灰色かび病の症状

灰色かび病は、ほぼすべての植物に発生の可能性がある病気です。発症すると、花や葉、茎、実に水がしみたような模様が現れ、それが徐々に褐色に変化していきます。さらに進行すると模様が広がり、株全体が灰褐色のカビに覆われて枯れてしまいます。柔らかい部分から発症することが多いため、苗や実りたての野菜には注意が必要です。
発生時期は3月から12月と、真冬を除き1年中発生の可能性があります。湿度が高く、気温が20度から25度の時期に発生しやすくなるので、4月から7月、10月から11月は特に注意が必要です。真夏には発生頻度が下がります。
灰色かび病は、空気感染や、アブラムシやハチなどの虫による媒介で広がります。枯れた植物の上でも生き続けることができるため、発症して枯れた株を処分せずにしておくと、そこから感染することもあります。

灰色かび病の原因

灰色かび病は、ボトリチス菌というカビが原因で起こります。空気中を浮遊するボトリチス菌が土に侵入し、菌核という小さい塊になります。そのままの状態で、活動に適した環境になるまで潜伏し続けます。活動できる環境になるまでは、何年でも土の中に留まることができます。腐敗菌のため、腐ったり枯れたりした植物にも寄生し、繁殖することができます。
ボトリチス菌は、病気などで弱ったり、傷がついたりした部分から侵入してきます。低温で、風通しが悪く湿った場所では、特に活発になります。

灰色かび病の予防

灰色かび病を予防するためには、菌が好む環境を作らないことが大切です。植え付けの時には、株を密集させないこと、水はけのいい土を使うことなどを心がけます。生育中は、葉が混んできたら剪定する、水を与えすぎない、雨の日が続いたら軒下に避難させるなどの対応をしましょう。窒素肥料を過剰に与えると葉が茂りすぎてしまうので、適量を守ることも大切です。
ボトリチス菌は、元気で傷がない株には入り込むことができません。植え替えや剪定などで株に触れる時は、株に傷をつけないように注意しましょう。また、しおれた花や葉は早めに取り除き、取り除いたものは土の上に放置せず処分するようにします。
虫による感染を防ぐためには、防虫ネットや寒冷紗も効果的です。寒冷紗は、保温性は高いのですが高温時に使うと蒸れやすいので、季節に応じて防虫ネットと使い分けるといいでしょう。
接ぎ木苗や耐病性のある苗を使うことも予防になります。

灰色かび病の治療

灰色かび病は、完治させることが難しい病気です。初期の段階であれば、カビに侵された部分を取り除くことで対処できます。土の中に菌が潜伏している可能性があるため、発症を確認したら土を取り替えることが理想です。土が取り替えられない場合は、カリグリーンやダコニールなどの薬剤を散布して、感染を防ぎます。これらの薬剤は、予防としても使用できます。ただし、長年にわたり同じ薬剤を使い続けると、菌に耐性ができてしまいます。いくつかの薬剤をローテーションで使うようにしましょう。
カビに覆われた部分が大きく、取り除くことが難しい場合には、株を引き抜いて焼却処分にします。再発を防ぐために、土も再利用せず処分してしまいましょう。使用した園芸道具の消毒も忘れずに行います。感染した株から採取した種をまくことも避けましょう。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 家庭菜園インストラクター口コミ評判

    家庭菜園インストラクター口コミ評判

    家庭菜園インストラクターって知ってますか?家で野菜作りができたら良いですよね。夏によく庭…

    家庭菜園インストラクター口コミ評判
  2. まるで緑のウサギ、モニラリア・オブコニカについて

    まるで緑のウサギ、モニラリア・オブコニカについて

    育てていくと耳のような部分がどんどん伸びていきウサギのような形状になるモニラリア・オブタニカはなかな…

    まるで緑のウサギ、モニラリア・オブコニカについて
  3. 必須の作業だからこそ基本を知っておきたい、水やりする際の注意点

    必須の作業だからこそ基本を知っておきたい、水やりする際の注意点

    どんな植物でも、大きく育てるためには水やりという作業は必須になります。植物によって頻度は変わりますが…

    必須の作業だからこそ基本を知っておきたい、水やりする際の注意点
  4. 秋の終りにベランダ菜園で植え付けをするおすすめのユリ科の野菜2選

    秋の終りにベランダ菜園で植え付けをするおすすめのユリ科の野菜2選

    秋の終りにベランダ菜園で植付けをするおすすめの野菜は、同じユリ科のタマネギとアスパラガスの2種です。…

    秋の終りにベランダ菜園で植え付けをするおすすめのユリ科の野菜2選
  5. 100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの用土4選

    100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの用土4選

    100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜作りにおすすめの用土は、赤玉土、腐葉土、ピートモス、バーミ…

    100円ショップで買えるベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの用土4選
  6. 園芸で大事な要素を担う土について

    園芸で大事な要素を担う土について

    庭での栽培でもプランター栽培でも使う土というのは、植物を育てるうえで非常に重要なものになります。土台…

    園芸で大事な要素を担う土について
  7. 葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方

    葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方

    ドラセナは非常に丈夫で育てやすいと言われている観葉植物で、初めて育てる植物として選ばれることも多いで…

    葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方
  8. お客様を植物で迎えたいという方必見、玄関置きにおすすめの観葉植物4選

    お客様を植物で迎えたいという方必見、玄関置きにおすすめの観葉植物4選

    玄関に観葉植物を置いている方はなかなか多いですが、実は玄関という環境は日当たりも厳しいところが多く、…

    お客様を植物で迎えたいという方必見、玄関置きにおすすめの観葉植物4選
  9. 初心者が育てるベランダ菜園!そのメリットとデメリットは?

    初心者が育てるベランダ菜園!そのメリットとデメリットは?

    ベランダ菜園を始めよう季節によって野菜が高騰した時、「ああ、自分で作れたらいいのになあ」と思った…

    初心者が育てるベランダ菜園!そのメリットとデメリットは?

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP