準備するもの

以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!
プランター

60cm程度の標準タイプ

浅型のプランターでも栽培できます。

プランター栽培の場合は野菜用園芸土(培養土)が手軽でお勧めです。
チンゲンサイの種
   

チンゲンサイはどの品種でも良く育ちますが、プランター栽培には「ミニチンゲンサイ」が短期間で収穫できるのでお勧めです。
鉢底石
プランターの底が隠れるぐらい準備しておきましょう。

チンゲンサイの種蒔き

培養土を準備します。
プランターの底全体に、鉢底石を敷き詰めます。

3~5cmぐらいのウォータースペースを残して培養土を入れます。種蒔きの2週間ぐらい前までに準備をして土をなじませておきましょう。
チンゲンサイの種を蒔きます。
深さ5mm程度の蒔き溝を作ります。1~1.5cm程の間隔をあけて種を蒔いていきます。条間(蒔き溝と蒔き溝の間)は10~15cm程あけると栽培がしやすいです。

種が見えるか見えないかぐらいの土をかぶせます。あまり深く植えると発芽率が悪くなります。土をかぶせたら軽く押さえます。その後たっぷりの水を与えますが、種が流れてしまわないように気を付けて水を与えます。

チンゲンサイの生育中の注意点

水やり
発芽するまでは表面の土が乾燥しないように水を与えます。発芽後は土の表面が乾燥したらたっぷりと水をあげてください。

水をやりすぎると根腐れをおこしてしまいますので、水のやりすぎには気を付けてください。
チンゲンサイの間引き(1回目)

発芽して双葉が揃った頃に1回目の間引きを行います。

虫がついた物や、形が悪い物、生育が悪い物を間引いていきます。3cm間隔ぐらいになるように間引きます。
チンゲンサイの間引き(2回目)

本葉が3~5枚になったら2回目の間引きを行います。約5cm間隔になるように間引いていきます。

間引いた苗も美味しくいただけます。
チンゲンサイの追肥
市販の培養土に元肥が含まれていますので追肥は必要ありませんが、生育が悪い時には苗を植え付けてから2週間おきぐらいに液肥を与えるようにして下さい。
チンゲンサイと害虫
チンゲンサイはアブラナ科の野菜ですので、アブラムシ類やコナガ類の害虫がつきやすいです。

防虫ネット等を使用して、害虫がつかないようにするときれいなチンゲンサイが収穫できます。

防虫ネットも完全に防ぐことが出来るというわけではありませんので、防虫ネットをしていても、いなくても、毎日葉に害虫がついていないか確認をします。ついていたらすぐに駆除をするようにします。

チンゲンサイの収穫

ミニチンゲンサイは10~15cmぐらいになったら収穫をします。生育のいいものから順番に収穫をしましょう。ミニチンゲンサイは根から引き抜いて収穫をします。収穫後は早めに食べるようにします。

チンゲンサイとは

代表的な中国野菜の一つであるチンゲンサイは、加熱してもシャキシャキした食感が楽しめます。中華料理に欠かせないチンゲンサイは、炒め物やクリーム煮、和え物に適しています。最近では洋食に使われることも多くなってきました。

チンゲンサイは茎が青い(緑色)の種類と白い種類があります。現在では茎が青い種類を「青梗菜」茎が白い種類を「パクチョイ」として区別されるようになりました。

チンゲンサイはアブラナ科の野菜ですので、収穫をしないでそのままおいておき蕾が出来たら「チンゲンサイの菜花」としても美味しく頂くことが出来ます。

ベランダ菜園   ベランダ菜園

関連記事

  1. エンドウのプランターでの育て方【水やり・冬の対策・支柱立て・収穫のポイント】

    エンドウのプランターでの育て方【水やり・冬の対策・支柱立て・収穫のポイ…

    エンドウは、収穫するときの実の成熟具合によって、サヤエンドウ、実エンドウ、スナップエンドウに分けられ…

    エンドウのプランターでの育て方【水やり・冬の対策・支柱立て・収穫のポイント】
  2. プランターでカラシナの育て方

    プランターでカラシナの育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターでカラシナの育て方
  3. プランターでアイスプラントの育て方

    プランターでアイスプラントの育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターでアイスプラントの育て方
  4. プランターでつるむらさきの育て方

    プランターでつるむらさきの育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターでつるむらさきの育て方
  5. 水分を補給するためだけではない、水やりの本当の役割とは

    水分を補給するためだけではない、水やりの本当の役割とは

    水やりには土の乾燥を防ぐという非常に重要かつ基本的な役割がありますが、実は水を与えるということは保湿…

    水分を補給するためだけではない、水やりの本当の役割とは
  6. ベランダ菜園でサツマイモ・ルッコラ・タイムの育て方

    ベランダ菜園でサツマイモ・ルッコラ・タイムの育て方

    さつまいもの育て方で準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランタ…

    ベランダ菜園でサツマイモ・ルッコラ・タイムの育て方
  7. プランターでニラの育て方

    プランターでニラの育て方

    準備するもの以下に紹介するものを準備して、初心者でも簡単にベランダでプランター栽培を始めましょう!…

    プランターでニラの育て方
  8. ベランダ菜園でプランター栽培!タラゴンと春菊の育て方

    ベランダ菜園でプランター栽培!タラゴンと春菊の育て方

    東ヨーロッパや西アジア原産のタラゴンはキッチンハーブとして人気が高く、利用価値は全ハーブ中随一でしょ…

    ベランダ菜園でプランター栽培!タラゴンと春菊の育て方
  9. スイカのプランター栽培間引きや人工授粉など、育て方のポイント

    スイカのプランター栽培間引きや人工授粉など、育て方のポイント

    スイカの育て方水やりスイカは過湿を嫌う作物なので、土の表面が乾いているときにたっぷりと水をあ…

    スイカのプランター栽培間引きや人工授粉など、育て方のポイント

プランター栽培の最近の記事

  1. ベランダ菜園
  2. じゃがいも育て方
  3. 落花生育て方
  4. ベランダ菜園
  5. ベランダ菜園の道具
  6. 野菜の育て方
  7. ベランダ菜園
  8. 野菜の育て方
  9. 育ちやすい野菜
  10. 野菜の育て方

ベランダ菜園の最近の投稿

PAGE TOP