秋の野菜栽培はポイントを押さえれば簡単

夏の暑さがやわらぎ、気候が安定する秋は、春に次いで野菜栽培に適した季節です。空気が乾燥するため多湿による病気も減ってきますし、晩秋には害虫の活動も落ち着いてきます。夏と比べて日光も強烈でないため、時間帯や天気によってコンテナを移動させるという作業も必要なくなります。
秋の栽培で気をつけたいのが、朝晩の冷え込みです。日中は暖かくても、日が暮れてからの温度が生育適温を下回る日が続くと、植物の元気がなくなってしまいます。特に苗の時期に適切な温度管理ができないと、苗が枯れてしまう恐れもあります。1日を通した気温の急激な変化を意識することが大切です。
また、この時期に植え付けた野菜の中には、越冬させ、春に収穫するものもあります。冬の寒さ対策もしっかり行いましょう。

秋に栽培したい野菜タマネギ

タマネギは、収穫までの期間が長いのですが、そこまで手間がかからないため初心者にも十分育てることができます。タマネギの品種には、極早生・早生・中生などがあり、それぞれ植え付け時期が異なります。いちばん早い極早生は11月上旬に、中生は11月下旬から12月上旬ごろです。種から育てることもできますが、手間がかかるため、初心者には苗から育てることをおすすめします。
土は市販の培養土を使います。60cm以上のプランターに、株間を10cmほど空けて植え付けます。1株が必要とするスペースがそこまで広くないので、株を2列にして植え付けることもできます。苗の下の白くなっている部分がわずかに地上に出るように浅めに植え付けたら、たっぷり水を与えます。
追肥は、実が生長する前の冬の時期に行います。時期と回数は品種により異なります。
春になって、茎が6割ほど倒れたら収穫時期です。株元を持って、引き抜きましょう。腐食を防ぐために、晴れた日を選び、2,3日ほど土の上に置き、根を完全に乾燥させましょう。

秋に栽培したい野菜シュンギク

鍋の具材として活躍するシュンギクは、種まきから収穫まで40日ほどと栽培期間が短いため、初心者にも育てやすい野菜です。
種まきは9月上旬から10月中旬に行います。60cm以上のプランターに、1cmほどの間隔で種をまきます。発芽に光が必要なため、土は軽くかぶせます。タネが流れ出さないようにハス口を上に向けてたっぷり水やりをします。
間引きは、本葉が1,2枚のころと3,4枚のころ、5,6枚のころ合計3回行います。最終的に株間が15cm程度になるようにしましょう。間引いた葉も食べることができます。肥料は4週間に1回与えます。
草丈が25cmから30cmになったら収穫です。茎を5cmほど残し、ハサミで切って収穫しましょう。茎を残しておくことでわき芽が生長し、長い期間収穫を楽しむことができます。

秋に栽培したい野菜ニンニク

ニンニクは収穫までの期間が長い野菜ですが、病気や害虫の被害に遭いにくいため、簡単に育てることができます。
ニンニクは種球から育てます。植え付けの時期は9月下旬から10月下旬です。種球の皮をむいて小片に分けます。育てる数に合わせて植木鉢かプランターを用意し、小片の尖った方を上に向けて15cmほどの間隔で植え付けます。たっぷり水を与え、発芽までは日陰に置いておきましょう。発芽まで30日ほどかかります。追肥は、発芽した時と2月以降の合計2回行います。
草丈が10cmほどになったらわき芽かきをします。いちばん強い茎を1本だけ残し、ほかは全て取り除きます。春には花芽が生えてきますが、全て摘み取ります。
5月から6月ごろが収穫の時期です。茎が8割ほど枯れたら引き抜いて収穫しましょう。

ベランダ菜園資格取得の通信教育講座   ベランダ菜園資格取得の通信教育講座

関連記事

  1. 必須の作業だからこそ基本を知っておきたい、水やりする際の注意点

    必須の作業だからこそ基本を知っておきたい、水やりする際の注意点

    どんな植物でも、大きく育てるためには水やりという作業は必須になります。植物によって頻度は変わりますが…

    必須の作業だからこそ基本を知っておきたい、水やりする際の注意点
  2. 栽培成功の鍵を握る正しい野菜苗の選び方

    栽培成功の鍵を握る正しい野菜苗の選び方

    苗選びの重要性家庭菜園で野菜を育てるなら、せっかくなら一から自分で育てたいと思うかもしれません。…

    栽培成功の鍵を握る正しい野菜苗の選び方
  3. ベランダ菜園で育てやすく市場にあまり出回っていないおすすめの中国野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすく市場にあまり出回っていないおすすめの中国野菜2…

    ベランダ菜園で育てやすく、あまり市場に出回っていないおすすめの中国野菜は、セイホン(雪菜)と中国パク…

    ベランダ菜園で育てやすく市場にあまり出回っていないおすすめの中国野菜2選
  4. 簡単なようで奥が深い水やりの基本と注意点

    簡単なようで奥が深い水やりの基本と注意点

    家庭菜園での水やり水は、日光や養分と並び、植物の生育に必要不可欠なものです。水が足りないと植物が…

    簡単なようで奥が深い水やりの基本と注意点
  5. おいしい野菜を収穫するために 家庭菜園における肥料の施し方

    おいしい野菜を収穫するために 家庭菜園における肥料の施し方

    元肥と追肥肥料は、与えるタイミングの違いから、元肥と追肥の2種類に分けることができます。元肥…

    おいしい野菜を収穫するために 家庭菜園における肥料の施し方
  6. 春のガーデニングにおすすめの育てやすい花5選

    春のガーデニングにおすすめの育てやすい花5選

    多くの植物が芽吹く春は花を植えて育てるのにも適した時期で、春の花と呼ばれている花はとても多いです。様…

    春のガーデニングにおすすめの育てやすい花5選
  7. 家庭菜園の強い味方!知っておきたい益虫の知識

    家庭菜園の強い味方!知っておきたい益虫の知識

    益虫とは植物の栽培で避けては通れないのが害虫対策です。葉や根を食い荒らたり茎の中に卵を産んだりし…

    家庭菜園の強い味方!知っておきたい益虫の知識
  8. ベランダ菜園でおすすめの夏蒔き秋取り野菜2選

    ベランダ菜園でおすすめの夏蒔き秋取り野菜2選

    ベランダ菜園で夏に種を蒔いて秋に収穫ができるおすすめの野菜は、ロマネスコとキャベツの2種です。これら…

    ベランダ菜園でおすすめの夏蒔き秋取り野菜2選
  9. 水やりを忘れても安心、乾燥に強い植物4選

    水やりを忘れても安心、乾燥に強い植物4選

    植物といえば水やりを毎日することで植物と触れ合う機会となって習慣となり、面倒だと思わず毎日様子を見れ…

    水やりを忘れても安心、乾燥に強い植物4選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP