているものではなく、栽培されているものがほとんどです。

クレソンは、大根に似た苦みと独特の香りがあるので、苦手な人も多い野菜です。また、クレソンは、料理の添え野菜やサラダなどに使われています。肉料理の添え野菜として使われる場合は、クレソンの辛味が肉の脂のしつこさを緩和してくれる西洋わさびと同じ効果が期待されています。。

セロリとクレソンは癖のある野菜ですがベランダ菜園では、プランターを使って育だてることができるので、おすすめの外来野菜です。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 家庭菜園インストラクター口コミ評判

    家庭菜園インストラクター口コミ評判

    家庭菜園インストラクターって知ってますか?家で野菜作りができたら良いですよね。夏によく庭…

    家庭菜園インストラクター口コミ評判
  2. 温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選

    温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選

    秋の野菜栽培はポイントを押さえれば簡単夏の暑さがやわらぎ、気候が安定する秋は、春に次いで野菜栽培…

    温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選
  3. いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選

    いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選

    年間を通じて栽培・収穫できる野菜とは普通、野菜は、種まきや植え付けの時期、収穫の時期が決まってい…

    いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選
  4. ベランダ菜園でラベンダー・レモン・きゅうりのプランターでの育て方

    ベランダ菜園でラベンダー・レモン・きゅうりのプランターでの育て方

    日本でラベンダー畑と言えば北海道の富良野が有名ですね。一口にラベンダーといっても20種類以上があり、…

    ベランダ菜園でラベンダー・レモン・きゅうりのプランターでの育て方
  5. 毎年おいしい野菜を収穫するために知っておきたい連作障害と輪作

    毎年おいしい野菜を収穫するために知っておきたい連作障害と輪作

    連作障害とは同じ植物を、土を変えず同じ場所で続けて栽培することを連作と言います。連作を行うと、植…

    毎年おいしい野菜を収穫するために知っておきたい連作障害と輪作
  6. 大事な株が真っ白に!家庭菜園の大敵うどん粉病の原因と対策

    大事な株が真っ白に!家庭菜園の大敵うどん粉病の原因と対策

    うどん粉病の症状うどん粉病は、多くの植物がかかる可能性のある病気です。葉や花、果実がうどん粉をま…

    大事な株が真っ白に!家庭菜園の大敵うどん粉病の原因と対策
  7. 葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方

    葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方

    ドラセナは非常に丈夫で育てやすいと言われている観葉植物で、初めて育てる植物として選ばれることも多いで…

    葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方
  8. 対策をしっかりすれば難しくない!夏に栽培したい野菜3選

    対策をしっかりすれば難しくない!夏に栽培したい野菜3選

    夏でも育てられる野菜はたくさんある野菜の栽培が最も簡単な時期は春です。気候が安定しており、害虫も…

    対策をしっかりすれば難しくない!夏に栽培したい野菜3選
  9. 園芸で大事な要素を担う土について

    園芸で大事な要素を担う土について

    庭での栽培でもプランター栽培でも使う土というのは、植物を育てるうえで非常に重要なものになります。土台…

    園芸で大事な要素を担う土について

プランター栽培の最近の記事

  1. じゃがいも育て方
  2. 落花生育て方
  3. ベランダ菜園
  4. ベランダ菜園の道具
  5. 野菜の育て方
  6. ベランダ菜園
  7. 野菜の育て方
  8. 育ちやすい野菜
  9. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP