肥料の働き

肥料とは、植物を健やかに生長させるために人の手で与える栄養分のことです。後述する三要素「窒素・リン酸・カリウム」のほかに、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などさまざまな栄養素が含まれています。植物の種類や生長のタイミングによって与える肥料の種類が異なります。肥料の与え方が適切でないと、根が腐ったり、病気を誘発したりしてしまいます。特に、土の量が限られているプランター栽培では、地植えと比べて栄養素のバランスが崩れやすくなるため、適切な時期に適切な量の肥料を与えることが大切です。

無機肥料と有機肥料

肥料は、大きく分けて、無機肥料と有機肥料の2種類があります。
無機肥料とは、鉱物などの無機物を成分とした肥料です。無機肥料の中でも、化学的に合成された肥料は化学肥料と呼ばれます。無機肥料は、水に溶けやすく即効性がありますが、持続性がないため、数回に分けて与える必要があります。肥料をゆっくり効かせるため、肥料を樹脂などでコーティングした遅効性肥料というものもあります。
有機肥料とは、生物由来の成分で作られた肥料です。牛糞や酒粕、肉骨粉などから作られる動物性肥料と、油粕や枯葉などから作られる植物性肥料があります。牛糞は土壌改良効果がある、油粕には窒素が多く含まれているなど、それぞれの物質で、役割や含まれる成分が異なります。有機肥料は微生物によって少しずつ分解されるため、効果が長持ちします。ホームセンターなどで購入できますが、自分で育てることもできます。

肥料の三要素

窒素・リン酸・カリウムは、植物の生長に特に重要な役割を果たすもので、三要素と呼ばれています。三要素は植物に必要不可欠ですが、土中に含まれる量が少ないため、肥料として人の手で与える必要があります。肥料には、これら三要素すべてが含まれているものも、一つだけが含まれているものもあります。市販されている肥料のパッケージには、例えば「9-9-9」と書かれています。これは、窒素・リン酸・カリウムがそれぞれ9%ずつ含まれているという意味です。また、トマト用・葉菜用など育てる野菜別の肥料も売られているため、初心者でも簡単に選ぶことができます。
窒素は、別名葉肥と呼ばれ、葉や茎を大きくする働きがあります。与えすぎると、植物全体が柔らかくなります。また、根が地上部を支えきれなくなり、植物が倒れやすくなります。窒素が足りないと、光合成が阻害され、植物の生長に悪影響を与えます。
リン酸は、花肥または実肥とも呼ばれ、花や実の生育を促す栄養素です。窒素やカリウムに比べ吸収率が落ちるため、植え付けのタイミングで、十分な量を与える必要があります。不足すると植物全体が緑紫色になり、花や実のつきが悪くなります。与えすぎによる障害は出づらいのですが、野菜の収穫量が減ります。
カリウムの別名は根肥で、茎や根を丈夫にする役割があります。さらに花や実、球根を太らせる働きもあります。水溶性のため、数回に分けて少しずつ与えます。カリウムが不足すると、植物の抵抗力が抵抗して、病気にかかりやすくなってしまいます。与え過ぎると、カルシウムやマグネシウムなど、他の栄養素の吸収が阻害されます。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 室内でも油断できない、カイガラムシの対処法

    室内でも油断できない、カイガラムシの対処法

    カイガラムシというのは、一般的に真っ白な外見の袋を持つ虫で植物にくっ付いていたらすぐに見つけられると…

    室内でも油断できない、カイガラムシの対処法
  2. 植物を守り元気に生長させる支柱立ての方法

    植物を守り元気に生長させる支柱立ての方法

    支柱とは支柱とは、植物が自重や雨風で倒れないように支える棒のことを言います。植物の植え付け直後や…

    植物を守り元気に生長させる支柱立ての方法
  3. 観葉植物が部屋にあることによって得られる恩恵とは

    観葉植物が部屋にあることによって得られる恩恵とは

    観葉植物は見ているだけで癒され、置けばひとたび一つのインテリアとして使える万能な植物ですが、実は人の…

    観葉植物が部屋にあることによって得られる恩恵とは
  4. 畑がなくても大丈夫!プランターで育てられる大物野菜3選

    畑がなくても大丈夫!プランターで育てられる大物野菜3選

    プランターで育てられる大物野菜カボチャ一見栽培の難しそうなカボチャですが、病気にも強く、苗から育…

    畑がなくても大丈夫!プランターで育てられる大物野菜3選
  5. 植物のストレスを最小限にする、正しい野菜苗の植え付け方法

    植物のストレスを最小限にする、正しい野菜苗の植え付け方法

    植え付けとは植え付けとは、購入してきた苗を植木鉢やプランターなど、栽培したい場所に植えることです…

    植物のストレスを最小限にする、正しい野菜苗の植え付け方法
  6. 葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方

    葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方

    ドラセナは非常に丈夫で育てやすいと言われている観葉植物で、初めて育てる植物として選ばれることも多いで…

    葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方
  7. ベランダ菜園で育てやすく欧米で人気のある珍しいおすすめ野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすく欧米で人気のある珍しいおすすめ野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすく欧米で人気のあるおすすめの珍しい野菜は、「テーブルビート」と「アーティチョー…

    ベランダ菜園で育てやすく欧米で人気のある珍しいおすすめ野菜2選
  8. 春のガーデニングにおすすめの育てやすい花5選

    春のガーデニングにおすすめの育てやすい花5選

    多くの植物が芽吹く春は花を植えて育てるのにも適した時期で、春の花と呼ばれている花はとても多いです。様…

    春のガーデニングにおすすめの育てやすい花5選
  9. 梅雨の時期には要注意!べと病の原因と対策

    梅雨の時期には要注意!べと病の原因と対策

    べと病の症状べと病は、葉に被害を及ぼす病気です。はじめは葉に黄色い斑点ができ、斑点が広がりながら…

    梅雨の時期には要注意!べと病の原因と対策

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP