べと病の症状

べと病は、葉に被害を及ぼす病気です。はじめは葉に黄色い斑点ができ、斑点が広がりながら濃い色になります。その後、葉の表面全体が枯れたように茶色くなり、葉の裏側には灰色や黒のカビが現れます。病気は下の方の葉から発生し、上に向かって広がっていきます。雨に濡れると葉がべとつくことから、この名前がつきました。
べと病は、昼夜の気温差が激しい3月から4月、9月から10月にかけて発生しやすくなります。気温は15度から20度、夜の湿度が85%以上の環境を好むため、特に梅雨の時期には注意が必要です。真夏には発生しにくくなります。
べと病は、キュウリやカボチャなどのウリ系の野菜や、玉ねぎ、ほうれん草などがかかりやすい病気です。これらの野菜を育てる時には特に注意しましょう。野菜によってべと病の種類が異なりますが、例えば、カボチャのべと病がキュウリに感染することもあります。

べと病の原因

べと病は、糸状菌というカビが原因で起こる病気です。風によって飛んできた菌が、葉の気孔から植物に入り込みます。菌は、葉が濡れていないと侵入することができません。土の水はけが悪く、土が常に湿った状態だと繁殖しやすくなります。日当たりや風通しが悪いことも感染の原因です。発症した株をすべて取り除いても、土の中に菌が潜伏しています。土を消毒せずに再利用すると、新しい株にも感染してしまいます。菌は越夏や越冬をするため、一度でも感染した土は使用しないようにしましょう。
肥料不足や、雨に当たり続けることなどで植物が弱っている時にも発症しやすくなります。

べと病の予防

べと病の予防のためには、日当たりと風通しを確保しましょう。株が混んできたら剪定をする、雨が続く場合には株を軒下に避難させるなどして、株周りの湿度を低く保てるように注意します。
べと病は、実ができはじめてから肥料切れを起こすと、急激に発生しやすくなります。実がなる時期には特にカリウムが不足しやすくなります。肥料切れを起こす前に適切なタイミングで追肥を行いましょう。
春と秋の、夜間の気温が低い時期には、日中の温かい時間帯に水やりを行うようにします。夕方の水やりは、水の蒸発までに時間がかかり、病気が発生しやすくなるため、避けましょう。
他にも、連作障害がある野菜は輪作を徹底すること、土にマルチングを施すことなどでべと病を予防することができます。

べと病の治療法

べと病の感染を確認したら、症状が出た葉っぱと、その周辺の葉っぱを取り除きましょう。症状が株全体に広がってから完治させるのは困難です。このため、感染の可能性がある葉っぱは、症状が出ていなくても取り除いた方が安心です。取り除いた葉から感染する可能性もあるので、しっかり処分しましょう。
べと病は対応が遅れると、株全体を処分しなくてはいけなくなります。また、風に乗ってほかの株に感染する可能性もあります。心配な場合は、予防段階や、発症初期の段階からべと病に効く薬剤を散布してもいいでしょう。べと病の菌は、葉の裏側の気孔から侵入してくるので、葉の裏にも忘れずに薬剤を散布しましょう。
薬剤は農薬と違い、適切な量や使用法を守れば、野菜や人体への影響はほとんどありません。株を病気から守るために積極的に使用しましょう。

ベランダ菜園資格取得の通信教育講座   ベランダ菜園資格取得の通信教育講座

関連記事

  1. ベランダで育てるピーマンやトウモロコシやシシトウやオクラの育て方

    ベランダで育てるピーマンやトウモロコシやシシトウやオクラの育て方

    夏になれば家族や友達が集まってバーベキューパーティーを開くこともありますよね。バーベキューにはお肉は…

    ベランダで育てるピーマンやトウモロコシやシシトウやオクラの育て方
  2. ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選

    ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選

    夏のベランダ菜園の日除け対策におすすめのグッズは、100円ショップで購入できる「遮光ネット」、「ツル…

    ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選
  3. 簡単なようで奥が深い水やりの基本と注意点

    簡単なようで奥が深い水やりの基本と注意点

    家庭菜園での水やり水は、日光や養分と並び、植物の生育に必要不可欠なものです。水が足りないと植物が…

    簡単なようで奥が深い水やりの基本と注意点
  4. 土が無くても育つ、エアプランツの基本的な育て方

    土が無くても育つ、エアプランツの基本的な育て方

    エアプランツは近年になって市場に出回り始めた観葉植物の一つで、土を必要としない植物ということで大変珍…

    土が無くても育つ、エアプランツの基本的な育て方
  5. ベランダ菜園で育てやすいおすすめの冬野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの冬野菜2選

    冬のベランダ菜園で育てやすいおすすめの冬野菜は、冬の寒さに強く栄養豊富な緑黄色野菜の小松菜とホウレン…

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめの冬野菜2選
  6. 育てやすいアオエニウム属の多肉植物4選

    育てやすいアオエニウム属の多肉植物4選

    多肉植物は多くの科・属に分類されますが、その特徴はどれもが違い、水やりや肥料の時期など育て方も大きく…

    育てやすいアオエニウム属の多肉植物4選
  7. 病気のサインを見逃すな!野菜に発生する病気とは?

    病気のサインを見逃すな!野菜に発生する病気とは?

    野菜作りは適切な環境と管理をしていれば、病害虫の発生をかなり抑えることはできます。しかし完全に抑える…

    病気のサインを見逃すな!野菜に発生する病気とは?
  8. 温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選

    温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選

    秋の野菜栽培はポイントを押さえれば簡単夏の暑さがやわらぎ、気候が安定する秋は、春に次いで野菜栽培…

    温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選
  9. ガーデニング初心者でも育てやすい植物3選

    ガーデニング初心者でも育てやすい植物3選

    多くのご家庭で楽しまれ人気のあるガーデニング家庭で手軽に四季を楽しむことが出来るため大変人気の高…

    ガーデニング初心者でも育てやすい植物3選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP