初めてベランダで野菜を作ってみようかなと思っている方が、最初にすることは道具をそろえることですよね。プランターやスコップ、じょうろなどがなければ始まりません。そしてもちろん、野菜の苗や種、土も必要です。そこでちょっとした疑問。土はどうすればいいの?お店に売っているの?ということで野菜作りには必要不可欠な土について解説します。

培養土と堆肥

野菜を育てるためには土が必要です。水耕栽培という方法もありますが、一般的には土に植物を植えて育てるという方が多いと思います。その時の土はどうすればいいのか?初めて土を購入する時は、培養土と書いてあるものがおすすめです。野菜用、花用など袋に説明が書いてありますので、自分の目的に合ったものを選びます。値段はかなり幅がありますが、やたら安いものは土が粗かったり石や木の枝が混ざっているものもあります。大量に必要ならば別ですが、一袋ぐらいならそこそこの値段の物を選んだ方が扱いやすいです。そして気になるのが堆肥ですね。いわゆる「肥え」というもので、野菜作りには欠かせないのではないかと思いますよね。堆肥は美味しい野菜を育てるのに必要ではありますが、培養土は堆肥も十分に混ざっていますので使う必要はありません。逆に培養土+堆肥にすると、強すぎて根が腐ってしまう可能性があります。

堆肥を使うタイミング

堆肥は優れた栄養力を持っていますので上手に使えば立派な野菜を育てることができます。使うタイミングとしては、例えば、田舎の家から普通の土を貰ってきた時や培養土を使って野菜を作って終了した後の土に使います。栄養力のなくなった土では良い野菜はできません。その時に堆肥を混ぜてあげると土に元気が出て、何度でも使うことができるんです。

堆肥の種類

堆肥には家畜ふんや生ごみ、腐葉土などの種類があります。家畜ふんには豚糞、鶏糞、牛糞、馬糞などがありますが、豚、鶏は比較的安価ですが、臭いが気になります。牛、馬は臭いはあまりありませんが、効果がゆっくりで少し値段が高いです。生ごみはごみの減量化を目的として堆肥化する施設も増えています。またコンポスターを使えば一般家庭でも生ごみを堆肥化することもできます。腐葉土は枯葉やもみ殻、ぬかなどを微生物で発酵させたもので、効果はゆっくりですが衛生的で自然に優しい堆肥です。

堆肥の使い方

去年、プランターで野菜を作った後の土をよみがえらせるために堆肥を使うのがおすすめです。再生したい土をシートの上などにひっくり返して堆肥を全体の2~3割程度撒いてよく混ぜます。その後、雨にぬれぬようにビニールシートなどをかぶせて1週間ほど寝かせます。これはすぐ使うと堆肥がきつすぎて芽が出ない、根腐れを起こすなどのリスクを避けるために、土と堆肥が程よく熟成するのを待つためです。そして使う時はもう一度よく混ぜて酸素を良く含ませてからプランターに入れると良いでしょう。

野菜作りの基本は土作り

プランターでも畑でも美味しくて立派な野菜を育てるためには、まず土作りと言われています。培養土というのは必要な栄養を十分に混ぜて作られています。堆肥や肥料はたくさん混ぜればよいというものではないので、初心者は野菜用の培養土を使うことをおすすめします。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. ガーデニングの必需品、スコップを購入する際に気にする点

    ガーデニングの必需品、スコップを購入する際に気にする点

    スコップ(シャベル)にも様々な大きさや形・素材の違いがあり、だいたいの用途別で適している物が決まって…

    ガーデニングの必需品、スコップを購入する際に気にする点
  2. 用意していないと意外と困る、園芸専用靴の選び方

    用意していないと意外と困る、園芸専用靴の選び方

    ベランダ菜園をしているご家庭ならばサンダルなどで事足りるかもしれませんが、広いお庭に出るガーデニング…

    用意していないと意外と困る、園芸専用靴の選び方
  3. 100円ショップで集められるガーデニンググッズ

    100円ショップで集められるガーデニンググッズ

    ガーデニングを初めてするというと、最初の道具などはどこで揃えるのが良いのでしょう。ガーデニング用品は…

    100円ショップで集められるガーデニンググッズ
  4. 目に見えない土の状態を知れる、土壌測定器のおすすめ商品

    目に見えない土の状態を知れる、土壌測定器のおすすめ商品

    土壌測定器という道具は無くてもガーデニングや家庭菜園に支障はありませんが、一度使うともう手放せなくな…

    目に見えない土の状態を知れる、土壌測定器のおすすめ商品
  5. 永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット

    ガーデニングや観葉植物を育てるというのは不安で、世話や手間が面倒だけれど部屋に植物を置きたいという方…

    永遠の美しさを保つ造花(アートフラワー)のメリット
  6. 初心者必見、使いやすい園芸用手袋の選び方

    初心者必見、使いやすい園芸用手袋の選び方

    土づくりや種まき、苗の植え付けなどガーデニングを楽しんでいると土と触れ合うことも多々あります。少しな…

    初心者必見、使いやすい園芸用手袋の選び方
  7. どんな植物にも使える、剪定ばさみの選び方

    どんな植物にも使える、剪定ばさみの選び方

    ガーデニングや観葉植物を楽しむ際には剪定ばさみを一本所持していると非常に役に立ちます。普通の100円…

    どんな植物にも使える、剪定ばさみの選び方
  8. 一度使うと手放せない、電動芝刈り機のおすすめ商品

    一度使うと手放せない、電動芝刈り機のおすすめ商品

    とても広い庭をお持ちの方は日々のメンテナンスはもちろんですが、芝刈りも億劫になってしまうと思います。…

    一度使うと手放せない、電動芝刈り機のおすすめ商品
  9. 植物の種類によって使い分けたい植木鉢のサイズ

    植物の種類によって使い分けたい植木鉢のサイズ

    プランターや植木鉢は、初めて家庭菜園やガーデニングを始める時に購入すると思います。雑貨屋さんやホーム…

    植物の種類によって使い分けたい植木鉢のサイズ

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP