尻腐病の症状

尻腐病とは、果実の下の部分に暗い色のシミができる病気です。果実の生長とともにシミが暗褐色になりながら広がっていき、最終的に果実全体が腐敗します。尻腐病を放置すると、土を通じて他の株にも感染していきます。土を使い回すと、翌年以降も発症する可能性があります。
実が腐敗する病気は、ほかにも、疫病や黒斑病があります。どちらも尻腐病とよく似ていますが、原因が異なるため、対処法も変わります。疫病は病斑の上にうっすらカビが生えますが、尻腐病にはカビが生えません。黒斑病は円形の病斑が現れ、果実に穴があく病気ですが、病斑の色が尻腐れ病に比べて濃いことが特徴です。尻腐病は茶色っぽい色、黒斑病は黒い色をしています。
尻腐病はトマトやハクサイ、ピーマン、ナスなどに多い病気です。発生時期は5月から10月です。気温が高く、乾燥気味の気候が続くと発生しやすくなります。ハクサイの尻腐病が多い時期は、10月から1月です。

尻腐病の原因

尻腐病の原因は、土中のカルシウム不足です。カルシウムは植物の細胞同士をつなぎ合わせ、組織を強くする働きがあります。植え付けの際にカルシウムの肥料を入れなかったり、追肥として与える量が足りなかったりすると尻腐病になってしまいます。また、窒素肥料を多く与えすぎることも、カルシウムの吸収を阻害してしまうため、尻腐病の原因になります。特に、カルシウムを多く必要とするトマトやナス、ピーマンなどは、この病気にかかる可能性が高くなります。
尻腐病は、細菌やカビが原因の病気ではないにもかかわらず、水や土、園芸道具から他の株に感染するため、注意が必要です。

尻腐病の予防

尻腐病を予防するためには、必要十分な量のカルシウムを与えることが大切です。カルシウムは根からも葉からも吸収することができるので、土に混ぜ込んでも、葉にスプレーで散布してもいいでしょう。トマトの場合、実の反対側についている葉を取り除くことで、実にカルシウムが行き渡りやすくなります。葉を切り落とす作業は病原菌の侵入を避けるために、晴れた日に行いましょう。また、肥料は適量を守り、土壌の栄養バランスを崩さないように気をつけましょう。
土の中の水分が多いと感染しやすくなるため、水を与えすぎないようにします。反対に乾燥しすぎても肥料の吸収効率が下がってしまいます。水はけのいい土を使い、株元にマルチングを施すことで、土の中の湿度を適度に保つことができるようになります。
連作障害が起こりやすい野菜の輪作を徹底することも予防になります。輪作を行うことで、土中の栄養分のバランスが整います。

尻腐病の治療

尻腐病が出てしまったら、まずは発症した実を取り除いて様子を見ます。病斑が広がっていない場合は、腐った部分を取り除けば、問題なく食べることができます。症状が株の他の部分に広がらないように、カルシウムを追肥しましょう。
尻腐病になった部分を取り除いでも症状が治まらない、すでに株全体に症状が広がってしまっている場合は、残念ながら治療方法はありません。株を抜き取って、処分しましょう。感染を防ぐために土も新しいものに替えます。翌年以降の発症を防ぐために、根腐れ病の株を栽培していた土の再利用は避けましょう。株を掘り起こすのに使った道具の消毒、手洗いも忘れずに行いましょう。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選

    ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選

    夏のベランダ菜園の日除け対策におすすめのグッズは、100円ショップで購入できる「遮光ネット」、「ツル…

    ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選
  2. ベランダ菜園初心者のプランターの選び方・代用

    ベランダ菜園初心者のプランターの選び方・代用

    ベランダ菜園向きのプランターとは一口にプランターといっても種類は色々あります。要は土を入れればい…

    ベランダ菜園初心者のプランターの選び方・代用
  3. ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選は、ミニチンゲン菜、ミニ人参、ミニ大根の3種です。これ…

    ベランダ菜園で育てやすいおすすめのミニ野菜3選
  4. いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選

    いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選

    年間を通じて栽培・収穫できる野菜とは普通、野菜は、種まきや植え付けの時期、収穫の時期が決まってい…

    いつでも新鮮な野菜を食べられる!年間を通じて栽培・収穫できる野菜3選
  5. ベランダ菜園でも収穫出来るおすすめのイモ類野菜2選

    ベランダ菜園でも収穫出来るおすすめのイモ類野菜2選

    ベランダ菜園でも収穫出来るおすすめのイモ類野菜は、根菜野菜の里芋と長芋の2種類です。これら2種類のイ…

    ベランダ菜園でも収穫出来るおすすめのイモ類野菜2選
  6. 春のベランダ菜園でおすすめの根菜野菜2選

    春のベランダ菜園でおすすめの根菜野菜2選

    春のベランダ菜園でおすすめの根菜野菜は、小かぶと二十日大根の2種です。あまり広い栽培面積を必要としな…

    春のベランダ菜園でおすすめの根菜野菜2選
  7. 100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの用土4選

    100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの用土4選

    100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜作りにおすすめの用土は、赤玉土、腐葉土、ピートモス、バーミ…

    100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの用土4選
  8. 園芸の基本を知れる、ガーデニング関係の資格について

    園芸の基本を知れる、ガーデニング関係の資格について

    ガーデニングを楽しんでいる方の中では、さらに専門的な知識を身に着けてより趣味を昇華させたいと思う方も…

    園芸の基本を知れる、ガーデニング関係の資格について
  9. 必須の作業だからこそ基本を知っておきたい、水やりする際の注意点

    必須の作業だからこそ基本を知っておきたい、水やりする際の注意点

    どんな植物でも、大きく育てるためには水やりという作業は必須になります。植物によって頻度は変わりますが…

    必須の作業だからこそ基本を知っておきたい、水やりする際の注意点

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP