見た目の素敵なプランター

まずは見た目から入っていくという人もいますが、初心者さんが挫折しないように見るだけで気分を上げてくれるような可愛い、素敵なプランターを選ぶのもコツのうちです。朝思わずベランダにでて眺めてみたくなるプランターなら最初に芽を出すまでの長く思われる時間も楽しく過ごせてあまり苦にならないでしょう。ホームセンター、ガーデンセンターなどには種類豊富なプランターが揃っています。カラフルな丸い鉢、木製の六角形のプランター、ヨーローッパの街角を彷彿とさせるようなものや、素焼きのシンプルなもの等々。またDIYの得意な方は木材を買ってきて自作してしまうということもできます。白くペイントしてもカントリー風の可愛い感じになりますね。とにかく気に入ったものを用意するのがいいでしょう。

プランターは家にあるものを利用する

ベランダ菜園ではなんと大根まで栽培ができるそうですが、皆さん麻袋などの深さのあるものをプランター代わりにしています。深いプランターということは土の量もその分増えるのですが、重さがあると動かすのも大変になるのと、マンションのベランダではなるべく土は少量がいいでしょう。それでも大根を作ってみたいという人にはペットボトルがおすすめです。2Lのペットボトルがあれば1本の大根を育てることができちゃいます。ただし売っているような大きなものはできないそうですが、それでもベランダで大根が作れたら嬉しいですね。もちろんそのままでは通気性が悪いので、水抜き用の穴をドライバーやキリをつかって底と側面に10個くらい開けるといいそうです。難点は多少不安定で倒れやすい事なのでその辺には工夫が必要です。

プランターは2~3個用意する

最初から張り切ってたくさんの野菜を手がけるのは、初心者さんにはあまり向いていないかもしれませんが、1種類よりは2~3種類あったほうが、楽しみも2~3倍になりますし、種類の違う野菜を育てることでその分ベランダ菜園の経験値も増えます。もし1つがダメになっても残り2つが成功すれば救われるので保険のような意味もありますね。また、ミニトマトなどは連作障害ということもあるので同じプランターに2年続けて同じものを植えない方が良い時にプランターが1つでは行き詰ってしまいます。2~3個あればプランターを交換して栽培を続けることが可能です。

プランターに入れる土

野菜を上手に育てるにはやはり栄養がカギになります。作物の出来を左右するのは「土」というのは常識ですね。どんな土が良いかは野菜の種類によって微妙に違ってきます。初心者が農家の人のように土づくりからやるのは大変ですし、そんなことをしなくても今はいい土を売っています。野菜専用に肥料が最初から加えられた培養土を手に入れましょう。野菜専用の培養土の他、例えば、トマト専用、きゅうりやゴーヤ専用の培養土等も売られているのでぜひ利用しましょう。せっかく育てるならちゃんと実をならせて収穫の喜びを味わいたいですから。もちろんそれでほったらかしというわけではありません。やはり追肥が必要になってきます。

或いは、そうした肥料すらやめて有機無農薬栽培を目指すなら、有機配合肥料というものを使うとよいそうです。堆肥、油粕、骨粉、鶏糞、牛糞などが混ざっているものです。

野菜の種や苗を手に入れる

ミニトマトなどは4月~5月頃にお花屋さんやガーデンセンターで苗を買ってくるのが初心者さんにはいいでしょう。また小松菜やラディッシュなど栽培期間が短く収穫しやすいものがおすすめです。

ベランダ菜園で育てる楽しみ、収穫の喜びをお子さんやご家族とぜひシェアしてみて下さいね。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ベランダ菜園で育てやすいおすすめの葉茎菜野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの葉茎菜野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの葉茎菜野菜は、ラッキョウとニラの2種類です。ベランダ菜園で育て…

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの葉茎菜野菜2選
  2. 観葉植物のレンタルとはどんなサービスなのか

    観葉植物のレンタルとはどんなサービスなのか

    観葉植物は自宅だけではなく、オフィスやショッピングモールなど様々な場所で見かけます。そんな身近に自然…

    観葉植物のレンタルとはどんなサービスなのか
  3. サボテンは本当に多肉植物の仲間か、それぞれの特徴を比べて検証

    サボテンは本当に多肉植物の仲間か、それぞれの特徴を比べて検証

    他の記事でも「サボテンは多肉植物の仲間」と書いてあることは多々あると思いますが、果たして本当にサボテ…

    サボテンは本当に多肉植物の仲間か、それぞれの特徴を比べて検証
  4. 初心者でも失敗しない家庭菜園向き野菜4選

    初心者でも失敗しない家庭菜園向き野菜4選

    品種が多い野菜ミニトマトミニトマトは、トマトの中でも重さ40g以下のものを言います。栽培が容易で…

    初心者でも失敗しない家庭菜園向き野菜4選
  5. 存在感のある丈夫な木、ゴムの木の育て方

    存在感のある丈夫な木、ゴムの木の育て方

    デコラゴムという名でよく流通されている観葉植物の品種がありますが、あれは通称「ゴムの木」といい、天然…

    存在感のある丈夫な木、ゴムの木の育て方
  6. 植物の成長に必要不可欠、肥料の基礎知識

    植物の成長に必要不可欠、肥料の基礎知識

    肥料の働き肥料とは、植物を健やかに生長させるために人の手で与える栄養分のことです。後述する三要素…

    植物の成長に必要不可欠、肥料の基礎知識
  7. 対策をしっかりすれば難しくない!夏に栽培したい野菜3選

    対策をしっかりすれば難しくない!夏に栽培したい野菜3選

    夏でも育てられる野菜はたくさんある野菜の栽培が最も簡単な時期は春です。気候が安定しており、害虫も…

    対策をしっかりすれば難しくない!夏に栽培したい野菜3選
  8. ベランダ菜園で育てるおすすめのサラダ野菜2選

    ベランダ菜園で育てるおすすめのサラダ野菜2選

    ベランダ菜園で育てるおすすめのサラダ菜は、アイスプラントと水菜の2種です。アイスプラントはあまり知名…

    ベランダ菜園で育てるおすすめのサラダ野菜2選
  9. 寒い地域でも手軽に育てやすい、寒さに強い観葉植物4選

    寒い地域でも手軽に育てやすい、寒さに強い観葉植物4選

    観葉植物だって実は付けなくても立派な植物ですから、暖かく日が当たる場所でないと育てられないと、寒い地…

    寒い地域でも手軽に育てやすい、寒さに強い観葉植物4選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP