うどん粉病の症状

うどん粉病は、多くの植物がかかる可能性のある病気です。葉や花、果実がうどん粉をまぶしたように真っ白になり、それが徐々に広がっていく病気です。4月から10月にかけて発症する可能性がありますが、5月から7月と、9月から10月は特に発症しやすくなります。発生の温度は17度から25度です。気温の高い真夏には、放っておいても自然治癒します。
うどん粉病が葉に発生すると、光合成が阻害され、株の成長が妨げられます。その結果、花が咲かなくなったり、実の味が悪くなったりしてしまいます。
うどん粉病は多くの野菜がかかる病気ですが、トマトならトマトのうどん粉病、キュウリならキュウリのうどん粉病と、野菜によってうどん粉病の種類が異なります。このため、別の種類の野菜にうどん粉病が感染することはありません。また、枯れた株には発生しないことも特徴です。

うどん粉病の原因

うどん粉病は、カビの胞子が株につくことで発生します。土中に潜むカビの胞子が、風や水の跳ね上げにより植物に付着し、広がっていきます。涼しく乾燥した気候の際に発生しやすくなるため、空梅雨の年や、秋の乾燥した時期には特に注意が必要です。また、日当たりが悪いことや、株の風通しが悪いことも発生の原因となります。混んだ葉を剪定せずにそのままにしたり、鉢同士の距離が近かったりすると風通しが悪くなり、発症のリスクが高まります。

うどん粉病の予防

うどん粉病の予防のためには、株を日当たりのいい場所に置くこと、株の風通しを確保することが大切です。鉢同士の距離を取り、同じ種類の野菜を隣り合わないようにすることで、発生しても感染を防ぐことができます。
窒素分の多い肥料を与えすぎると、株が弱くなり、うどん粉病にかかりやすくなります。肥料を多めに与えても生長が早くなるわけではありません。必ず適量を守りましょう。
乾燥を避けるためには水やりが欠かせませんが、水やりの方法を間違えると感染の原因になってしまいます。水は、株元に向かって低い位置から与えましょう。高い位置から与えると、土とともに土中の病原菌が跳ね上がり、株についてしまいます。土をワラやマルチング材で覆うことで、跳ね上がりを防ぐという方法もあります。また、乾燥を心配するあまり水やりの頻度を増やしてしまうと、別の病気にかかってしまう可能性が高まります。一度に与える量を多くすることで、乾燥を防ぎましょう。

うどん粉病の治療法

うどん粉病は、早期に発見できれば簡単に治療できる病気です。乾燥する時期はもちろんのこと、常に株の様子をよく観察しておきましょう。野菜がうどん粉病にかかったら、まずは症状が出ている部分をちぎって様子を見ましょう。それでも治らなければ、お酢を水で30倍に薄めた液を、霧吹きで株全体にまんべんなく吹きかけます。重曹を800倍に薄めたものでも効果が期待できます。葉の裏にも忘れずに散布しましょう。水が蒸発した後重曹の粉が残るので、水でしっかり洗い流します。初期段階であれば、これらの方法で治療できる可能性が高いのですが、病気が株全体に広がっている場合や、確実に治療したい場合は、市販の薬剤の使用をおすすめします。自然由来の成分だけで作られた薬剤も売られているので、農薬の使用に抵抗のある人でも安心して使用できます。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 一人暮らしでも育てやすい多肉植物や観葉植物9選

    一人暮らしでも育てやすい多肉植物や観葉植物9選

    多肉植物について調べた事のある方は「セダム」という名前も聞いたことがあると思います。セダムはセダム属…

    一人暮らしでも育てやすい多肉植物や観葉植物9選
  2. 風水にもピッタリな育てやすい観葉植物4選

    風水にもピッタリな育てやすい観葉植物4選

    観葉植物はインテリアとして多くの家庭で使われていますが、風水好きの方は部屋に置く観葉植物ももちろんこ…

    風水にもピッタリな育てやすい観葉植物4選
  3. ベランダ菜園で育てやすいおすすめの外来野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの外来野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの外来野菜は、セロリとクレソンの2種です。この2種類の野菜は日本の食…

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの外来野菜2選
  4. 栽培成功の鍵を握る正しい野菜苗の選び方

    栽培成功の鍵を握る正しい野菜苗の選び方

    苗選びの重要性家庭菜園で野菜を育てるなら、せっかくなら一から自分で育てたいと思うかもしれません。…

    栽培成功の鍵を握る正しい野菜苗の選び方
  5. 野菜の生長に欠かせないコンテナ栽培の間引きの方法

    野菜の生長に欠かせないコンテナ栽培の間引きの方法

    間引きとは間引きとは、種から発芽した苗の中から、生長の悪い苗を選んで抜いていく作業のことです。植…

    野菜の生長に欠かせないコンテナ栽培の間引きの方法
  6. ベランダ菜園でおすすめの夏蒔き秋取り野菜2選

    ベランダ菜園でおすすめの夏蒔き秋取り野菜2選

    ベランダ菜園で夏に種を蒔いて秋に収穫ができるおすすめの野菜は、ロマネスコとキャベツの2種です。これら…

    ベランダ菜園でおすすめの夏蒔き秋取り野菜2選
  7. ベランダでサラダの材料やトマトのグリーンカーテンの育て方

    ベランダでサラダの材料やトマトのグリーンカーテンの育て方

    ベランダ菜園の良いところはとれたてをすぐに食べることができるということです。お店で売っている野菜は、…

    ベランダでサラダの材料やトマトのグリーンカーテンの育て方
  8. ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選は、ミニチンゲン菜、ミニ人参、ミニ大根の3種です。これ…

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選
  9. 家庭菜園に慣れてきたら挑戦したい栽培期間が長い野菜3選

    家庭菜園に慣れてきたら挑戦したい栽培期間が長い野菜3選

    栽培期間が長い野菜ニンニクニンニクは収穫まで7,8ヶ月ほどかかります。越冬させる必要がありますが…

    家庭菜園に慣れてきたら挑戦したい栽培期間が長い野菜3選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP