多肉植物について調べた事のある方は「セダム」という名前も聞いたことがあると思います。セダムはセダム属を指す言葉で、この記事ではその代表と言える品種を厳選して4つご紹介いたします。

セダム属について

世界中のいたるところに自生していますが、メキシコが原産地のものは葉は肉厚なものが多いです。生育サイクルは春秋型のものが多いため、日本の酷暑には注意しましょう。全体的に乾燥気味に育てた方が花も咲きやすく見栄えが良くなります。日本で作られている品種も多々あり、そちらはかなり差のある気温でも耐えられるものが多いです。

ニジノタマ

非常によく見かける品種で暑さ寒さに強くて丈夫であるため、初めて育てる多肉植物に選ぶ方も多い品種です。ツヤのあるぷるっとした葉が印象的で、冬になると赤くなったりと変化するためよく寄せ植えなどにも使われるポピュラーな多肉植物です。ニジノタマはもともと自生していた物ではなく、同じセダム属である「玉葉」と「乙女心」を掛け合わさった品種で、どちらとも外見が似ています。長く育てていると茎の先から小さい花を咲かせるため、ぜひそこまで育ててみてください。

ヒスパニクム

こちらもセダム属の中ではとても育てやすいと言われ幅広く栽培されている品種です。苔のように横に広がり育っていき、葉が一つの花のように細かくまとまっているのが特徴的で、葉で花を作っている状態になっています。あまり色の変化はありませんが、落ち着いた緑と淡いピンク色の根が可愛らしい多肉植物です。

銘月

メイゲツは日本の差のある気温にも耐えられるとても強い品種です。寒さには強いですが冬に窓際近くや外に置く場合は、霜が付かないように気を付けましょう。葉は少し平べったく先端に向かい尖ったフォルムをした葉を放射線状に広げていきます。秋の寒くなり始めには全体がうっすらと赤くなり、本格的に寒くなってきたら強いオレンジ色に変化して春から夏にかけては星形の花が咲きます。植え替えは4~6月の間に済ませておきましょう。

ミセバヤ

この品種は日本が原産地であるために、セダム属なのですが日本名にしてムラサキベンケイソウ属とも呼ばれます。岩場に自生もしていますが、場所が限られているため探すのは大変でしょう。初心者でも手軽に育てられる日本産の多肉植物で気温などは気にしなくても良いですが、過度な湿気には弱いため梅雨時などは屋内に移動させることを推奨します。夏や冬にもあまり水やりする必要は無いですので控えめにしましょう。外に置いている場合、冬になると出ている葉のほとんどが枯れてしまうかもしれませんが、休眠中で根は生きているので問題ありません。

有名な品種の多いセダム属

セダム種の代表的なオーロラやニジノタマは葉の色が非常に多くあり、変化を続けていくので寄せ植えでよく見かけることがあると思います。その他の品種も他の分類に比べて多く流通していたりと触れ合う機会は多いでしょう。育てるのが簡単な品種が多いため初心者が多肉植物をデビューする際によく育てられる品種ですので、もしこれから始めようと思っている方は、色の変化も多くて飽きずに観察できるセダム種から選んでみると良いかもしれません。

一人暮らしを長く続けていると、インテリアを変える機会も無く、なかなか変化のない毎日が続くことも多いでしょう。この記事では、手間もほとんどかからず置くだけで部屋をパッと明るく彩ってくれる観葉植物について厳選して4つご紹介いたします。

観葉植物を選ぶ基準として

いくら観葉植物が育てやすいといっても、日光に当て水を与えないと当然そのうち枯れてしまいます。しかし、日光や温度は決まった場所に置いておけば問題ありませんし、水やりも毎日ではなく土が十分に乾いたと思ったら一度にたっぷりと与えますので、品種によっては1週間に1度の水やりですむものもあります。中には耐陰性や耐寒性など、品種それぞれに決まった条件がありますのでまずは部屋のどこに置くかを決めて、部屋の温度はおよそ何度くらいまで下がるのかなどを考えながら選びましょう。そして今まで植物を育てた事のない初心者の方ならば小鉢~中鉢サイズから挑戦するのが手軽で始めやすいです。

ポトス

とても丈夫で育てやすいと言われているポトスはツル性の植物ですので、長く伸びすぎると葉が下に這うような形になります。そのためインテリア性が非常に高く、吊るして葉も垂らして見せたり、壁にツルを這わせるなど家庭によって様々な工夫がみられる観葉植物です。ただ置いておくだけでも形になるのでおすすめです。特に日光が好きな植物ですので、日当たりの良い場所に置いてください。

モンステラ

南国風の葉を付ける観葉植物で、日本の暑さには強いですが寒さには少し弱いため、冬に玄関や窓際などの寒い場所に置いておくと弱ってしまうかもしれません。寒さに強い品種もありますが、外で育てる時は注意しましょう。毎日葉水といって、霧吹きで葉に水を与えるとよりツヤもでて、病気や害虫の対策にもなります。

ガジュマル

日本の沖縄でも自生している木で、出ている根がタコ足に見えることと、幸福をもたらすとの謂れがあることから「多幸(たこう)の樹」とも呼ばれています。キジムナーが住んでいると言われ、部屋に置いて丁寧に世話をしてあげるといつか幸せを運んできてくれるかもしれません。小鉢サイズのものから、大きなものまで品種があります。原産地では10mを越えるものも多く、圧巻の光景です。日光が好きな植物ですので、しっかり日当たりの良い場所に置いておきましょう。

ストレリチア・レギネ

別名「極楽鳥花」と呼ばれるこの品種は、オレンジの花を咲かせることからこの呼び名が付きました。丈夫で育てやすい花ですが、もし立派に花を咲かせたいのでしたら、日当たりの良い場所に置きリン酸を多く含んだ肥料を与えると効果的です。直射日光に当てると葉焼けしてしまう可能性がありますので、レース越しのカーテンなどで育てるのが理想的です。

手間のかからない観葉植物

上記で紹介した4つはほとんど水やりの手間しかない観葉植物で、日当たり・温度条件さえ満たしていればすくすくと育っていきます。外で育てると病気や害虫被害に遭うこともありますが、ずっと室内で育てるのならばよっぽどのことがない限りそのようなことも無いでしょう。水のやりすぎには十分注意して、新しい観葉植物を可愛がってください。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 観葉植物のレンタルとはどんなサービスなのか

    観葉植物のレンタルとはどんなサービスなのか

    観葉植物は自宅だけではなく、オフィスやショッピングモールなど様々な場所で見かけます。そんな身近に自然…

    観葉植物のレンタルとはどんなサービスなのか
  2. 家庭菜園に慣れてきたら挑戦したい栽培期間が長い野菜3選

    家庭菜園に慣れてきたら挑戦したい栽培期間が長い野菜3選

    栽培期間が長い野菜ニンニクニンニクは収穫まで7,8ヶ月ほどかかります。越冬させる必要がありますが…

    家庭菜園に慣れてきたら挑戦したい栽培期間が長い野菜3選
  3. 葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方

    葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方

    ドラセナは非常に丈夫で育てやすいと言われている観葉植物で、初めて育てる植物として選ばれることも多いで…

    葉の広がりが美しい、ドラセナの育て方
  4. 意外と簡単に栽培できる、レモンの育て方

    意外と簡単に栽培できる、レモンの育て方

    レモンといえば直接食べることは少ないですが、薬味として使ったりドリンクや料理に混ぜても使えて幅広い世…

    意外と簡単に栽培できる、レモンの育て方
  5. 初心者でも失敗しない家庭菜園向き野菜4選

    初心者でも失敗しない家庭菜園向き野菜4選

    品種が多い野菜ミニトマトミニトマトは、トマトの中でも重さ40g以下のものを言います。栽培が容易で…

    初心者でも失敗しない家庭菜園向き野菜4選
  6. 畑がなくても大丈夫!プランターで育てられる大物野菜3選

    畑がなくても大丈夫!プランターで育てられる大物野菜3選

    プランターで育てられる大物野菜カボチャ一見栽培の難しそうなカボチャですが、病気にも強く、苗から育…

    畑がなくても大丈夫!プランターで育てられる大物野菜3選
  7. 家庭菜園インストラクター口コミ評判

    家庭菜園インストラクター口コミ評判

    家庭菜園インストラクターって知ってますか?家で野菜作りができたら良いですよね。夏によく庭…

    家庭菜園インストラクター口コミ評判
  8. 日陰でも育てられる初心者に人気の観葉植物の育て方8選

    日陰でも育てられる初心者に人気の観葉植物の育て方8選

    部屋をオシャレに演出という場合に観葉植物をインテリアとして置くのは非常に良い使い方ですが、お手洗いの…

    日陰でも育てられる初心者に人気の観葉植物の育て方8選
  9. ベランダ菜園の日陰でも育ちやすい人気の野菜5選

    ベランダ菜園の日陰でも育ちやすい人気の野菜5選

    ベランダ菜園の日陰でも育ちやすいおすすめの野菜は、香味野菜のミョウガと根菜野菜の畑わさびの2種です。…

    ベランダ菜園の日陰でも育ちやすい人気の野菜5選

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ
  2. 種無しぶどう
  3. ベランダ菜園の道具
  4. トマトの育て方
  5. 育て方
  6. ミント育て方ベランダ
  7. 育て方
  8. 虫

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP