挿し木とは

挿し木とは、生長した植物の茎や葉などを切り取り、それを地面に挿して繁殖させることです。切り取る部分によって、茎挿し、葉挿し、挿し芽などと呼び方が異なり、難易度も異なります。
挿し木は、わざわざ新しい苗を買いに行く必要がなく、種から育てるよりも簡単なので、初心者でも気軽に挑戦することができます。
挿し木で増やすことができるのは、多肉植物やハーブ、トマト、キュウリ、アロエ、パッションフルーツなどです。特にハーブとトマトは初めてでも高確率で挿し木を成功させることができます

簡単にできる挿し木の準備

挿し木に最も適している時期は、その植物の生育期の少し前です。この時期に行うと、挿し木の根が生えやすくなり、切り取られた側の植物の回復も早くなります。
土は、肥料分の含まれていない赤玉土や鹿沼土、または挿し木用の土を使いましょう。土はポットや小型の鉢に入れましょう。確実に発根させたい場合は、発根促進剤も用意しておきます。
若い枝を10cmほど、清潔なカッターやハサミで切ります。上にある葉を2,3枚残し、ほかの葉は取り除きます。根が出るまでは水分が蒸発しやすい状態です。葉がたくさん残っていると、そこから水分が蒸発して枯れやすくなるため、必ず行いましょう。切った枝はすぐに土に挿さず、水に入れたコップに1時間ほどつけておきます。これは水揚げと言い、水揚げを行うことで植物が水を吸収し、枯れるのを防ぐことができます。その後、必要であれば切り口に発根促進剤をつけて、あらかじめ湿らせておいた土に割りばしなどで穴をあけ、そこに挿し木を挿します。挿し木が倒れないように土を軽く押さえて植え付け完了です。挿し木に必要なスペースはそこまで広くないため、1つの鉢に複数挿してしまってもかまいません。

簡単にできる挿し木の育て方

挿し木した鉢は、午前中だけ日が当たる半日陰に置いて生育しましょう。強い雨や風に当たると挿し木が倒れてしまうこともあるため、雨風が防げる軒下などに置くといいでしょう。根が出るまでは乾燥にたいへん弱いので、水は土が乾燥する前に与えましょう。昼にしおれていても、夜に元気になっていれば正常に育っている証拠です。根が出ているか心配で掘り起こしてしまうと、腐ってしまうことがあるため、避けましょう。根が出ているかどうかは、鉢底の穴から確認します。
挿し木をしてから2週間から1ヶ月ほどで根が出てきます。その後、十分に苗が育ち、根が張ってきたところで、植木鉢やプランターに植え替えます。

挿し木のコツ・注意点

挿し木には、なるべく若い部分を使用しましょう。若い枝は生長力が高いため、古い枝を使うよりも根の張りが早く、成功率も高くなります。
枝を切り取る時は、切れ味のいいカッターを使いましょう。切り口がギザギザになると切り口の細胞がつぶれ、雑菌も入りやすくなってしまいます。また、切り口は斜めに切りますが、あまり鋭く切ると先端が腐るため、少し浅めに切りましょう。
土は、使い回しのものではなく、必ず新しいものを使いましょう。何かを栽培した後の土は、雑菌が繁殖していたら、害虫が潜んでいたりすることがあります。
挿し木は多湿ぎみの環境を好みます。このため、カビが生える可能性も高くなります。殺菌剤を使い、カビの発生・繁殖を防ぎましょう。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. 手入れは水やりのみ、置くだけで癒される観葉植物4選

    手入れは水やりのみ、置くだけで癒される観葉植物4選

    誰でも手軽に自然を楽しめる観葉植物はインテリアとして使われることも多く、置いてあるだけでオシャレな家…

    手入れは水やりのみ、置くだけで癒される観葉植物4選
  2. ベランダ菜園で11月に種蒔きする人気の豆類野菜と7月の健康野菜2選

    ベランダ菜園で11月に種蒔きする人気の豆類野菜と7月の健康野菜2選

    ベランダ菜園で11月に種蒔きをするおすすめの豆類野菜はソラマメとグリーンピースの2種です。11月にな…

    ベランダ菜園で11月に種蒔きする人気の豆類野菜と7月の健康野菜2選
  3. 観葉植物の基本的な育て方と注意点

    観葉植物の基本的な育て方と注意点

    大きな手間も掛からず部屋に置くだけでその空間を彩りお洒落に見せてくれる観葉植物は、ガーデニングや家庭…

    観葉植物の基本的な育て方と注意点
  4. 初心者でも育てられるおすすめの野菜のグリーンカーテン3選

    初心者でも育てられるおすすめの野菜のグリーンカーテン3選

    グリーンカーテンのすすめ夏の暑い日差しを避けるグリーンカーテン。朝顔などのお花でも良いのですが、…

    初心者でも育てられるおすすめの野菜のグリーンカーテン3選
  5. ベランダ菜園で育てやすく欧米で人気のある珍しいおすすめ野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすく欧米で人気のある珍しいおすすめ野菜2選

    ベランダ菜園で育てやすく欧米で人気のあるおすすめの珍しい野菜は、「テーブルビート」と「アーティチョー…

    ベランダ菜園で育てやすく欧米で人気のある珍しいおすすめ野菜2選
  6. 水やりを忘れても安心、乾燥に強い植物4選

    水やりを忘れても安心、乾燥に強い植物4選

    植物といえば水やりを毎日することで植物と触れ合う機会となって習慣となり、面倒だと思わず毎日様子を見れ…

    水やりを忘れても安心、乾燥に強い植物4選
  7. ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選

    ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選

    夏のベランダ菜園の日除け対策におすすめのグッズは、100円ショップで購入できる「遮光ネット」、「ツル…

    ベランダ菜園の夏の日除け対策におすすめのグッズ3選
  8. 温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選

    温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選

    秋の野菜栽培はポイントを押さえれば簡単夏の暑さがやわらぎ、気候が安定する秋は、春に次いで野菜栽培…

    温度管理さえ気をつければ簡単!秋に栽培したい野菜3選
  9. 簡単で経済的で省スペース 野菜の再生栽培の始め方

    簡単で経済的で省スペース 野菜の再生栽培の始め方

    野菜の再生栽培とは植物の栽培には、株の一部を切り取り、土に挿して新たな株を育てる挿し木という方法…

    簡単で経済的で省スペース 野菜の再生栽培の始め方

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP