品種が多い野菜ミニトマト

ミニトマトは、トマトの中でも重さ40g以下のものを言います。栽培が容易でたくさん収穫できるので、家庭菜園でも特に人気が高い野菜です。人気が高いがゆえに品種改良も進んでおり、育てやすく甘みも強い品種がたくさんあります。楕円形で糖度が10度と高いアイコや、桃太郎を元に生み出されたココ、実割れが少なく黄色い色のハニーイエローなどが、家庭菜園で人気です。
ミニトマトの植え付け時期は4月下旬から5月中旬ごろです。日なたを好みますが、半日陰でも十分育てることができます。植え付けをしてから2週間ほどしたら支柱を立てましょう。水は、土の表面が乾燥してきたら与えます。ミニトマトは少し乾燥気味の状態を好むため、水をやり過ぎると根腐れを起こしてしまいます。
ミニトマトは主枝のみを伸ばす1本仕立てが基本です。茎と茎の間からわき芽が生長してきたら手で摘み取りましょう。
植え付けから最短45日ほどで収穫することができます。同じ株でも収穫のタイミングは実によって少しずつ変わってくるので、1つ1つの実をよく観察しながら収穫します。

品種が多い野菜ナス

ナスも品種が多い野菜です。紫色で長いナスを目にする機会が多いですが、ボールのように丸い賀茂茄子や、きゅうりのような形で色が白い味しらかわなど、さまざまな色や形、味のものが出回っています。
ナスは、苗からであれば初心者でも十分に育てることができます。植え付けは4月上旬から5月上旬までです。プランターでも、株間は40cm程度と広めに取りましょう。植え付け後に仮支柱を立て、生長に合わせて大きい支柱に替えていきましょう。
ナスの実には水分が大量に含まれています。このため、水やりを怠ると実の付きが悪くなり、味も落ちてしまいます。特に開花後や実がつき始めてからは水切れに十分注意しましょう。背が高くなってきたら摘心し、わき芽の生長を促します。そのほかにも適宜剪定し、株の風通しを常に確保しましょう。
ナスは植え付けから60日ほどで収穫できます。実が10cm以上になったら付け根をハサミで切って収穫しましょう。

品種が多い野菜カブ

和食にも洋食にも活躍するカブは、サイズや色が多様です。代表的な品種である金町小かぶや、大型の聖護院かぶ、赤くサイズが小さいラディッシュなどがあります。カブはサイズによって大カブと小カブに分けられますが、初心者は、収穫までの時期が短い小カブの栽培から始めてみましょう。
カブは種まき時期が長いことが特徴です。春まきは3月上旬から6月中旬まで、秋まきは8月下旬から10月上旬までです。品種によって種をまく時期が少しずつ異なっているので、季節にあった品種を選ぶようにしましょう。条間を10cm以上とり、種を筋まきします。発芽がそろったら1度めの間引きを、その後さらに2回行い、最終的に株間が10cmになるようにします。
カブは肥料を大量に消費します。2回めと3回めの間引きの後に化成肥料を与えます。肥料が切れると実が太らないので、実の生長中は特に肥料切れに注意しましょう。
株の収穫時期は、大カブは60日から100日、小カブは40日から50日ほどです。付け根を持って引き抜けば簡単に収穫することができます。収穫タイミングを逃すと、実の中が空洞になり、味も落ちるので、適切な時期に収穫できるようにしましょう。

野菜炒めやサラダなど、多くの料理に使うことが出来るキャベツは、他の葉菜類に比べて栽培の難易度が高く、初心者が初めに育てるものとしてはおすすめできません。しかししっかり手順を守り病気や害虫などに気を付ければ育てることは可能です。この記事ではキャベツの育て方をご紹介いたします。

キャベツについての基礎知識

キャベツには春植えと秋植えがあり、種と苗から育てるのが選べますが、初めてキャベツを育てるという方は苗を買って育ててみた方が難易度も低く栽培しやすいです。苗を選ぶ際は葉が5枚から6枚で節と節の間が狭く、茎が強そうな苗を選びましょう。害虫が付きやすい野菜ですが、その分栄養も豊富で各種ビタミンや食物繊維を効率的に摂取出来ることに加え、遺産の分泌を抑えたり胃や腸の治癒能力を高める効果もある健康野菜ですので、毎日食べることをおすすめします。
一つが非常に大きくなるためプランターや植木鉢で育てる方は少ないですが、60cm以上の大型サイズで深型であれば育てられないことはありません。しかしキャベツは株間が30cm以上必要ですので育てるとしても一株が限界です。土は市販の培養土を使いましょう。
20℃前後の緩やかな気候を好む野菜ですので、夏の暑い時期になると比較的寒い地域で良く育てられるのが特徴でもあります。北海道の札幌では重さが12kg以上にも成長する「札幌大球キャベツ」という品種も存在し、葉が柔らかいため漬物にするのに相性が良いと言われています。家庭菜園では小さいサイズの品種が人気ですが、植える時期やお住いの地域の環境に合わせて品種を選ぶのが一番です。地元のホームセンターに行けば家庭菜園を熟知している店員さんがいるはずですので、おすすめの品種を尋ねてみてください。

キャベツの育て方

苗から植え付ける際の感覚は30cm~40cmが目安で、子葉が隠れてしまわないように意識しながら浅めに植えてください。植えたら根元を軽く抑えつけて水を多めにあげましょう。苗を植えたら寒冷紗という害虫から守る透明な布のようなものを掛けましょう。この寒冷紗はキャベツを育てる際には必須のアイテムですので絶対に手に入れてください。この時期に害虫に食べられてしまうとダメになってしまうので既に虫が入り込んでいないか確認してからかけてください。
苗を植え付けてからおよそ3週間ほどたった頃に一回目の追肥を行います。二回目は一回目から再び三週間程度たった後、芯となる葉が立つ頃に行います。苗を植えてから10週間ほど経つと結球が始まります。キャベツは収穫の時期を見極めるのが難しいのですが、丸まっている部分を手で押してみて、市販のキャベツのように引き締まっていればそれが食べごろとなります。下の葉を少し残して、株元から刃物で切り取り収穫しましょう。

栄養価も高く味も良い野菜

キャベツは害虫被害が酷いために難易度が高いと言われる野菜ですが、細心の注意を払い害虫対策をしっかりしているならば簡単に育てられる野菜とも言えます。栽培のための面積が広く必要になるため大きな庭が無いと育てるのは難しいかもしれませんが、是非一度は多くの人に挑戦していただきたい野菜でもあります。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. シンボルツリーにピッタリなオーガスタの育て方

    シンボルツリーにピッタリなオーガスタの育て方

    トロピカルな雰囲気の大きな葉が特徴的なオーガスタはウェルカムプランツやシンボルツリーとしてもよく利用…

    シンボルツリーにピッタリなオーガスタの育て方
  2. ガーデニング初心者サボテンの基本的な育て方

    多肉植物の仲間であるサボテンは、今や立派な市民権を得て多くの方に親しまれる植物になりました。針の無い…

    ガーデニング初心者サボテンの基本的な育て方
  3. 園芸で大事な要素を担う土について

    園芸で大事な要素を担う土について

    庭での栽培でもプランター栽培でも使う土というのは、植物を育てるうえで非常に重要なものになります。土台…

    園芸で大事な要素を担う土について
  4. 水やりを忘れても安心、乾燥に強い植物4選

    水やりを忘れても安心、乾燥に強い植物4選

    植物といえば水やりを毎日することで植物と触れ合う機会となって習慣となり、面倒だと思わず毎日様子を見れ…

    水やりを忘れても安心、乾燥に強い植物4選
  5. ベランダ菜園の野菜作りにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜2選

    ベランダ菜園の野菜作りにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜2選…

    ベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜は、ブロッコリーとコモチカンラン…

    ベランダ菜園の野菜作りにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜2選
  6. 家庭菜園で簡単にできるシイタケの育て方や初心者向け根野菜3選

    家庭菜園で簡単にできるシイタケの育て方や初心者向け根野菜3選

    家庭菜園で育てる野菜は主に葉菜類・果菜類・根菜類に分類されますが、菌類であるキノコもよく栽培される野…

    家庭菜園で簡単にできるシイタケの育て方や初心者向け根野菜3選
  7. 観葉植物に発生する虫の駆除方法

    観葉植物に発生する虫の駆除方法

    観葉植物は野菜や花に比べて虫の付きにくいものではありますが、特に外で育てているとどうしても虫がついて…

    観葉植物に発生する虫の駆除方法
  8. いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選

    いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選

    年間を通じて栽培・収穫できる野菜とは普通、野菜は、種まきや植え付けの時期、収穫の時期が決まってい…

    いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選
  9. ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選は、ミニチンゲン菜、ミニ人参、ミニ大根の3種です。これ…

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP