大きな手間も掛からず部屋に置くだけでその空間を彩りお洒落に見せてくれる観葉植物は、ガーデニングや家庭菜園が時間や場所の関係でできない植物好きの方に非常に愛されているアイテムです。大きさは卓上サイズから天井に届くものまであり、植物ごとに特徴なども異なりますが、この記事ではほとんどの観葉植物に当てはまる育て方や注意点をご紹介いたします。

元気に育てるために取り組むこと

観葉植物のお世話はほとんど水やりのみですので難しいことはありません。しかし元気に育てるためには、その植物が過ごしやすい場所に置くことが重要です。そこで考えるべきポイントは日当たりについて、風通しが良いか、水やりの方法を理解することが大切になってきます。これらについては植物ごとに正反対の育て方もあり、大きく異なってくるため事前にどのような植物を育てたいか考えましょう。もしくは、限られた場所にしかおけなくその場所があまり日光に当たらないのであれば、日光に当てなくても育つ観葉植物を選ばなければなりません。
参考までに、日当たりの良い場所で育てるのに適した観葉植物は「ユッカ・ボトルツリー・シマトネリコ・セローム」などが挙げられます。直射日光に当てても葉焼けしにくい品種ですので、窓際に置いても元気に育つでしょう。しかし基本植物は日光にあて育てるものなので、暗い場所を好む植物も数日に一回は日当たりの良い場所へ移動させ日光浴させることも必要となります。

水やりについて

唯一のお世話というわけではないのですが、観葉植物を育てるうえで非常に重要なポイントですので水やりの基本については知っていただきたいです。どんな植物でも水やりは、土全体が乾いてきたと思ったら一度にたっぷりと与えましょう。たっぷりというのは受け皿に水が溜まる程度になります。受け皿に溜まった水はその都度捨ててください。勘違いされることも多いのですが、水やりは一日に何度も、こまめに行うのはNGです。これでは根に酸素を行き渡らせることが十分にできず、植物が呼吸できなくなり元気がなくなってしまいます。土だけでなく葉にもに水を与える「葉水」というものも必要です。霧吹きで葉に水を与えるのですが、これは出来るだけ毎日行いましょう。
水やりする時間は、暑い日ならば朝に済ませておくか、日が落ちてからの18:00以降が良いでしょう。日が照り付ける日中に水を与えると土中の水分が蒸発して、その熱によって葉を蒸れさせてしまう事があります。観葉植物はこれが原因で枯れてしまう事も多くありますので気を付けましょう。

もし元気が無くなってきたら肥料について考える

観葉植物を長く育てていると、だんだん元気が無いように見えることもあるかもしれません。その場合には肥料を与えましょう。観葉植物に必要な成分をたっぷり含んだ化成肥料や液体肥料を購入しましょう。「窒素・リン酸・カリウム」がバランスよく含まれている肥料が良いと言われています。その他にも花を咲かせたい場合にも肥料は有効です。花を咲かせるためには上記の三つで特にリン酸が必要になりますので、その割合が多い肥料を選びましょう。
しかし基本的に観葉植物は水と光だけでも育てることができますので、今まで全く観葉植物について知らなかった方でもそれだけ知っていただければ育てることができます。積極的に部屋に自然を取り入れてみましょう。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 家庭菜園インストラクター口コミ評判

    家庭菜園インストラクター口コミ評判

    家庭菜園インストラクターって知ってますか?家で野菜作りができたら良いですよね。夏によく庭…

    家庭菜園インストラクター口コミ評判
  2. ミニトマトや落花生の育て方【ミニトマトの種類も分かる!】

    ミニトマトや落花生の育て方【ミニトマトの種類も分かる!】

    ベランダで野菜を育てるのなら、好きな野菜を作りたいですよね。しかも簡単で食べても美味しく使い勝手も良…

    ミニトマトや落花生の育て方【ミニトマトの種類も分かる!】
  3. 毎年おいしい野菜を収穫するために知っておきたい連作障害と輪作

    毎年おいしい野菜を収穫するために知っておきたい連作障害と輪作

    連作障害とは同じ植物を、土を変えず同じ場所で続けて栽培することを連作と言います。連作を行うと、植…

    毎年おいしい野菜を収穫するために知っておきたい連作障害と輪作
  4. 土が無くても育つ、エアプランツの基本的な育て方

    土が無くても育つ、エアプランツの基本的な育て方

    エアプランツは近年になって市場に出回り始めた観葉植物の一つで、土を必要としない植物ということで大変珍…

    土が無くても育つ、エアプランツの基本的な育て方
  5. 寒い地域でも手軽に育てやすい、寒さに強い観葉植物4選

    寒い地域でも手軽に育てやすい、寒さに強い観葉植物4選

    観葉植物だって実は付けなくても立派な植物ですから、暖かく日が当たる場所でないと育てられないと、寒い地…

    寒い地域でも手軽に育てやすい、寒さに強い観葉植物4選
  6. ベランダ菜園の日陰でも育ちやすい人気の野菜5選

    ベランダ菜園の日陰でも育ちやすい人気の野菜5選

    ベランダ菜園の日陰でも育ちやすいおすすめの野菜は、香味野菜のミョウガと根菜野菜の畑わさびの2種です。…

    ベランダ菜園の日陰でも育ちやすい人気の野菜5選
  7. 植物を簡単に増やせる挿し木のやり方

    植物を簡単に増やせる挿し木のやり方

    挿し木とは挿し木とは、生長した植物の茎や葉などを切り取り、それを地面に挿して繁殖させることです。…

    植物を簡単に増やせる挿し木のやり方
  8. 一人暮らしでも育てやすい多肉植物や観葉植物9選

    一人暮らしでも育てやすい多肉植物や観葉植物9選

    多肉植物について調べた事のある方は「セダム」という名前も聞いたことがあると思います。セダムはセダム属…

    一人暮らしでも育てやすい多肉植物や観葉植物9選
  9. 初心者が育てるベランダ菜園!そのメリットとデメリットは?

    初心者が育てるベランダ菜園!そのメリットとデメリットは?

    ベランダ菜園を始めよう季節によって野菜が高騰した時、「ああ、自分で作れたらいいのになあ」と思った…

    初心者が育てるベランダ菜園!そのメリットとデメリットは?

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP