どんな植物でも、大きく育てるためには水やりという作業は必須になります。植物によって頻度は変わりますが、水やりすることによって忙しくても毎日植物の様子を見る機会にもなりますのでサボらず小まめに見てあげましょう。しかしそんな基本の作業ですが、実は注意するべき点もいくつかあり、もしかしたら多くの方がそれを知らないかもしれません。ガーデニングの入門書などにはほとんどの場合記載されていると思いますが、この記事では水やりの際に注意すべき点をいくつかご紹介いたします。

土が乾いているからといって焦らない

特に暑い時期にありがちですが、朝に水やりを行ってもすぐに地面が乾き、夕方にはカラカラになっている時もあると思います。その際に焦ってジョウロやホースやなどですぐに水やりしてしまう事もあるかもしれませんが、この時に一度水の温度をチェックしてみてください。ベランダ菜園でもジョウロを外に置きっぱなしにしている方は多いでしょうが、この時のジョウロやホースの内部にある水は非常に熱く、まるでお湯といわんばかりの温度になっている場合もあります。植物が驚いてしまうのでしっかり冷たい水が出るかを確認してから水やりをしましょう。
そして焦りといえば、ホースを使っている人はヘッドの水まきパターンを変えて別の用途に使うこともあると思いますが、例えば洗車用の放水パターンにしている場合、直すのを忘れて植物に吹きかけてしまったらそれこそ大変なことになってしまいますので、しっかりと確認してから水やりしてください。

水を小まめにあげるのはNG

植物を育てる上での注意点としてよくあげられるのが、ちょこちょこ水をやるのは良くないという事です。野菜などは、一度に多くの水をあげてあとは決まった時間や日に再び多量の水をあげるというパターンが非常に多く、一日に少しずつ何度も水やりをするのはよろしくないと言われています。水やりには根に酸素を行き渡すという役割もあり、これは水を少しだけあげる場合ですと酸素を供給するまで至らないため、ただ乾燥を防ぐだけになってしまいます。水やりは一度に多くを心がけましょう。
もう一つ忘れがちな注意点がありますが、乾燥していたからといって植木鉢の受け皿に溜まっている水を捨てない方も多いのではないでしょうか。あれは本来捨てるべき水分ですので、小量なら構いませんがそれなりに溜まっているのであれば捨ててしまいましょう。土は適度に湿っている程度で十分です。酸素を行き渡らせるという理由があるから水を多量にあげ、水が流れ出ないために受け取る皿が必要なだけで、受け皿により乾燥を防いでるわけではありません。それどころか過湿状態により根が腐る原因ともなり病気にもなりやすくなるため受け皿の水は溜まったらちゃんと捨てましょう。

自分の水やりについて考えること

水やりにはさまざまな役割があり、そのうちの一つが乾燥を防ぐというだけで実は植物を丈夫に育てるために非常に重要になる要素がとても多いです。一度自分の水やり方を見直して、間違えた事をしていないか確認することも大切です。もし誤った方法だったとしても絶対に植物が悪くなるわけではありませんが、直した方が確実に成長は良くなるはずですので、当てはまるようでしたら直していただきたいポイントです。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. お客様を植物で迎えたいという方必見、玄関置きにおすすめの観葉植物4選

    お客様を植物で迎えたいという方必見、玄関置きにおすすめの観葉植物4選

    玄関に観葉植物を置いている方はなかなか多いですが、実は玄関という環境は日当たりも厳しいところが多く、…

    お客様を植物で迎えたいという方必見、玄関置きにおすすめの観葉植物4選
  2. ベランダ菜園の野菜作りにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜2選

    ベランダ菜園の野菜作りにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜2選…

    ベランダ菜園の野菜づくりにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜は、ブロッコリーとコモチカンラン…

    ベランダ菜園の野菜作りにおすすめの女性にうれしい栄養素を含んだ野菜2選
  3. ベランダ菜園でおすすめのおつまみに最適な豆類野菜2選

    ベランダ菜園でおすすめのおつまみに最適な豆類野菜2選

    ベランダ菜園でおすすめのおつまみに最適な豆類野菜は、インゲンマメと枝豆の2種です。ビールのおつまみに…

    ベランダ菜園でおすすめのおつまみに最適な豆類野菜2選
  4. コンパクトで手軽に育てられる観葉植物4選

    コンパクトで手軽に育てられる観葉植物4選

    観葉植物といえばオフィスや家のインテリアとして使われるもので、植物が好きでもスペースが取れず購入をと…

    コンパクトで手軽に育てられる観葉植物4選
  5. どんな野菜にも発症の危険!灰色かび病の原因と対策

    どんな野菜にも発症の危険!灰色かび病の原因と対策

    灰色かび病の症状灰色かび病は、ほぼすべての植物に発生の可能性がある病気です。発症すると、花や葉、…

    どんな野菜にも発症の危険!灰色かび病の原因と対策
  6. 虫食いのサインを見逃すな!野菜に発生する害虫とは?

    虫食いのサインを見逃すな!野菜に発生する害虫とは?

    ベランダや畑で野菜作りをすると、どこからともなく害虫がやってきていつの間にか葉っぱや実を食べてしまい…

    虫食いのサインを見逃すな!野菜に発生する害虫とは?
  7. まるで緑のウサギ、モニラリア・オブコニカについて

    まるで緑のウサギ、モニラリア・オブコニカについて

    育てていくと耳のような部分がどんどん伸びていきウサギのような形状になるモニラリア・オブタニカはなかな…

    まるで緑のウサギ、モニラリア・オブコニカについて
  8. ベランダ菜園で育てるおすすめの保存野菜2選

    ベランダ菜園で育てるおすすめの保存野菜2選

    ベランダ菜園で育てるおすすめの保存野菜は、ニンニクとタマネギの2種です。ニンニクとタマネギは、収穫を…

    ベランダ菜園で育てるおすすめの保存野菜2選
  9. サボテンは本当に多肉植物の仲間か、それぞれの特徴を比べて検証

    サボテンは本当に多肉植物の仲間か、それぞれの特徴を比べて検証

    他の記事でも「サボテンは多肉植物の仲間」と書いてあることは多々あると思いますが、果たして本当にサボテ…

    サボテンは本当に多肉植物の仲間か、それぞれの特徴を比べて検証

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP