ガーデニングを嗜んでいる方の中では、庭やプランターで栽培した立派な花を生け花として室内に飾りたいと思われる方も多いのではないでしょうか。花を摘んで、もしうまく水を吸わずにすぐ枯れてしまってはせっかく咲かせた花も無駄にしてしまいます。この記事では、生け花にする際に欠かせない知識、湯あげについてご紹介いたします。

花の切り口にお湯をさらす方法

湯あげというのは、切り花をお湯につけて水を吸わせるという事なのですが、よく植物の水やりに熱いお湯は土の中が蒸れるため厳禁と言われています。しかし、この方法は花屋さんなどではよく使われるポピュラーな方法ですのでご安心ください。
そもそもの水あげとは、根から茎に通っている導管を使い全体に水分を行き渡らせています。この根が無い状態での水の吸い上げは、茎の切り口から水の浸透圧を使って取り込みますので、導管の入り口が潰れないために切れ味の良い刃物でスパッと切ってしまいます。なかなか切った花が水を吸ってくれないのは切り口に問題がある場合も多いため、まずは茎を切るハサミの切れ味をチェックしましょう。
しっかり切れていても、この通常の水あげでは中々水を吸ってくれないという品種もあり、それらが湯あげにより水を吸収できるようになります。
水あげと湯あげの違いは、水あげは上記の通りで湯あげは、茎をお湯につけて導管の中にある空気を外に出してそれにより水をスムーズに取り込むということで水あげよりも効率的に水分を摂取できるのです。湯あげに適している品種はマーガレットなどの野の花と言われるものがとても有効です。水あげが難しいと言われているバラなども、湯あげすることによって水を吸えるため是非試してみてください。

湯あげの実際の手順

では実際に湯あげするための手順として、まずは茎を下20cmほどまで残して新聞紙にくるんでください。新聞紙はお湯の蒸気が花や葉に当たることを防ぐ役割があります。このとき茎を真っすぐにしてぴっちりと止めましょう。そして他の容器に冷たい水を入れておいてください。茎の先を切れ味の良い刃物で斜めにカットします。カットしたら茎をそのままお湯に浸けましょう。こうすると茎から空気が押し出され泡が出ると思います。だいたい20秒ほど経ったら先ほど用意した水に素早くいれてしばらく置きっぱなしにします。2時間程度放置してからとりだすと、しっかり花まで水が浸透しているはずです。この状態になったらもう一度適当な長さまで切り、花瓶などに活けましょう。これで湯あげで水を吸い上げる手順は完了です。特別難しいものではありませんので、花が水を吸ってないと思ったら是非試してみてください。

根が無いからこそ湯あげは重要な役割

花屋さんで切り花を買う事もあると思いますが、その花をそのまま花瓶に入れて育てても、数日しか持ちません。花が咲く前に枯れてしまう場合も多くありますが、これは花にまで水が行き届いていないために起こる現象です。このような場合には上記の水あげ・湯あげが大切になってきます。本来根から吸う水分が吸い取れないのですから、改めて吸収できるようにしてあげなければいけません。店頭で切り花を買っても、庭から育てた花を摘み取っても、水あげは必要ですので忘れずにしてあげてください。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ベランダ菜園の最初の野菜づくりに必要なおすすめのグッズ2選

    ベランダ菜園の最初の野菜づくりに必要なおすすめのグッズ2選

    ベランダ菜園の最初の野菜づくりに必要なおすすめグッズは、100円ショップで買い揃えることができるコン…

    ベランダ菜園の最初の野菜づくりに必要なおすすめのグッズ2選
  2. 家庭菜園で育てられる日本原産の野菜3選と春に栽培できる野菜3選

    家庭菜園で育てられる日本原産の野菜3選と春に栽培できる野菜3選

    日本原産の野菜ミズナサラダや鍋物の具材として活躍するミズナは、アブラナ科の葉野菜です。古くから京…

    家庭菜園で育てられる日本原産の野菜3選と春に栽培できる野菜3選
  3. ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選

    ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選

    夏のベランダ菜園の日除け対策におすすめのグッズは、100円ショップで購入できる「遮光ネット」、「ツル…

    ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選
  4. 収穫量とおいしさをアップする野菜の株の整え方

    収穫量とおいしさをアップする野菜の株の整え方

    野菜の剪定とは種から育てた植物は、発芽した苗が重なり合わないように数回に分けて間引きを行います。…

    収穫量とおいしさをアップする野菜の株の整え方
  5. 多肉植物の生育サイクルごとに気を付けるポイントや特徴

    多肉植物の生育サイクルごとに気を付けるポイントや特徴

    多肉植物は特別な手入れも必要なくほとんど水やりのみで育てられると多くの人に親しまれている植物です。し…

    多肉植物の生育サイクルごとに気を付けるポイントや特徴
  6. 秋の終りにベランダ菜園で植え付けをするおすすめのユリ科の野菜2選

    秋の終りにベランダ菜園で植え付けをするおすすめのユリ科の野菜2選

    秋の終りにベランダ菜園で植付けをするおすすめの野菜は、同じユリ科のタマネギとアスパラガスの2種です。…

    秋の終りにベランダ菜園で植え付けをするおすすめのユリ科の野菜2選
  7. 家庭菜園で簡単にできるシイタケの育て方や初心者向け根野菜3選

    家庭菜園で簡単にできるシイタケの育て方や初心者向け根野菜3選

    家庭菜園で育てる野菜は主に葉菜類・果菜類・根菜類に分類されますが、菌類であるキノコもよく栽培される野…

    家庭菜園で簡単にできるシイタケの育て方や初心者向け根野菜3選
  8. これからも元気でいられるように。サボテンの植え替えについて

    これからも元気でいられるように。サボテンの植え替えについて

    どんな植物でも年単位で長く育てるのならば「植え替え」という行為が必要になります。少し面倒かもしれませ…

    これからも元気でいられるように。サボテンの植え替えについて
  9. 100均で揃う人気のガーデニング道具9選

    100均で揃う人気のガーデニング道具9選

    かわいいプランターベランダ菜園を楽しくしてくれるものに、かわいいプランターがあります。長方形のふ…

    100均で揃う人気のガーデニング道具9選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. トマトの育て方
  4. 育て方
  5. ミント育て方ベランダ
  6. 育て方
  7. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP