夏でも育てられる野菜はたくさんある

野菜の栽培が最も簡単な時期は春です。気候が安定しており、害虫もまだ活発に動き出さないため、初心者でも比較的失敗なく野菜を育てることができます。夏は、春に植え付けた野菜の収穫が終わり、家庭菜園が一段落する季節です。この時期は、土を休ませ、秋の植え付けのための準備期間とすることもあります。しかし、この時期に栽培を休むと、秋に野菜を収穫することができません。1年中新鮮な野菜を食べたいと考えるなら、夏にもぜひ種まき・植え付けを行いましょう。
夏は、春に比べれば栽培できる野菜は多くありませんが、それでも、葉野菜や根野菜を中心に、育てられる野菜はたくさんあります。暑さ対策や害虫対策をしっかり行えば、初心者にも決して難しくありません。
夏に栽培したい野菜を3種類後紹介します。

夏に栽培したい野菜ニンジン

ニンジンは種から育てることが普通です。種をまく時期は春と夏ですが、夏にまいた方が簡単に育てられます。ニンジンは収穫まで80日から100日ほどかかるため、春にまいた種は害虫が活発な時期に生長していきます。一方、夏にまいた種が収穫できるのは害虫被害が少なくなる11月ごろなので、栽培難易度が下がるのです。具体的な種まきの時期は、7月中旬から8月下旬です。ニンジンは、発芽の適温が15度から20度と高めのため、春まきより夏まきの方が生長も早くなります。
根野菜であるニンジンは移植に弱いため、植え替えはせず、最後まで同じコンテナで育てます。栽培する量に応じて、植木鉢なら深さが25cm以上のものを、プランターなら60cm以上のものを使用しましょう。種は、発芽率を上げるため一晩水につけておきます。種をまいたら土を軽くかぶせて、たっぷり水やりします。種が流れ出ないように、ジョウロのハス口を上に向けて水やりしましょう。
間引きは、本葉が1,2枚になった時、3,4枚になった時、5,6枚になった時の合計3回行い、最終的に株間が10cmになるようにしましょう。肥料は、2回めと3回めの間引きの後に与えます。根元が3,4cmの大きさになったら収穫の時期です。

夏に栽培したい野菜芽キャベツ

芽キャベツも、ニンジンと同じように春まきと夏まきがあり、夏まきの方が簡単に育てられます。種まきは7月下旬から8月上旬に行います。苗は8月下旬から10月中旬にかけて行います。収穫は、植え付けのタイミングにもよりますが、11月から翌年3月ごろの中の2ヶ月間ほど行えます。ここでは苗からの育て方をご紹介します。
苗は、色が濃く、茎が太いものを選びましょう。植木鉢は深さ30cm以上、プランターは幅60cm以上の深型のものを使います。株間は40cm以上取る必要があります。植え付けのタイミングで支柱を立てます。
芽キャベツは乾燥に弱いため、朝か夕方の涼しい時間に水をたっぷり与えましょう。肥料は2週間おきに与えます。苗の頃は株元近くに、大きくなってからは株からなるべく離した場所に置きます。
芽が2,3cmほどの大きさになったら収穫のタイミングです。手かハサミを使って収穫しましょう。

夏に栽培したい野菜スティックセニョール

スティックセニョールとは、ブロッコリーの一種で、細長い茎とアスパラガスのような甘みのある味が特徴の野菜です。茎ブロッコリーとも呼ばれています。種も苗も出回っていますが、ここではより簡単な苗からの育て方をご紹介します。
植え付けの時期は8月上旬から9月下旬にかけてです。栽培には40cm以上の深型のプランターを使用しましょう。苗の土が少し見えるくらい浅めに植え、支柱を立て、ゆるく結びます。植え付けが完了したら水を与え、その後は土が乾いてから水をたっぷり与えましょう。スティックセニョールは多湿を嫌うので、水のやりすぎには注意しましょう。
スティックセニョールは肥料を大量に消費します。半月に1度の割合で株元に触れないように肥料を撒きます。収穫後にも肥料を与えましょう。
茎の側面に現れる蕾を収穫するので、主枝の頂点にある蕾は取り除いてしまいます。植え付けから50日ほどで側枝20cm以上になったら収穫の時期です。切り口に水が溜まらないように、茎を斜めに切って収穫しましょう。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. そのままゴミにするのは勿体ない、キッチンで楽しむ水耕栽培

    そのままゴミにするのは勿体ない、キッチンで楽しむ水耕栽培

    水耕栽培とは、土を必要としない植物の栽培方法で、非常に簡単に野菜などを作ったり再生したり可能なため、…

    そのままゴミにするのは勿体ない、キッチンで楽しむ水耕栽培
  2. 良い土の定義とは。ブレンドする際の注意点や配合例

    良い土の定義とは。ブレンドする際の注意点や配合例

    長くガーデニングや家庭菜園を楽しんでる方は、続けているうちに自分専用のオリジナルブレンドで土を作りた…

    良い土の定義とは。ブレンドする際の注意点や配合例
  3. ベランダ菜園で育てやすいおすすめの外来野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの外来野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの外来野菜は、セロリとクレソンの2種です。この2種類の野菜は日本の食…

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの外来野菜2選
  4. ベランダ菜園でおすすめの夏蒔き秋取り野菜2選

    ベランダ菜園でおすすめの夏蒔き秋取り野菜2選

    ベランダ菜園で夏に種を蒔いて秋に収穫ができるおすすめの野菜は、ロマネスコとキャベツの2種です。これら…

    ベランダ菜園でおすすめの夏蒔き秋取り野菜2選
  5. 育てやすいアオエニウム属の多肉植物4選

    育てやすいアオエニウム属の多肉植物4選

    多肉植物は多くの科・属に分類されますが、その特徴はどれもが違い、水やりや肥料の時期など育て方も大きく…

    育てやすいアオエニウム属の多肉植物4選
  6. いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選

    いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選

    年間を通じて栽培・収穫できる野菜とは普通、野菜は、種まきや植え付けの時期、収穫の時期が決まってい…

    いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選
  7. 食虫植物を育てる上で知っておきたい注意点

    食虫植物を育てる上で知っておきたい注意点

    食虫植物は育てている人口が他の植物と比べ非常に少ないため、なかなか人に直接育て方を聞くということがで…

    食虫植物を育てる上で知っておきたい注意点
  8. 目に見えない厄介な害虫センチュウの被害と駆除方法

    目に見えない厄介な害虫センチュウの被害と駆除方法

    センチュウの基本情報センチュウとは、細い糸のような透明な体をもつ虫です。種類がたいへん多く、数万…

    目に見えない厄介な害虫センチュウの被害と駆除方法
  9. 初心者が育てやすい中華料理に活躍する野菜3選

    初心者が育てやすい中華料理に活躍する野菜3選

    中華料理に活躍する野菜チンゲンサイチンゲンサイは種から育てますが、栽培期間が短く特別な管理も必要…

    初心者が育てやすい中華料理に活躍する野菜3選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP