夏の日が照り付ける時期は人にとっては苦しいですが、植物にとっては成長するための糧になる日光を効率よく浴びることができます。この記事では、夏から楽しめる花の中から育てやすいものを厳選して5つご紹介いたします。

サルビア

赤く燃えるような花が咲くのが特徴のサルビアは多年草で、とても長い間楽しむことが出来る花です。開花時期はだいたい5~11月の間で、夏になる前には追肥も必要になります。苗は春になってからホームセンターなどで販売されるためお近くの販売店をチェックしましょう。土が全体的に乾いてきたらすぐにたっぷり水やりします。水やりを忘れると乾燥によりツボミや花が落ちてしまう事もありますので水分管理には特に気を付けてください。

ゼラニウム

ゼラニウムは特に夏によく育つ花ですが、真夏と真冬を除いて一年中花を咲かせる多年草で、赤やピンク、白や紫などの花色があります。とても丈夫な花で乾燥に強いという性質がありますが、湿気を好まない植物ですので、ベランダ菜園であまり雨が続くようでしたらその都度部屋に移すことも必要になるかもしれません。花が咲いている時期には月に2~3回液肥を与えるとより質の良い花が育ちます。

ペンタス

見た目は淡いピンク色のものが多く春に作は何も見えますが、開花時期は5月から11月の間で、夏の暑さに強い花です。丸いフォルム目立つ花ですので、プランターや鉢植えのメインとなる花にされることが多いです。成長期には栄養を多く必要とする花ですので、肥料は2カ月に1回、月に2回ほど液肥を切らすことなく与えましょう。病気や害虫の心配もほとんどない花ですが、もしアブラムシが発生した場合はすぐに薬品を散布しましょう。

マリーゴールド

学校で育てた経験がある方も多いのではないでしょうか。春から冬にかけて花が咲きますが、よく夏の暑い時期に植えられることが多い花です。ほとんど肥料を与えなくても元気に花を咲かせるため、水のやりすぎに気を付ければガーデニング初心者でも簡単に育てることができます。しかしもし元気が無いように思えたら、月に2~3回液肥を与えても問題ありません。猛暑日の酷く乾燥している日にはハダニが発生することもあるため、見つけた際には殺虫剤を散布しましょう。

ヘメロカリス

ニッコウキスゲの仲間であるヘメロカリスはとても丈夫で日陰でもしっかり育ち、どんどん花が咲いていくため簡単に育てることができます。基本的に水はけのよい土ならどこでも育てられますが、まれにアブラムシが発生してしまう事もあるので見つけ次第薬剤を散布してください。6月から8月の間に咲く花で明るい花色が多く、大きめの花が庭を彩ってくれるでしょう。

植物にとって大切な糧

植物は基本的に水と日光があれば育っていくものですので、直射日光がそのまま植物に当たる暑い夏は植物にとっては嬉しい季節です。中には日光に当たりすぎて葉焼けしてしまう花や暑さに弱い品種もありますが、上記で紹介した夏の花は日光に当たることによってどんどん育っていくものばかりです。もし日当たりの良い庭やベランダをお持ちの方は、せっかくですので日光が照り付ける夏にすきな花を育てていただきたいです。

ゴーヤはニガウリ、またはツルレイシと呼ばれる熱帯アジア原産の果菜類です。沖縄県や南九州で多く栽培されていますが、果肉にはビタミンがたっぷり含まれており夏バテ防止に良いとされていて最近、全国で注目を集めています。暑い夏でもぐんぐん育ち、プランターでも育てやすく葉が広がるのでグリーンカーテンとしても最適な野菜です。ゴーヤと一口で言ってもいろんな品種があり、苦みの強いものから苦みが少なくサラダにも最適なものもあるんですよ。そこで、ベランダでも作りやすいおすすめのゴーヤの品種をご紹介します。

家庭菜園にピッタリな「あばしゴーヤ」

沖縄地方でよくみられるずんぐりむっくりとしたゴーヤです。丈夫で育てやすく果実もたくさん生るのでゴーヤを始めて育てる方に最適です。苦みは少なめでジューシーなので食べやすく、サラダやジュースにしてもいいですよ。種を取れば来年も育てることができます。

グリーンカーテンにgood「中長ゴーヤ」

長いという名前ですがそれほど大きくはならず、細いという印象のゴーヤです。果実はそれほど多く実りませんので、収穫を目的とせずグリーンカーテンを作りたいときに向いています。もちろん果実は食べることができ、でこぼこ部分が細かく少し苦みを感じます。薄切りにして塩もみや塩ゆでしてから料理に使うと程よい苦さで美味しく食べることができます。固定種なので種を採取して来年も使うことができます。

サラダに最適「白ゴーヤ」

その名の通り、真っ白になるものや薄い緑色になる品種があり、とてもきれいで苦みはかなり少なくサラダの色どりとしても最適です。比較的乾燥にも強く、ツルがどんどん伸びますので初心者でも比較的作りやすいです。早取りすると苦みが強いので、真っ白になってから収穫したほうが良いです。固定種ではありませんので種を取っても来年は発芽しにくいです。

長い「さつま大長レイシ」

九州地方でよく作られているゴーヤで、果実が大変細長くなります。30cmを超えることもよくあります。80cmぐらいまで成長することもあり、その分、完熟するのが遅く収穫が遅れても大丈夫な品種です。そこそこの数の果実が生りますので、成長すると全体的に重くなりネットや支柱が倒れてくる可能性があります。苦みは普通のゴーヤ並みで、長いので種を取るのが大変手間がかかるという難点もあります。

ゴーヤの花にはオスとメスがある

ゴーヤは成長してくると、黄色くて小さな可愛い花が咲きます。この花の元を見ると、小さなゴーヤの子供のようなものを持っている花があります。これが雌花です。雄花は何もついていません。普通は虫などが飛び回り受粉してくれるのですが、集合住宅の上の方の階などで栽培する場合、虫がやってこれない場合がありますよね。そんな時は、雄花を取って雌花に花粉を付けてあげましょう。朝、あまり早い時間帯では花が開いていない時がありますので、花が開いてから1日1回程度でいいので受粉するようにします。雌花が持っているゴーヤの子供が大きくなってきたら受粉は成功。その後はどんどん大きくなってきます。雌花がポロポロと落ちてしまう場合は、栄養が足りていないので追肥などを行うのが良いでしょう。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ベランダ菜園の人気のブログ7選

    ベランダ菜園の人気のブログ7選

    んだべな実験農園公開ノート(eoblog)こちらのブログは右側にカテゴリがあり、野菜の種類がズラ…

    ベランダ菜園の人気のブログ7選
  2. 観葉植物の基本的な育て方と注意点

    観葉植物の基本的な育て方と注意点

    大きな手間も掛からず部屋に置くだけでその空間を彩りお洒落に見せてくれる観葉植物は、ガーデニングや家庭…

    観葉植物の基本的な育て方と注意点
  3. 収穫量とおいしさをアップする野菜の株の整え方

    収穫量とおいしさをアップする野菜の株の整え方

    野菜の剪定とは種から育てた植物は、発芽した苗が重なり合わないように数回に分けて間引きを行います。…

    収穫量とおいしさをアップする野菜の株の整え方
  4. 温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選

    温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選

    秋の野菜栽培はポイントを押さえれば簡単夏の暑さがやわらぎ、気候が安定する秋は、春に次いで野菜栽培…

    温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選
  5. 多肉植物を育てる前に知っておきたい基本の育て方

    多肉植物を育てる前に知っておきたい基本の育て方

    多肉植物とは茎や葉に水分を多く含んだ植物で、とても肉厚でぷよぷよしている葉が特徴で、手入れも非常に簡…

    多肉植物を育てる前に知っておきたい基本の育て方
  6. ベランダ菜園でも収穫出来るおすすめのイモ類野菜2選

    ベランダ菜園でも収穫出来るおすすめのイモ類野菜2選

    ベランダ菜園でも収穫出来るおすすめのイモ類野菜は、根菜野菜の里芋と長芋の2種類です。これら2種類のイ…

    ベランダ菜園でも収穫出来るおすすめのイモ類野菜2選
  7. ベランダ菜園の野菜作りにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜2選

    ベランダ菜園の野菜作りにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜2選…

    ベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜は、ブロッコリーとコモチカンラン…

    ベランダ菜園の野菜作りにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜2選
  8. 育てやすいエケベリア属の多肉植物4選

    育てやすいエケベリア属の多肉植物4選

    多肉植物は多くの属科に分類され、園芸用の品種も合計すると今は20,000以上の品種が存在しております…

    育てやすいエケベリア属の多肉植物4選
  9. 植物のストレスを最小限にする、正しい野菜苗の植え付け方法

    植物のストレスを最小限にする、正しい野菜苗の植え付け方法

    植え付けとは植え付けとは、購入してきた苗を植木鉢やプランターなど、栽培したい場所に植えることです…

    植物のストレスを最小限にする、正しい野菜苗の植え付け方法

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP