多肉植物は特別な手入れも必要なくほとんど水やりのみで育てられると多くの人に親しまれている植物です。しかし多肉植物の中には生育サイクル(=成長期)が3つのパターンに分かれているため、厳密には肥料などを与えるのに適した時期などが決まっているのです。特に多くの品種を寄せ植えしたい場合には、事前に調べて知っていただきたい生育サイクルについてをこの記事ではタイプごとの特徴や育てるうえで気を付けるポイントをご紹介いたします。

植物らしい夏型

夏型に分類される代表的な品種は「アロエ・カランコエ・アガベ・クラッスラ・アボニア」などです。特にアロエは食用でも有名ですね。熱帯地方の雨がよく降る土地が原産で日差しを好むため、20~30℃が生育期間と呼ばれています。そのため成長は春から秋にかけて、冬には休眠する植物です。ですので日当たりの良い場所におき、夏の成長期にたっぷり水やりすることを心がけて、もし肥料を与えたい場合は夏が効果的です。冬の休眠中は水やりは控えましょう。酷く乾いているのが目立つ場合は与えても問題ありません。冬でも日当たりの良い場所に置いてください。直射日光には注意で、外で育てる場合は雨の当たらない場所に置くことが重要です。

寒くなると活発になる冬型

原産地が南アフリカの高地や高山である多肉植物は低い気温で育ってきたため「冬型」と呼ばれています。主な品種は「セネキオ・リトープス・コノフィツム・ダドレア」などがあげられ、5~20℃が元気に育つ上での適温なため、日本の猛暑日には少し弱ったように見えるかもしれません。30℃を超える特別暑い日には扇風機を向けてあげるのが良いでしょう。暑い地域にもかかわらず放っておくと夏を越せず弱り枯れてしまいます。6~8月が休眠期ですのでその期間は水やりを控えましょう。成長期が9~5月までですので冬でも土が乾いたらしっかり水やりすることが元気に育てるためのポイントです。

1年に2回成長期が来る春秋型

春と秋に成長が活発になる春秋型と呼ばれる多肉植物は、10~25℃の人間にも快適な温度で元気に育っていきます。代表的な品種では「オロスタキス・セダム・センペルビブム・ハオルチア・パキフィツム」などになります。もしかしたら情報によって夏型と春秋型どちらにも分類されてどちらが正しいのかわからないかもしれませんが、夏型に分類されるものなのに春秋型にも含まれるものは、世界の標準的な夏には育つけれど日本の酷い暑さには耐えられなかった多肉植物になります。成長期が春の4~6月と秋の9~11月になりますので、その時期は日当たりと風通しの良い場所に置いてください。夏の間は明るい日陰で育てるのが一番です。直射日光に弱いため、長時間当たると痛んでしまいますので気を付けましょう。

個性たっぷりの多肉植物

多肉植物はその色・形の個性的な部分が野菜や花とは違いますが、成長期もこのように異なってくるという点はやはり同じ植物だと感じられます。どの植物でも育ちやすい季節があるように、野菜にだって旬があるように多肉植物も苦手な時期や育ちやすい季節があるのです。最初はあまり気にする必要は無いかもしれませんが、寄せ植えをしたいと考えた時はこの生育サイクルについてしっかり考えなければいけませんので、その際は一度成長期について思いだしてください。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 植え替えをして多肉植物を長く元気に育てる方法

    植え替えをして多肉植物を長く元気に育てる方法

    多肉植物は基本的に数日に一度の水やりで育つ植物ですが、数ヶ月、1年が経ったならば植え替えの時期かもし…

    植え替えをして多肉植物を長く元気に育てる方法
  2. 100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの用土4選

    100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの用土4選

    100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜作りにおすすめの用土は、赤玉土、腐葉土、ピートモス、バーミ…

    100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの用土4選
  3. 手入れは水やりのみ、置くだけで癒される観葉植物4選

    手入れは水やりのみ、置くだけで癒される観葉植物4選

    誰でも手軽に自然を楽しめる観葉植物はインテリアとして使われることも多く、置いてあるだけでオシャレな家…

    手入れは水やりのみ、置くだけで癒される観葉植物4選
  4. パンジーとビオラに明確な違いは存在するのか

    パンジーとビオラに明確な違いは存在するのか

    ホームセンターなど花や苗が売っている店に行くと必ずと言っていいほど見かけるパンジーとビオラですが、こ…

    パンジーとビオラに明確な違いは存在するのか
  5. 栽培成功の鍵を握る正しい野菜苗の選び方

    栽培成功の鍵を握る正しい野菜苗の選び方

    苗選びの重要性家庭菜園で野菜を育てるなら、せっかくなら一から自分で育てたいと思うかもしれません。…

    栽培成功の鍵を握る正しい野菜苗の選び方
  6. 寒い地域でも手軽に育てやすい、寒さに強い観葉植物4選

    寒い地域でも手軽に育てやすい、寒さに強い観葉植物4選

    観葉植物だって実は付けなくても立派な植物ですから、暖かく日が当たる場所でないと育てられないと、寒い地…

    寒い地域でも手軽に育てやすい、寒さに強い観葉植物4選
  7. 知らないうちに被害が広がる根こぶ病の原因と対策

    知らないうちに被害が広がる根こぶ病の原因と対策

    根こぶ病の症状根こぶ病とは、アブラナ科の野菜の根に発生する病気です。発病すると、根が異常に生長し…

    知らないうちに被害が広がる根こぶ病の原因と対策
  8. ベランダ菜園で育てやすいおすすめの「リサイクル根菜野菜」4選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの「リサイクル根菜野菜」4選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの「リサイクル根菜野菜」はヤマユリ、タマネギ、ホースラディッシュ、ク…

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの「リサイクル根菜野菜」4選
  9. ベランダ菜園で育てやすいおすすめの葉茎菜野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの葉茎菜野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの葉茎菜野菜は、ラッキョウとニラの2種類です。ベランダ菜園で育て…

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの葉茎菜野菜2選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP